マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
FX入門ガイド> マネーポスト FX通信> 志摩力男のFX黄金の天秤~世界のFXトレーダーの思惑を読む~> 米国の「左傾化」? 2020年大統領選挙に向けた戦いは始まっている

FX

米国の「左傾化」? 2020年大統領選挙に向けた戦いは始まっている

公開日:2019年2月15日 8:00
最終更新日:2020年2月26日

2020年の米大統領選挙への戦いはすでに始まっている

 トランプ大統領の”State of the Union Address”(一般教書演説)。僕は演説の生中継を見ることができなかったのですが、あらためて最初から見直してみると、妙な言葉にひっかかりました。”Socialism”です。

 “Here in the United States, we are alarmed by the new calls to adopt socialism in our country. America was founded on liberty and independence, and not government coercion, domination, and control. We are born free and we will stay free. Tonight, we renew our resolve that America will never be a socialist country.”
 “ここ米国で、我々の国に社会主義を採用しようという新たな要求を警戒しています。米国は、自由と独立の上に築かれました、政府の強制や支配、コントロールで築かれたわけではありません。我々は生まれながらに自由、そして自由であり続けます。今夜、米国は決して社会主義国にならないという決意を再確認します。”

 北朝鮮やベネズエラといった社会主義国家を批判したあとの流れなので、極めて自然に聞こえましたが、テレビカメラはその直後、民主党バーニー・サンダース議員を大きくアップしました。明らかに、民主党左派を意識した、あてつけの言葉だったのです。

 米国のこれからの人口構成の変化を考えると、ヒスパニック系の人口が伸びると見込まれています。すなわち民主党支持者が多くなります。トランプ大統領が2020年の選挙に勝つためには、これまでどおりの戦略で固定の支持層をガッチリ固めるということも大切かもしれませんが、新しい政策を打ち出して、積極的に従来の民主党支持層にも訴えるということも必要かもしれません。それが具体的にどの様な政策になるのか、それはまだわかりませんが、そうした政策も打ち出して行かないと再選は難しいかもしれません。

 2016年にトランプ大統領が指示した州と、2018年の中間選挙で共和党を支持した州を比較しても、トランプ大統領と共和党は、かなり支持を失っていることがわかります。

 トランプ大統領は、これまで光の当たってこなかった人たち、白人の労働者階級に焦点を合わせ、彼らの支持を受けて当選を果たしましたが、今、米国では2016年当時よりもより大きく不満が渦巻いている感じがします。

 なんといっても貧富の差の拡大があります。リーマンショックで多額の公的資金がウォールストリートに投入されましたが、それらのお金は回収されたでしょうか。有罪になった人間はいるでしょうか。そうしたことが放置されたまま、多くの若者は大学進学のため奨学金ローンを抱えて苦しんでいます。

 今のミレミアム世代にはバーニー・サンダース氏のような政治家が刺さります。大学教育無償化を訴えていますし、最近は十分に給料を支払ってない会社は自社株買いを制限されるという法案を提出しています。すなわち、社会主義的政策が今の若者に受けるのです。それを牽制したのが、先日のトランプ大統領一般教書演説だったのです。2020年に向けた戦いは既に始まっています。

 誰が民主党の大統領候補になるのか、それはまだわかりません。いま下馬評に上がっているのはバイデン元副大統領、バーニー・サンダース氏ですが、彼らは年を取りすぎているという問題があります。だからといって、今回の中間選挙、最年少で当選したAOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス)では若すぎます。ただ、いずれにせよ、バーニーもしくはAOC的考え方が全面に出した方が、民主党勝利の可能性は高まる感じがします。それほど米国は今、社会主義的なものが受け入れられやすい状況になるのだと思います。

 バーニー・サンダース氏のような考えの人が米大統領になったらどうなるでしょうか。まだ先の話でなんとも予測できないですが、財政拡大から長期金利は急騰、株価も急落と、かなりメチャクチャな感じになりそうです。


【PROFILE】志摩力男(しま・りきお):慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダー、その後香港にてマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現在も現役トレーダーとして活躍。公式サイト(http://shimarikio-official.com/




  • トラリピバナー
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
    シストレ24
    シストレ24
    約6000種類の自動売買プログラムを利用可能。アイコンが豊富で直感的な操作から自動売買を始められる
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。