マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
仮想通貨> 天空の狐 ビットコイン/仮想通貨ラボ> アルトコインが強気展開に移行か 3つの仮想通貨銘柄を分析する

仮想通貨

アルトコインが強気展開に移行か 3つの仮想通貨銘柄を分析する

2019年10月10日 20:00

ビットコイン円、イーサリアム円、リップル円の今後の展開は?
ビットコイン円、イーサリアム円、リップル円の今後の展開は?

 IFTA認定のアナリストで、株や仮想通貨・FXの投資家としても活躍し、ヘッジファンドとも交流の深い「天空の狐」さんが、注目ニュースをピックアップ。今の株・為替・仮想通貨相場について解説する。

 * * *
 10月1日に発表されたアメリカ製造業景況感指数は47.8と約10年ぶりの低水準に。景気拡大、縮小の目安である50を2か月連続で割り込んだ。アメリカと中国との貿易摩擦、イギリスEU(欧州連合)離脱問題、香港やインドネシアの暴動など、世界経済は混迷を深めている。

 トランプ大統領はTwitterでパウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長の姿勢を批判し、さらなる利下げを求めている。トランプ大統領による為替相場への圧力が目立ち、市場関係者の間では、アメリカはドル高をけん制しながら、株安となればFRBを指摘し、利下げ期待で株高を維持させていると考える人も少なくだろう。これでは経済が低迷しようとも、実態のない株高水準は維持される可能性がある。

ビットコイン円、イーサリアム円、リップル円のテクニカル分析

 ビットコイン円は回帰分析では弱気範囲80万円台から111万円台での価格推移。テクニカル分析では、移動平均は下落基調、オシレーター系が反発気配、注目度・先行性を測る出来高はやや弱い状況。

 これからの展開予想として、弱気なシナリオは80万台を割り込めば、63万台を目標とする動きになると考える。現状から反発してカウンターライン95万台を超える展開となれば、100万台回復の強気シナリオを予想する。基本的には、短期下目線の回転売買、中長期には買い目を軸足に待機する姿勢となる。

 イーサリアム円は回帰分析では弱気範囲が16000~24000円。テクニカル分析では、移動平均が上昇基調、オシレーター系は反発上昇、注目度・先行性を測る出来高はやや弱い。

 展開予想は、強気シナリオでは上値24200円で、ここを超えれば30000円を目標として上昇していくと考える。カウンターライン13000円を割り込むと弱気シナリオとなり、11000~9200円の下値目途になる。どちらかというと上昇目線をイメージしている。

 リップル円は回帰分析では弱気範囲17.20円~42.71円の価格推移。テクニカル分析では移動平均が上昇基調、オシレーター系がやや過熱気味、注目度・先行性を測る出来高はやや強い。

 展開としては、下落から上昇基調への目線転換をイメージしている。30円を上回れば35~42円を目標値に中立目線から強気シナリオに移行するだろう。一方でカウンターラインの23円を下回れば、目標値17円の弱気シナリオに変わる。目先は上昇基調に展開するのかを見極めて、そのあとに中長期のトレード目線を検討する。

 最近はビットコインの弱気展開から、アルトコインの強気展開に移行していると考える。しかしこれは短期的なマーケット構図としてとらえて、中期的には両者の勢いが逆転して、ビットコイン強気展開/アルトコイン弱気展開になることをメインシナリオとイメージする。アルトコインはビットコインの下落余波での連れ安に警戒しながらのトレード対応を検討したい。

仮想通貨市場は成長市場となるか

 世界経済の減速が危惧されており、マーケット全体が迷走中だ。現在の価格推移から市場の動向を見極めたい。プロも投資先はどこが最適であろうか探している状況だ。

 仮想通貨相場が下落すれば、誕生間もない市場ということで、それはそれで相場のデータが蓄積された、という見方もできる。過去の他市場と照らし合わせてみても、マーケットクラッシュの経験がほとんどない市場ではどのような結果をもたらすのか、未知数である。避難先として売られるのか?買われるのか?銘柄の特徴も明瞭でなく、何が起きても不思議ではない。

 ただし、ビットコインの潜在的期待は高い。プロの投資準備は着々に進んでおり、さらなる上昇波をヘッジファンドが作るという噂も耳にする。市場動向全体が委縮しながら、仮想通貨市場も弱気展開が続いている。変化として新たな動因を市場が求めているのが現状だ。それが楽観、悲観であっても歴史からすれば、仮想通貨の動きは新しい歴史の1ページを毎日記録している。

 仮想通貨の未成熟な市場から、次なる成長市場になるのはそう遠い未来ではないだろう。

※「天空の狐」のコラム一覧はこちらより

【PROFILE】天空の狐:IFTA国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト、ESTA名誉会員(日本人で唯一)、ヘンリー・ビジネス・スクール ヘッジファンドプログラム修了。PythonMT4・MT5自動売買&裁量Aiトレーダー。ドイツ企業INTALUS.日本代表を経て、ドイツ金融アルゴリズムTradesignal日本代表に。テクニカル分析やアルゴリズム・ストラテジー開発。ヘンリー・ビジネス・スクールヘッジファンド・プログラムのアドバイザーを従事。オルタナティブ投資のメディア「ALTS Investor Media」でもマーケットレポートを配信中。Twitter:@firmamentfox
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。