マネーポストFX
  • FXのやり方・始め方
  • FX運用スタイル・投資方法
  • マネーポストFX会社比較
  • マネーポストFX通信
  • マネーポストFX> マネーポストFX通信> 投資歴8年男性 毎年平均60%の利益実現するFX運用術

    投資歴8年男性 毎年平均60%の利益実現するFX運用術

    2017年4月1日 12:00

     FXヒーローズ第二弾は『マネーポスト』2017年新春号に掲載された田村浩司さん(仮名。50代・投資歴8年・運用金額1400万円)を紹介する。

    毎朝4時に起きて、フィナンシャルタイム ズやテレビのニュース番組をチェックして から出勤する日々

    毎朝4時に起きて、「フィナンシャルタイムズ」や
    テレビのニュース番組をチェックしてから出勤する日々

     * * *

     06年までまったく投資に興味がなく、やっていたのは会社の財形貯蓄くらい。ちょうどその頃、会社の大きな変革があり、将来不安から「自分も変わらないと」という危機感を持ったんです。

     それから500円玉貯金と2000円札貯金を加速させました。2年で293万円を貯め、FXをスタート。

     しかし、当時はリーマン・ショック真っ只中で、相場環境は最悪。南アランド/円と豪ドル/円の買い一辺倒で80万円の負けとなり、投資初年度はほろ苦いデビューとなりました。

     
     それからはロングだけでなくショートも織り交ぜたり、通貨ごとのチャートのクセを分析するようになりました。

     例えば下値支持線まで下落してきた場合、反発してボックス継続だったらロング、確実に割って下落トレンドが確認できたらショートと、状況を見極めてからエントリーすることを心がけました。

     これでパフォーマンスが向上し、09年以降は年間の損益は全勝、平均年60%ほど殖やすことができています。

     現在、FXで900万円くらい、投信を500万円くらい運用していますが、基本的にFXで儲けた利益は生活費や趣味の海外旅行代に使っています。一昨年は年初500万円だったのですが、一昨年と去年の2年間で700万円ほどの利益を得ることができました。

     その利益もほぼすべて出金して使いました。私は海外旅行が好きなので、ヒルトンの高級コンドミニアムを1週間単位で所有できるタイムシェアプログラム「ヒルトン・グランド・バケーションズ」を350万円分追加購入したほか、車の購入に200万円、生活費に150万円ほど充てています。

     会社員としての給料は住宅ローンの返済に回し、残った分は老後や、万が一のときのための生活費として手をつけないようにしています。現在50代になり、そろそろ自分の老後も考えるようになりました。

     厚生年金はもらえますが、退職金と、65歳までの再雇用時の給料は老後の生活費に残したい。そのために、定年の60歳までに住宅ローンの繰り上げ返済をして払い終わらせたいと思っています。

     投資に興味を持ったのが40代と遅かったので、ただ稼ぐだけではなく、人生全体のファイナンシャル・プランニングが必要でした。そこで週末は投資スクールに通ったり、証券会社の無料セミナーに行って、金融リテラシーを身につけるための勉強をしています。

    【PROFILE】 
    田村浩司さん(仮名)50代/投資歴8年、東京都在住。40代になり、将来不安から預貯金の293万円でFXを始める。毎年60%程度のペースで殖やし、現在FX900万円、投信500万円ほどを運用。FXの利益を生活費にまわし、会社員の給料は住宅ローンの返済などに充て、手をつけない。

    ※マネーポスト2017年新春号

  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。