マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> マネーポスト FX通信> 志摩力男のFX黄金の天秤~世界のFXトレーダーの思惑を読む~> ドル円が米国株同様に突然動き出す? 原因はオプションプレーヤーか

FX

ドル円が米国株同様に突然動き出す? 原因はオプションプレーヤーか

2018年2月14日 12:00

米国株の大変動に続き、ドル円も動き出す?

「死角なし」と思われていた米国株が大きく崩れました。原因は諸説ありますが、一度大きく下落すると、それがとてつもない動きになるということはわかっていました。理由は「ショート・ボラティリティ」です。

 VIXが歴史的低水準でずっと推移しました。VIXとは、一般的には「恐怖指数」と呼ばれたりもしますが、S&P500のプットオプション(特定日時に銘柄を売る権利)を指数化したものです。

 S&P500等、株価の万が一の下落に備えるとき、プットオプションを買ったりしますが、そのプットオプションが買われればプットオプションの値段は上がり、VIX指数は上昇します。逆に、下落の可能性がほとんどないと想定するならば、プットオプションを売るプレーヤーが増え、VIX指数は下落することになります。

 2017年の特徴は、株価の上昇も然ることながら、株価の変動率が極めて小さかったことです。毎日の様に最高値を更新しましたが、一日の値幅が0.5%にも達しない日が続きました。これは高い変動率が当然視されていた株式市場本来の姿を考えると、極めて「異様」でしたが、それに気付かないプレーヤーが多かったのでしょう。

 株価の変動率がほとんどないということは、オプションを売っているプレーヤーが多いということです。オプションを売ると、反対にマーケットはオプションを買わされることになります。

 専門的に言うとガンマロングという状態になるのですが、株価が下がれば買い、株価が下がれば売りというオペレーションをすることになります。オプションを買わされている人が多くなると、株価の動きに対して反対売買しなければならないプレーヤーが増え、マーケットは動かなくなります。

 経験を積んだトレーダーがそのようなマーケットを見れば、そのマーケットがかなりオプションを売っている、すなわち「ショート・ボラティリティ」だということはわかります。かなりの金額が売られている。だからこそ、マーケットは膠着して動かなくなってしまいます。

 しかし、一度、大きな下落があると、状況は一変します。オプションを売っていたプレーヤーが損失回避のために株を大量に売らなければならなくなるからです。同時に、莫大な損失を覚悟でオプションを買い戻さなければならなくなります。10以下でずっと推移していたVIX上昇指数が、瞬時に50になるというのは異様でした。

 さて、問題は、「ショート・ボラティリティ」は解消したのか?という点でしょう。ある程度のショート・ボラティリティは解消したとは思いますが、まだまだ潜在的に残っています。今後の米国株の推移には注意が必要です。

 ボラティリティをショートにしているプレーヤーは米国株にとどまりません。世界中のあらゆるアセットのオプションを売る(=ボラティリティを売る)プレーが蔓延していました。” The Global Short Volatility Trade” と呼ばれてます。

 いまこうしたトレードが米国株に留まらず、精算を迫られています。

 この場合、米国株同様、これまで動かなかった市場こそ注意が必要です。米国株同様、ボラティリティを売っているプレーヤーが多かったということになるからです。身近で最も危険そうなマーケットは何か。私はドル円だと思います。

 これまで、ほとんど動かなかったドル円市場ですが、米国株同様、突然猛烈な動きを始める、そのタイミングが迫っている感じがします。要注意でしょう。

【PROFILE】志摩力男(しま・りきお):慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダー、その後香港にてマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現在も現役トレーダーとして活躍。市場参加者の動向やヘッジファンドの動き、外資系トレーダー等の動きは、メルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」で詳しく配信中(http://fx-on.com/rikio/)。公式サイト(http://shimarikio-official.com/

【2018年8月更新】メキシコペソのスワップポイントが高いFX会社を比較
数百円から外貨の自動購入 「積立FX」のメリットや特徴を紹介
【2018年8月更新】豪ドル・NZドルのスワップポイントが高いFX会社を比較
【2018年8月更新】南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社を比較

【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

【コツコツFXの元祖】
マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

ほったらかしFX「トラリピ」が人気を集める4つの理由を解説
1回5000円の勝ちをコツコツ積み上げ総額127万円の利益に 豪ドルのトラリピ設定を検証
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
【サラリーマン向き】リスクを抑えて3か月に50万円の利益をあげたFX自動売買とは?
シストレはイベントリスクに強いのか イギリスEU離脱騒動で検証
シストレ24
トライオートFX
iサイクル注文

FX会社アクセスランキング

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。