マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> マネーポスト FX通信> 志摩力男のFX黄金の天秤~世界のFXトレーダーの思惑を読む~> トランプ減税策は実現なるか トランプラリー第2弾に備えるとき

FX

トランプ減税策は実現なるか トランプラリー第2弾に備えるとき

2017年10月25日 19:00

1 2

トランプラリー第2弾は近い?
(同氏のFacebookより)

 先日、「ドル円の方向は米国次第」と書きました。そして、その鍵となるのはトランプ減税策が実現するかどうか、そこがポイントになると言いました。

 ムニューシン財務長官は「12月初旬」までには実現したいと発言していました。それは、とても無理ではないかというのが一般的な解釈です。私もそう思います。

 しかし、マーケットは先を織り込みに行きます。遅かれ早かれ、最終案がどのような形になるのかもわかりませんが、近い将来実現するのであれば、その実現を待って動くのではなく、あたかも既に実現したかのように「先取り」に行くのがマーケットです。

 来年には中間選挙があります。その前には、現実化しているはずです。

 米国経済は好調で、株価の上昇は割高とか割安とかではなく、次の時代がAIの時代であり、米国企業がその変革を牽引していくという、動かし難い現実からくるものです。

【志摩力男さんコラム】高金利通貨を選ぶときはインフレ率も要確認
数百円から外貨の自動購入 「積立FX」のメリットや特徴を紹介
スワップが業界最高水準の「FXプライム」 口座開設者の60%超が初心者ながら、億トレーダー注目の取引環境も
【2018年4月更新】豪ドル・NZドルのスワップポイントが高いFX会社を比較
【2018年4月更新】南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社を比較

FXプライムbyGMO
(選べる外貨)

トルコリラのスワップが高い
メキシコペソのスワップが高い
GMOグループでサーバーが安定

詳細

ヒロセ通商
(LION FX)

高金利通貨のスワップが全般高い
食品キャンペーンが大人気
オリコン満足度ランキング-3年連続1位

詳細

セントラル短資FX
(FXダイレクトプラス)

日銀とも取引のあるグループの一員
トルコリラのスワップが高い
多彩な取引サービス

詳細

自動売買FXの3タイプを比較 2018年に最適な取引手法は?
1回5000円の勝ちをコツコツ積み上げ総額127万円の利益に 豪ドルのトラリピ設定を検証
シストレ・自動売買の取扱いFX会社を比較 運用のコツや特長も解説
【ゼロから解説】はじめてのシストレ
FX初心者こそシストレ ビギナーにありがちな4つの失敗をカバー
シストレ24
トライオートFX
iサイクル注文
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。