マネーポストWEBマネーポスト公式サイト

FX

2017年後半のドル円の行方は米国次第

公開日:2017年9月20日 19:00
最終更新日:2018年7月23日

ドル円の行方は米10年債がカギ?

ドル円の行方は米10年債がカギ?

 今年のドル円相場は方向感に欠ける、そう考える人は多いのではないでしょうか。年初に1ドル=118円台を示現しましたが、その後は上がったり下がったり、全体的にはズルズルとやや円高気味の揉み合い相場でした。

 ただ、全く脈絡なく動いているのかと言えば、そうでもありません。今年のドル円相場が米国債相場(米10年金利)とほぼ連動していることは、多くの市場参加者が認識しているところです。

 どうして、米10年金利とドル円が連動するのでしょうか?

 少し前までは、アベノミクス相場ということで、ドル円相場と日経平均がほぼ連動して動いてきました。今でもこの連動性は残っていますが、日経以上に米10年金利と連動しています。

 この変化は、昨年行われた日本の金融政策の変更に関連していると思われます。

 1つは、日銀によるETF購入(日本株の購入)が年間6兆円へとほぼ倍増されたこと(2016年7月29日、日銀「金融緩和の強化について」より)。

 この政策によって、円高になっても日本株の下落は限定的となり、ドル円と日本株の連動性が低下しました。

 もう1つは、2016年9月21日に導入された「超短金利操作付き量的・質的金融緩和」です。短期金利を-0.1%、長期金利を概ね0%に固定しました。この結果、日本の金利はいつもゼロ%なので、米金利が上昇すればドル円は上昇し、米金利が下降すればドル円は下落する、こういう関係性になりました。

 日銀としては、米国経済の活況が続き、米金利が上昇すれば、円安傾向が続き、デフレ脱却の可能性も見えてくるかもしれない、ひたすら「待ち」の政策を導入したことになります。

 ところが、今年の米国経済は、雇用関連の数字がリーマンショック前の水準を超えていることからわかるように、悪くはありません。しかし、インフレ率が上昇してこない。頼みのトランプ減税の実現も見えてきません。米10年金利は年初の2.6%前後から、9月半ばには2.0%近辺まで下落してきました(現在は2.23%)。その結果、ドル円もダラダラと下落してきました。

 ドル円が今後どうなるのか、これはもうひとえに米国経済次第です。日本発の材料ではなかなか動かなくなりました。では、米国経済はどうなるのか。これは、トランプ減税策が実現するのかどうか、この一点にかかっていると言ってもいいかもしれません。

 15%という、猛烈な法人税減税が実現すれば、当然米国経済には大きなインパクトを与えます。米10年金利も今年のピークである2.6%を超えてくる可能性もあるでしょう。そうなるとドル円も年初の高値(118.65円)を超える可能性が出てきます。120円挑戦となるでしょう。しかし、トランプ減税策が実現しない場合どうなるのか、その場合はこれまでのダラダラとした揉み合い、やや円高局面が続くということになります。

 米国政治がどのように動くのか、読み難いところはありますが、日銀が「超短金利操作つき量的・質的金融緩和」政策を取る限り、米国次第でドル円の方向が決まるという状況は続きます。今後とも、米国の政治状況には関心を持っていきたいですね。

【PROFILE】志摩力男(しま・りきお):慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダー、その後香港にてマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現在も現役トレーダーとして活躍。市場参加者の動向やヘッジファンドの動き、外資系トレーダー等の動きは、メルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」で詳しく配信中(http://fx-on.com/rikio/)。公式サイト(http://shimarikio-official.com/


FX会社アクセスランキング

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。