マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
クレジットカード> 外国で病気になった時の強い味方 海外旅行保険の賢い加入術

クレジットカード

外国で病気になった時の強い味方 海外旅行保険の賢い加入術

2018年3月20日 18:00

海外旅行保険をお得に加入する方法は?

 ゴールデンウィークでの海外旅行を考える人が増えてくる時期になってきた。旅行先での綿密なプランを立てる人でも、つい忘れがちになってしまうのが海外旅行保険。安心して旅を楽しむためにも、万全の備えが必要だ。そこで、お得&賢い保険の加入方法について紹介しよう。

 そもそも海外旅行保険とは、旅先で病気やケガをしたときの医療費や、持ち物が盗難されたときの補償などを手当てしてくれる保険のこと。特に重要なのが医療費の補償で、海外では日本の健康保険は使えないため、医療費は全額を負担することになる。日本に比べると医療費や入院費が驚くほど高額になるケースが多く、米国などでは数日の入院で医療費が数百万円に上るケースも珍しくない。そうした事態に備えるためにも、海外旅行の際には、保険への加入は不可欠といえるだろう。

海外旅行保険の補償項目の中身

 海外旅行保険の具体的な補償項目は多岐にわたる。加入者の病気やケガの際の病院での治療費や、他人にケガを負わせたり、物品に損害を与えたときの賠償金、さらに、飛行機が遅延・欠航し、代替機を利用できないときの宿泊費や食事代も含まれる。また、持ち物が盗難にあったり、破損してしまったときの損害額も補償の対象になっている。治療費や携行品の損害など、個別の保険に加入することもできるが、トータルな補償を受けられる「セットプラン」に加入するほうが無難だ。保険料はそれほど変わらないからだ。

 実際の加入は、旅行の申し込み先の旅行会社のカウンターや、出発時の空港にある保険会社のカウンターで申込みができる。よく、「空港のカウンターで申し込めばいい」と思っている人がいるが、できれば事前に加入しておいたほうが安心だろう。というのも、自宅を出る前に加入しておけば、空港に到着するまでに国内で起きた事故でも補償の対象となる。現在は、保険会社のホームページにスマホから、簡単に加入手続きができ、しかも、ネットで加入する方がお得になる(例えば割安な保険会社の場合、ハワイに1週間旅行する場合の基本的なセットプランを3000円以下で販売している)。

 そして、もっとお得に加入する方法がある。それは、クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用すること。クレジットカードの中には、サービスの1つとして、ユーザーに海外旅行保険を無料で提供しているものがある。持っているだけで、保険に加入していることになるのだ。

カードの保険は「利用付帯」か「自動付帯」か

 しかし、ここで注意すべき点がある。カードによって保険の適用条件が異なるからだ。具体的には、「利用付帯」と「自動付帯」の2種類がある。利用付帯とは、旅行代金をクレジットカードで支払った場合のみ、海外旅行保険が適用になるというもの。適用条件はカード会社によって異なり、宿泊費や飛行機のチケット代の支払いに使うことが必要なものや、空港へのバスや電車などの交通費の支払いでもOKになるものがある。一方、自動付帯とは、文字どおりカードを保有しているだけで“自動的に”保険に加入したことになる。特に、クリアすべき条件などはない。

 では、どんなカードに海外旅行保険が付いているのだろうか? 実は、年会費無料のクレジットカードは、ほとんどが保険は付いていないのが現状だ。例えば、「イオンカード」や「Yahoo! JAPANカード」には海外旅行保険は付いていない。付いていても利用付帯であることが多く、「楽天カード」は利用付帯である。自動付帯のカードは、年会費が必要なゴールドカードが一般的だが、中には、「エポスカード」のように、補償額がゴールドカード並みであるにもかかわらず、自動付帯となっているカードもある。カードによって、補償額や補償対象が違うので、ぜひ比較して欲しい。

エポスカードは海外旅行保険が自動付帯

 もし高額なモノを海外に持ち出すことになり、加入している保険の補償額が少ないといった場合には、保険を上乗せすることも可能だ。賢く&お得に利用して、旅を楽しみたい。

JAL、ANAの「憧れのクレカ」、どうやって入手する?
特別ラウンジが無料で使えるお得なクレジットカード3選
高級ホテルに無料&お得に泊まれるクレジットカード2選
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。