マネーポスト不動産売却

不動産売却を成功させるための完全マニュアル

外壁塗装の相場は?

外壁塗装の相場は?

戸建住宅に住まいの場合、経年劣化による補修のため又は気分を変えるリフォームのために「外壁塗装」を検討することがあります。しかし、外壁塗装は専門的な内容なので必要となる費用の相場などの把握は難しく、さらに面積や塗装材の種類によって費用が大きく左右します。そこで今回は、外壁塗装にかかる平均費用や計算方法について解説していきます。

外壁塗装の相場・平均費用はいくら?

外壁塗装の相場・平均費用はいくら?

日本の一般的な住宅の大きさである「30坪(約100㎡)」場合では、外壁塗装にかかる平均費用は100万円前後が目安になります。

しかし、この目安はあくまで一般的な住宅の大きさである30坪に対しての平均費用であり、外壁塗装の費用は住宅の大きさや塗装材の種類、経年劣化の程度などによって左右されます。

不動産の価格であれば、所在するエリアは価格を形成する大きな要因となりますが、外壁塗装の場合は住宅の所在するエリアはあまり関係ありません。そのため、重視すべきは「自宅の大きさに似ている事例の費用」についてです。

では実際に、坪数ごとの平均費用・相場について確認していきましょう。

20坪の平均費用

20坪の広さは約66㎡です。一般的には狭小住宅に該当する大きさになりますが、外壁の面積が小さくなるのでその分の費用を抑えるが可能で、質のいい塗装材を選ぶことができます。20坪の平均外壁塗装費用は「約94万円」

30坪の平均費用

30坪の広さは約100㎡です。日本では最も標準的な大きさが30坪であるため、自宅の詳しい坪数が把握できない場合は30坪と仮定して費用を計算すると良いでしょう。30坪の平均外壁塗装費用は「約100万円」

40坪の平均費用

40坪の広さは約132㎡です。標準的な大きさである30坪よりも大きく、間取りでいえば4LDK相当に該当することになります。土地価格が高い首都圏ではあまり建つことはありませんが、地方であれば珍しくありません。40坪の平均外壁塗装費用は「約112万円」

住宅の大きさでは「20万円前後」の差

坪数ごとの平均費用・相場を確認しましたが、住宅の大きさでは20万円前後の価格差が出ることがわかります。もちろん、経年劣化の程度によって価格差は変わってきますが、住宅の大きさは外壁塗装の平均費用を大きく左右する要因とは言えません。

実際に平均費用を大きく動かす要因は、次に解説する「塗装材の種類」です。

塗装材の種類別の価格・耐久性について

塗装材の種類別の価格・耐久性について

外壁塗装に使用する塗装材にはグレードがあって、その単価や耐久性が異なります。また、住宅の大きさが同じでも、選ぶ塗装材の種類によって費用が大きく変わってくることに注意しましょう。種類別の単価や耐久性の目安は以下の通り。

●アクリル
耐久性…5~7年
単価(㎡)…1400~1600円
●ウレタン
耐久性…8~10年
単価(㎡)…1800~2200円
●シリコン
耐久性…10~15年
単価(㎡)…2300~3000円
●フッ素
耐久性15~20年
単価(㎡)…3500~4500円

上記の通り、外壁塗装に使用する塗装材の種類はさまざまで、耐久性などの品質によって単価も変わります。種類によっては2倍以上の価格差もありますが、必ずしも高価な種類を選べばいいわけではなく、「自宅の経年劣化の程度に応じて選ぶ」ということが大切です。

その他に付帯する費用

外壁塗装では、使用する塗装材の価格以外に「人件費」「足場代」「高圧洗浄費」などの費用も加えて発生します。これらの費用は塗装材と違って業者によって価格帯が異なるため、あらかじめ業者ごとの価格を比較して把握しておくことをおすすめします。

外壁塗装にかかる費用の計算方法

外壁塗装にかかる費用の計算方法

住宅の大きさや塗装材の種類、その他の費用について解説したところで、次に具体的な費用の計算方法について解説していきます。

外壁塗装にかかる費用は、「外壁面積」「塗装材の単価」「人件費などの費用」を組み合わせて計算することになります。

外壁面積の計算方法

外壁面積の計算は、「坪数×3.3㎡×1.1~1.3(係数)」によって求めることができます。

そのため、標準的な大きさである30坪の住宅を仮定すると、30(坪)×3.3㎡×1.1~1.3(係数)という式になり、外壁面積は118~128㎡ということになります。

外壁面積の数字が把握できれば、ここに使用する塗装材の単価と人件費などの費用を組み合わせれば外壁塗装にかかる費用を算出することができます。

外壁塗装を依頼する際の注意点

外壁塗装を依頼する際の注意点

今回紹介した塗装材の種類別の単価はあくまでも目安であり、業者ごとに価格設定は異なります。また、扱う品質についても業者ごとに差があるため、耐久性も今回紹介した年数と異なる可能性が高いです。

そのため、見積り書に記載される「メーカー名・商品名」について確認するようにしましょう。また、面積が「㎡」の表記になっているかについても要確認です。

まとめ

外壁塗装にかかる平均費用は100万円前後

外壁塗装の平均費用や計算方法について解説していきました。意外と費用額が大きい印象がありますが、一度施行すれば耐久年数が経過するまで再工事は必要ありません。そのため、自宅の経年劣化の程度や売却するなどのプランがあるならば、それを加味した塗装材の選択が重要となるでしょう。

▼もっと高く売れるかも?不動産一括査定のススメ
不動産査定を使ってみよう!

不動産査定をどこに依頼しようか迷っている方に、マネーポスト不動産売却が提案したい解決方法があります。それは、2つ以上の不動産査定サイトを組み合わせて使うことです。

不動産一括査定サイトには、提携社数が多いものや大手に特化したもの、マンションに特化したものなど、それぞれに特色があります。査定は無料ですし、各サイトの特色を活かすなら、どれか1つだけに絞る必要は無いと思いませんか?

不動産一括査定サイトのおすすめの組み合わせ

おすすめの組み合わせは、大手に特化した「すまいValue」と片手仲介の「SRE不動産」です。この2つを使うことで以下のようなメリットが得られます。

  • 三井のリハウスや住友不動産販売など「すまいValue」にしかない大手6社の一括査定
  • エージェント制&AIを導入する「SRE不動産」で高値売却の可能性を高める
  • 最大で7社からの査定結果が得られるが、すまいValueは査定申込み時に不動産会社を選択できるので、多いと感じるなら減らすこともできる
  • 備考欄に「メール連絡希望」の旨を入れれば電話が鳴りすぎることはない

もちろん、入力の手間がかかるというデメリットはありますが、1サイトの入力にかかる時間はたった1分ほどです。

さらに多くの査定結果を希望する場合は、全国の不動産会社を網羅した「LIFULL HOME'S」や「イエウール」にも査定依頼をしておけば万全でしょう。

大切なあなたの不動産を売るのですから、複数サイトで査定を行って査定内容に幅を持たせましょう。

▼不動産査定をするならココがおすすめ

大手不動産会社6社が参加する不動産売却ポータルサイト「すまいValue(バリュー)」。

小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産ソリューションズ、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという国内最大手の6社に一括見積もりが可能です。

大手ならではの安心さと売却力を重視する方は、このすまいValue(バリュー)がおすすめです。

ソニーグループのSREホールディングスが運営する「SRE不動産」。首都圏・関西圏では外すことのできない不動産会社

片手仲介・売却エージェント制度・AIによる価格査定など、成約価格・売却スピードに期待が持てるサービスを導入しています。

大手不動産会社から地域密着の不動産会社まで全国の不動産会社と提携しているLIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の不動産一括査定サイト。

提携会社は国内最多クラスの1,800社以上、最大10社を選んで売却査定を依頼できます。マンションや一戸建てなどの住宅はもちろん、土地や倉庫・工場・投資用物件など各種不動産の売却にも対応。

物件情報とメールアドレスのみの登録で、物件の概算価格を確認できる「匿名査定」があるのもうれしいポイント。