マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
仮想通貨> 天空の狐 ビットコイン/仮想通貨ラボ> PayPalも仮想通貨サービスを検討 ビットコインの直近見通しは?

仮想通貨

PayPalも仮想通貨サービスを検討 ビットコインの直近見通しは?

2020年11月25日 20:00

1ビットコイン=190万円台に到達、目先はどう動くか
1ビットコイン=190万円台に到達、目先はどう動くか

 IFTA認定のアナリストで、株や暗号資産(仮想通貨)、FXの投資家としても活躍し、ヘッジファンドとも交流の深い「天空の狐」さんが、注目ニュースと共に、ビットコイン市場について解説する。

 * * *
 仮想通貨市場が再び盛り上がりを見せている。11月19日には1ビットコイン=190万円台に到達し、イーサリアムなどのアルトコインも堅調に推移している。

 3年前の仮想通貨ブームと異なり、既存の金融事業社や決済事業社も仮想通貨業界へ進出し始めており、仮想通貨を活用したビジネスモデルも具体的になりつつある。10月には大手決済事業社が仮想通貨に関連するサービスを追加するという発表がされた。

PayPalも仮想通貨サービスを検討、中央銀行のデジタル通貨も実験が進む

 10月21日、米国の大手決済事業社であるPayPalが、同社サービスを通して、仮想通貨の購入や保有などを可能にする方針を発表。世界で3億人を超える利用者がいるといわれるPayPalで、仮想通貨の利用が行われるようになれば、仮想通貨の信頼性や実用性は飛躍的に向上すると思われる。

 日本でも仮想通貨取引所のディカーレットがトヨタシステムズと共同でデジタル通貨の実験を行うと発表。トヨタシステムズは、トヨタ自動車を含むトヨタグループの一員であり、今回の実験ではトヨタシステムズ社員の福利厚生に、ブロックチェーン技術を用いたデジタル通貨で検証が行われるという。

 様々な企業が新たな決済方法のひとつとして、仮想通貨やデジタル通貨の活用を模索し始めている中、中央銀行でも動きが見られる。欧州中央銀行(ECB)は中央銀行発行のデジタル通貨(CDBC)の実用に向けスタートしており、日銀でもCDBCに関する取り組みの方針を発表している。もちろんアメリカや中国でもCBDCの議論は進んでいる。

 民間企業・中央銀行双方で“デジタル通貨”に対する前向きな姿勢は、新たな決済方法を急速に普及させることに繋がり、低コストでスピーディーな決済を実現していくと思われる。ゆくゆくは金融事業社全体で各企業における役割の見直しが進み、銀行による信用創造など、従来の金融市場も再編を余儀なくされると考えている。

 2021年もデジタル通貨、デジタルエコノミーに関する情報に注目し続けたい。

ビットコイン円の直近見通し

 ビットコインの分析を行う前に、グローバルマーケットに目を向けると、米大統領選を終えて波乱含みながら、株高・ドル安をメインシナリオとして推移している。米国市場を始めとし、株価は堅調ながら、飽和状態と見られ、新たな投資先を探す機関投資家の動きも散見される。そうした投資家のポートフォリオが変化する可能性も考慮に入れながら、来年の投資シナリオを再考する重要な時期を迎えている。

 さて、ビットコイン円は回帰分析では強気範囲(1ビットコイン=100~170万円台)で価格推移。歴史的高値1ビットコイン=200万円台に向けて中長期は上昇基調。テクニカル分析では、移動平均MA21を価格が上回り、短中期のMAはゴールデンクロスで、買いシグナルが点灯。一方、オシレーター系のクラシックRSI(相対力指数)は80付近推移のため、一旦137万台に調整下落する可能性もある。

 今後の展開予想をまとめると、メインシナリオは強気の上昇展開。直近、1ビットコイン=100~160万円台で底固めをしながら、上値1ビットコイン=170~200円万円台に目指すシナリオをイメージしている。

 カウンターシナリオとして反落する展開も頭の片隅に置いてある。そのシナリオでは1ビットコイン=137万円台を割り込むことも想定しており、さらに、1ビットコイン=100万円台を割り込むならば、下落は加速し、1ビットコイン=50~70万円の可能性まである弱気シナリオである。

 ビットコインは目先の売買材料に事欠かない状況ではあるが、長期の投資を検討するなら、グローバルマーケットにどう受け入れられるか、人々の生活にいつ溶け込むかを見据えておくことも重要だろう。民間企業や中央銀行の取り組みを見ると、デジタル通貨が身近になることもそう遠くないように思える。

※「天空の狐」のコラム一覧はこちらより

【PROFILE】天空の狐:IFTA国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト、ESTA名誉会員(日本人で唯一)、ヘンリー・ビジネス・スクール ヘッジファンドプログラム修了。PythonMT4・MT5自動売買&裁量Aiトレーダー。ドイツ企業INTALUS.日本代表を経て、ドイツ金融アルゴリズムTradesignal日本代表に。テクニカル分析やアルゴリズム・ストラテジー開発。ヘンリー・ビジネス・スクールヘッジファンド・プログラムのアドバイザーを従事。オルタナティブ投資のメディア「ALTS Investor Media」でもマーケットレポートを配信中。Twitter:@firmamentfox
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。