マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

リロケーションとは

リロケーションとは

仕事の関係で転勤が決まった場合など、空き家となるマイホームの今後の方針を放置・売却・賃貸のいずれかの中から選択することになります。もしも、転勤期間が明確に決まっているのなら放置や売却は避けて、自宅に戻ることを視野に入れた「賃貸」の選択肢がおすすめ。そこで今回は、新たな賃貸方法となる「リロケーション」の概要やメリットデメリットについて解説していきます。

リロケーションサービスとは

リロケーションサービスとは

リロケーションサービスとは、転勤などで自宅を使用しない際に一定期間だけ賃貸することができるサービスのことをいいます。

リロケーションサービスの特徴は、通常の賃貸物件と同様に毎月の賃料は発生しますが、賃貸物件となるのは転勤などで離れている“一定期間”となるので決められた賃貸期間が終了すれば自宅として再び住むことができる点にあります。

通常の賃貸物件では普通借家契約が適用され、貸主に正当な理由がない場合は借主が契約を希望する限り契約は終了できないため、一時的な賃貸は難しいものでした。

しかし、2000年から一時的な賃貸契約が締結できる定期借家契約が施行されたことに伴い、この契約方法を活用してリロケーションサービスが誕生。

リロケーションサービスにおけるメリット

リロケーションサービスにおけるメリット

家賃収入が得られる

転勤などで自宅を空けている最中でも、第三者に貸し出すことで毎月の家賃収入が得られます。また、「家賃保証」や「空室保証」を取り入れているリロケーションサービス業者と契約することにより、入居者が家賃を滞納した場合や早期退去した場合であっても家賃を受け取れるメリットがあります。

賃貸における管理が不要>

一般的な賃貸管理には、入居者が家賃を滞納している際の家賃督促を筆頭に、隣人間のトラブルや設備の修理などの対応が必要となるため、貸主の負担は大きくなってしまうものです。しかし、リロケーションサービスにおいては、これらの対応を業者が請け負ってくれるので貸主は負担の少ない賃貸経営が可能となります。

賃貸期間を決定できる

上記でもお伝えしましたが、一般的な賃貸契約である「普通借家契約」では、正当事由がないと貸主から契約の更新拒絶を行うことはできないのに対して、リロケーションはあらかじめ賃貸期間を定める「定期借家契約」の適用が可能なため、借主の退去日時を“貸主側”が自由に決めることができます。

また、定期借家契約は普通借家契約よりも退去に関するトラブルが起きやすい契約ですが、リロケーションは業者が介入するのでリスク回避にも繋がり、さらに契約に「明渡し保証」が設定されていて契約終了時に入居者が退去していない場合は、業者から保証を受け取ることもできます。

リロケーションにおけるデメリット

リロケーションにおけるデメリット

賃料は相場以下になる

物件に長く住みたい借主にとって「契約期間が決まっている」というのは大きなマイナス条件であるため、同等の賃料であれば借主は自分に好条件な普通借家契約の賃貸を選ぶことになります。

そのため、リロケーションにおける定期借家契約では“相場よりも安い賃料設定”を実施するなど、借り手にプラスとなる条件を与えなくてはいけません。また、リロケーションは一時的な契約を前提としているものなので空室状態を避けるためにもなるべく早く借主を見つける必要があり、場合によっては大幅な賃料値下げを視野に入れることも必要となります。

手数料などの諸費用負担が大きい

管理委託契約であるリロケーションは、契約時の手数料や毎月の管理手数料、更新料などの費用が発生するので通常の賃貸契約よりも諸費用の負担が大きくなってしまうのがデメリット。諸費用の目安としては「家賃の5~10%」が相場となっていますが、業者ごとに契約オプション内容が違ってくるので契約内容をしっかり確認すべきです。

リロケーションの利用方法・注意点について

リロケーションの利用方法・注意点について

リロケーションを利用するには、リロケーション専門会社かリロケーションサービスを実施している不動産会社を委託先に選びましょう。そして、委託先が決まれば以下のような手順で進んでいきます。

  • リロケーションの委託先選択
  • 入居者の募集要件決定
  • 募集開始
  • 委託際の賃貸借契約締結
  • 入居開始

なお、専門的な内容は委託先の会社が行ってくれるので貸主に特別な知識などは必要ありません。とは言え、貸主は委託先との契約にあたって、契約関係(諸費用など)のルールやオプション内容(家賃保証・明渡し保証など)の有無についてはリロケーションの運営や契約終了後のトラブル回避にも大きく関わってくるため入念なチェックが必要となるのでしょう。

まとめ

リロケーションは自宅を留守にするユーザーに利用価値が高いサービス

リロケーションは新しいサービスということもあって取り扱う会社も少ないですが、一時的な転勤などで自宅を留守にするようなユーザーには利用価値の高いサービスだと言えます。しかし、リロケーションが持つメリットと同等にデメリットも大きいため、サービス利用の選択についてはマイホームの市場的な価値と照らし合わせて決定するべきです。