マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
ヒロセ通商
仮想通貨> 天空の狐 ビットコイン/仮想通貨ラボ> 1ビットコイン=400万円台突破も、目先は米ドルの動向に振らされるか

仮想通貨

1ビットコイン=400万円台突破も、目先は米ドルの動向に振らされるか

2021年1月25日 20:00

年初には1ビットコイン=400万円台に一時到達
年初には1ビットコイン=400万円台に一時到達

 IFTA認定のアナリストで、株や暗号資産(仮想通貨)、FXの投資家としても活躍し、ヘッジファンドとも交流の深い「天空の狐」さんが、注目ニュースと共に、ビットコイン市場について解説する。

 * * *

 ビットコイン円は先月のクリスマス前後では1ビットコイン=240万円台だったが、年初には1ビットコイン=400万円台に一時到達。ビットコインは勢いよく上昇しているが、仮想通貨市場には様々な問題が浮上している。

リップル社の提訴、テザー社の疑惑は市場にどう影響?

 12月22日、SEC(米証券取引員会)がリップル社を提訴。報道後にリップル円は1リップル=60円近辺から、1リップル=20円を一時割るほど下落した。リップルが有価証券に該当するかが争点になりそうで、今後の動向次第ではさらに価格へ影響する可能性もある。リップル円の投資は慎重に検討したい。

 1月に入ると、テザー社の問題も取り上げられることが多くなった。テザー社は、自社発行のステーブルコイン・テザーの裏付け資産を準備できているのかどうかが問題視されており、ニューヨーク司法当局より財務記録の提出を求められていた。市場関係者もこの動向に注目しており、もしテザー社が不正を働いていた場合、ビットコイン価格へ大きな影響を与える可能性があり、現状の勢いを失速させるかもしれない。

ビットコイン円の直近見通し

 ビットコイン円は回帰分析では強気範囲(1ビットコイン=350~450万円台)で価格推移。次は1ビットコイン=600万円台に向けて、中長期的に上昇基調が続くことをイメージしている。テクニカル分析では、移動平均MA21を価格が上回り、短中期のMAはゴールデンクロスで、買いシグナルが点灯。一方、オシレーター系のクラシックRSI(相対力指数)は65付近推移から押し目シグナルの判断になる。

 テクニカル分析による今後の展開予想をまとめると、メインシナリオは強気の上昇展開。直近、1ビットコイン=350~450万円付近で底固めをしながら、1ビットコイン=420万円台、500万円台、533万円台、600万円台を目指すシナリオを考えている。

山高ければ谷深し カウンターシナリオにも警戒

 上昇の勢いが強いビットコイン円だが、この局面では相場の格言にもある「山高ければ谷深し」のように急落シナリオ(カウンターシナリオ)も頭に入れておきたい。今後、出来高が伴わず急騰した場合には要注意。1ビットコイン=300万円台を割り込んだ場合には、1ビットコイン=210万円付近まで下落する可能性もある。

 カウンターシナリオが訪れるひとつの判断基準として、ドルインデックス(DXY)を活用できる。2020年の年末はドル安の勢いが強かったものの、年が明け、ドル高回帰の噂が浮上すると、米ドルの見通しに不透明感が漂い、ビットコインの上昇トレンドにも水を差した。

 こうした米ドルの動向はDXYを見ることでも判断できる。もしDXYが91~92を勢いよく上抜け、「ドル高転換の可能性」を市場が意識するようになれば、ビットコインは中期的に調整シグナルが点灯する。反対にDXYが88~89に向かうなら、ビットコイン円は上昇シナリオが継続する可能性が残る。

 目先はシンプルに「ドル高・ビットコイン安」もしくは「ドル安・ビットコイン高」の市場構図を意識するだけでも、ビットコイン投資の参考となるだろう。

※「天空の狐」のコラム一覧はこちらより

【PROFILE】天空の狐:IFTA国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト、ESTA名誉会員(日本人で唯一)、ヘンリー・ビジネス・スクール ヘッジファンドプログラム修了。PythonMT4・MT5自動売買&裁量Aiトレーダー。ドイツ企業INTALUS.日本代表を経て、ドイツ金融アルゴリズムTradesignal日本代表に。テクニカル分析やアルゴリズム・ストラテジー開発。ヘンリー・ビジネス・スクールヘッジファンド・プログラムのアドバイザーを従事。オルタナティブ投資のメディア「ALTS Investor Media」でもマーケットレポートを配信中。Twitter:@firmamentfox
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。