マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
仮想通貨> 天空の狐 ビットコイン/仮想通貨ラボ> 6月のFOMCで市場に変化? ビットコインの直近見通し

仮想通貨

6月のFOMCで市場に変化? ビットコインの直近見通し

2021年6月22日 20:00

ビットコインは弱気相場が続く
ビットコインは弱気相場が続く

 IFTA認定のアナリストで、株や暗号資産(仮想通貨)、FXの投資家としても活躍し、ヘッジファンドとも交流の深い「天空の狐」さんが、注目ニュースと共に、ビットコイン市場について解説する。

 * * *
 ビットコインは1ビットコイン=400万円を割ったままで、仮想通貨市場は全体的に弱気。また、マーケットはアメリカのテーパリングを意識し始め、大きな変化を迎えようとしている。そんな中、エルサルバドルで興味深い出来事が。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨に

 6月8日に中米エルサルバドルがビットコインを法定通貨とする法案を可決。世界銀行にはビットコイン導入支援要請は拒否されるなど前途多難ながら、ビットコインを利用することで、様々な議論を生む社会実験として注目が集まる。国内の法定通貨は2001年からドルを採用しているが、仮想通貨を採用することで、中央銀行の為替政策、インフレ政策、ドルとの関係も変わるだろう。国内経済は中央銀行に大きく左右されそうだ。またビットコイン市場の高いボラティリティにどう対応するのかも気になる。

 エルサルバドルは多くのビットコインユーザーが監視することとなり、通貨供給量や送金状況など様々なお金の流れが透明になるだろう。こうした経済データから新たな経済政策を生み出す可能性もあるため、非常に興味深い。

ビットコイン円の直近見通し

 6月15日-16日のFOMCでテーパリング議論の可能性が浮上すると、「政策金利引き上げが予想より早く行われるかも」という思惑から、株式市場や為替相場に緊張が走った。2013年5月のバーナンキFRB議長(当時)がテーパリングを示唆したことで混迷したマーケットと似たような状況にも感じた。株式市場や為替相場での大きな変化は仮想通貨市場にも影響するため、ここ3か月の市場展開には一層注意を払いたい。

 ビットコイン円は、回帰分析では弱気範囲(1ビットコイン=350~450万円台)で価格推移。直近は下落基調だが、基本は中立姿勢で様子見とする。テクニカル分析では、移動平均MA21を価格が下回り、短中期のMAはデスクロスの手前で、売りシグナルの点灯気配。フィボナッチ分析では1ビットコイン=520~630万円台の押し目の水準が一旦の上値目途と考えられる。1ビットコイン=300万円付近まで下落すれば、下方向の勢いは強まるだろう。オシレーター系のクラシックRSI(相対力指数)は47付近推移で、オシレーター系は売りシグナル継続。

 今後の展開予想をまとめると、メインシナリオは弱気の下落基調。直近は1ビットコイン=300~400万円台のBOX価格推移で足場を固めると予想。フィボナッチ分析などから示唆される「下落の目途1ビットコイン=340万円台」をしっかり割り込む展開となれば、1ビットコイン=200万円台に向けたシナリオとなる可能性も。1ビットコイン=470万円台を超える展開になれば、1ビットコイン=520~630万円台へ反発する可能性も残っている。

 仮想通貨市場全体で深い霧が発生したように方向感が定まらないので、今は様子見が賢明だろう。短期的に下落展開を回転売りで狙うことも可能だが、中長期の買いは市場の方向性が明瞭になるまで控えたほうが良い。

※「天空の狐」のコラム一覧はこちらより

【PROFILE】天空の狐:IFTA国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト、ESTA名誉会員(日本人で唯一)、ヘンリー・ビジネス・スクール ヘッジファンドプログラム修了。PythonMT4・MT5自動売買&裁量Aiトレーダー。ドイツ企業INTALUS.日本代表を経て、ドイツ金融アルゴリズムTradesignal日本代表に。テクニカル分析やアルゴリズム・ストラテジー開発。ヘンリー・ビジネス・スクールヘッジファンド・プログラムのアドバイザーを従事。オルタナティブ投資のメディア「ALTS Investor Media」でもマーケットレポートを配信中。Twitter:@firmamentfox
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。