マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> FXスワップ取引の解説/高スワップの会社比較> メキシコペソ上場は、トルコリラ円相場の上昇材料になるか

FX

メキシコペソ上場は、トルコリラ円相場の上昇材料になるか

2017年10月27日 20:00

1 2

トルコリラ円相場の長期見通しを解説(写真:アフロ)

 10月9日早朝、トルコリラ円相場が急変し大幅下落となった。今回の下落はなぜ起こったのか。FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんがその背景を解説するとともに、今後のトルコリラ円相場の見通しについて述べる。

 * * *
 10月9日の早朝、トルコリラ円の相場が2円以上も下落しました。普段、値幅があまり大きくないトルコリラ円にしては、極めて大きい動きでした。

 その際、FXトレーダーにとってのコストであるスプレッド(売買レートの差)が1円以上広がっていました。くりっく365において、売りのレートが最安値で1トルコリラ=28.61円まで下落していたのに対し、買いのレートが1トルコリラ=29円台後半あたりのレートまでしか降りてこない状態でした。

 聞くところによると証券会社の店頭取引の場合、もっとひどいケースもあったようです。スプレッドが約2円も開き、売りのレートが27円前半、買いのレートが29円前半というケースもあったとか。

トルコリラ円相場が突然下落した理由

 このように10月9日のトルコリラ円相場は、普段とは異なる激しい値動きを見せていましたが、なぜこれほどの相場急変があったのでしょうか? 一般的には、前日にアメリカとトルコ両国が全てのビザ発給業務を停止したことが1つの材料として考えられています。

 また、「トルコ株の下落につられた」という説明もされています。トルコリラが歴史的最安値水準で推移している一方でトルコ株は史上最高値水準を推移しているのですが、10月5日、6日あたりの週末に株価は下落しました。その動きにつられてトルコリラ円相場も下落した、ということです。

 ただ、3連休の最終日である10月9日というタイミングに下落した状況から、もう1つ違った理由が私の頭には思い浮かびました。

FX会社アクセスランキング

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。