マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
FX運用ガイド> マネーポスト FX通信> 志摩力男のFX黄金の天秤~世界のFXトレーダーの思惑を読む~> 米国一強の時代は続く 好調維持なら2019年はドル上昇の年に?

FX

米国一強の時代は続く 好調維持なら2019年はドル上昇の年に?

公開日:2019年4月26日 8:00
最終更新日:2020年2月26日

米企業の収益力がこのまま維持するなら、ドルは上昇する?

米企業の収益力がこのまま維持するなら、ドルは上昇する?

 為替相場は、年初こそ大きく動きましたが、このところは膠着状態が続き、強い方向感はありません。ユーロドルや豪ドル米ドルといった通貨ペアも、動きは至って静かです。2017年、2018年と比較的動かない年が続きましたが、今年はそれが3年目に突入している感じがします。

 なぜ動かないのか? 様々な理由があるのでしょうが、1つにはファンダメンタルズが拮抗しているからでしょう。

 円の絶対レベルは安い。だから多くの観光客の方々が訪れます。その一方、日本の金利は(短期も長期も)ゼロであり、運用してリターンを高めるには、どうしても資金を海外に持っていくしかありません。

 だが、海外の金利も以前ほど高くありません。オーストラリアはかつて高金利で有名でした。人気を集めた2000年台半ば、豪10年金利は5~7%ぐらいありました。ところが今では1.77%辺りまで下落、しかもゴールデンウィーク明けには政策金利を下げるのではないかと言われています。

 日本の機関投資家は運用に本当に困っています。国内の金利はゼロ。頼みの海外金利も決してすごく高いわけではありません。それ故、少しばかり信用度の低い企業の社債や、ヘッジファンド等のオールタナティブ投資を増やしています。

 それでは、個人はどうすれば良いか。機関投資家は金融庁が定めるレギュレーションに沿った投資をしなければいけません。いわば、手かせ足かせを引かれている状態です。個人の場合はもっと自由度が高いわけですから、もっとリスクが取れます。

 要は、誰が富を生み出しているのか。そうした観点から世の中を見てみると、米国企業が際立っていることがわかります。世界中で利益を上げ、米国に還流させて、最終的には自社株買いになります。昨年は100兆円近い金額の自社株買いを行いました。アップル1社でも、10兆円です。これだけ巨額の自社株買いをすると、1株辺りの利益率等数字が変わるので、アップル株は「希少」ということになります。

 米企業の収益力が世界でも際立つ状況が続くのであれば、現状の水準でもドルは安いと言わざるを得ないことになります。2019年は最終的にドルが上昇する年になるのではないでしょうか。

 ドルインデックスは過去最高レベルを上抜けし始めていますが、米国1強の時代が始まりつつある感じがしております。


【PROFILE】志摩力男(しま・りきお):慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダー、その後香港にてマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現在も現役トレーダーとして活躍。市場参加者の動向やヘッジファンドの動き、外資系トレーダー等の動きは、メルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」で詳しく配信中。公式サイト(http://shimarikio-official.com/




  • トラッキングトレード
  • トラリピバナー
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。