マネーポストFX
  • FXのやり方・始め方
  • FX運用スタイル・投資方法
  • マネーポストFX会社比較
  • マネーポストFX通信
  • マネーポストFX> FXのやり方・始め方> 波乱相場はFX自動売買が効果的 2017年はお任せFXが最適か

    波乱相場はFX自動売買が効果的 2017年はお任せFXが最適か

    2017年5月16日 9:35

     
     2017年はシストレ(FX自動売買)が効果的な展開をよく見る。

     「円高・円安のどちらに進むかわからない」という人でも、取引を機械に任せるシストレなら、2017年のような波乱相場でチャンスを狙えるだろう。

     ここではFX未経験者・初心者も多く利用する「シストレ」の実力と2017年の相場に向いている理由を紹介する。

    シストレって何?

    プログラムが自動で取引

    プログラムが自動で取引

     シストレは、買い・売りといった取引を「システム(売買プログラム)」に「お任せ」する運用方法。

     「自動売買」という言い方もされ、「FX未経験者向け」のサービスとしては大変優秀。下記2つのメリットがある。

    ■売買するプログラムは「プロのFXトレーダー」が作っている
    ■ユーザーはプロ作成の売買プログラムを選び、あとの取引は任せるだけ

     元ファンドマネージャーや物理学者など。

     彼らは相場の値動きの法則を見つけ、それにあわせた売買手法をプログラムに搭載する。

     初心者がいきなり「えいや!」と取引するよりは、彼らの法則に従った方がマシとも考えられるため、FX未経験者や初心者向きといわれるのだ。

     ちなみに、売買プログラムはFX会社により呼び方はさまざまで、「ストラテジー」や「売買システム」、「シグナルプロバイダー」などがある。

    2016年の大円高⇒大円安に見る「シストレの実力」

     シストレの実力は2016年の円相場を見れば、おおよそイメージできるだろう。

    2016年の円相場のシストレの実績例

    201705sistre

     2016年は年前半が円高、年後半は円安で予想の難しい相場だったが、シストレは円高のときも円安の時もしっかり利益を残していた例。

     上記収益グラフは「TidalWave」という売買プログラムの2016年の取引実績。グラフでの運用資金は約20万円で想定(10000通貨取引時)しているが、各々の資金に応じて、投資額は1.5倍、2倍などと変更可能。

     シストレを利用できるFX会社については本記事の「シストレのFX会社を比較する」にて。

    2017年の前半時点で、2016年以上の好調さ?

    画面はインヴァスト証券のシストレ24

    (画面はインヴァスト証券のシストレ24)

     2017年の約6か月分の成績を見ると、30~60万円を稼いでいる売買プログラムが多数(必要投資資金20~30万円程度)。

     こちらも自己資金に応じて投資額を1.5倍、2倍などと変更でき、利益もそれに比例して変化する。

     2017年はユーロやポンドなどを取引する売買プログラムが上位を占めているのも特徴だ。

    シストレと波乱相場の関係性

    201705sistre-2

     さきほど紹介したシストレの収益グラフに、円相場の推移も加えた図表。

     これを見ると、年前半の急激な円高になっている時期でも利益を伸ばし、秋以降のトランプ大統領就任による円安でも利益を残した。

     シストレの多くの売買プログラムがこのように動く相場(ボラティリティが高い場合)で、大きく利益を残す傾向にある。

    2017年は感情のないシストレが有利?

    欲や感情に振り回されると、大損する

    欲や感情に振り回されると、大損する

     大相場が近づけば近づくほど、欲にかられて取引してしまい大損…という失敗はよく聞く。しかし、大相場で収益チャンスがあるのもまた事実。

     シストレは、感情に流されず淡々とルールに従って取引するため、2016年の「イギリスEU離脱」「トランプ大統領誕生」といった大相場でも利益を残した

     下記シストレのFX会社一覧を参考に、運用を検討してみるのもいいだろう。

    シストレのFX会社を比較する

     シストレ(売買プログラムを選ぶだけのタイプ)を提供している主要FX会社を特徴別に紹介。

     本サイトに掲載されているFX会社に関しては、口座開設費・口座維持費(年会費のような費用)は一切かからず無料なので、いくつかの会社に口座開設して、サービスを体験したのち、取引をスタートさせるということでも問題ない。

     複数のFX会社の口座を併用する人も多いので、まずは口座開設を申し込んでみるのもいいだろう。

    ※FX会社からの電話での取引勧誘などは金融先物取引法で禁止されているため、口座開設をして、入金せず取引をしなかったところで、取引を催促される不安もない。

     また、手数料やスプレッドなどのコストを抑えるために、自分にあわなそうな取引手法・運用方法でFXを始めるのは控えたほうがいい。

     結局勝てなければ、コストを抑える意味がない。勝ち始めてからコストについては考えればいい。

    【1社目】運用をほとんどお任せできる「フルオート」

    st24-image

     1社目はインヴァスト証券が提供するシストレサービス「シストレ24」。

     シストレ24が搭載する業界初の新機能「フルオート」は「口座開設後⇒資金を入れる⇒フルオートを1つ選ぶ」というステップで、あとの運用はすべてお任せ。

     まずは手軽にシストレの運用を始めてみたい、という人にオススメ。

     シストレ24の「フルオート」機能は、一度選んで稼働させれば、あとの運用はすべてやってくれる。

     シストレ成功の秘訣は、「売買プログラム(ストラテジー)の入れ替え」(「FX未経験者の利用者多数 取引は全部お任せのシステムトレード(自動売買)を徹底解説」より)でもある。

     その面倒な作業を全部自動でやってくれるのが「フルオート」。

     フルオートが自動で「好調なストラテジーを探す」「不調なストラテジーを外す」といったことをやってくれるため、シストレを「始めるまで」も、「始めたあと」も手間は少ない。

     「フルオート」を搭載した「シストレ24」はミラートレーダー取扱業者中で、国内口座数はNO.1(2016年7月1日トレーデーンシー社調べ)で、搭載するストラテジー数も6000種類以上と業界トップクラス。

    (関連記事⇒初心者必見のFX! インヴァスト証券の自動売買「フルオート」より)

    【2社目】分散投資を自動アシスト「ポートフォリオジェネレーター」


    ecotore-image

     シストレ黎明期からサービスを展開しているひまわり証券の「エコトレFX」。

     長い経験値を活かし、誕生した「ポートフォリオジェネレーター」はシストレの分散投資を自動で補助してくれる。

     複数の売買プログラムを稼働させ、リスク分散をしながら運用したい人にオススメ。

     シストレでもいくつかの売買プログラムを組み合わせることで、分散投資をしたいと思う人もいるだろう。

     しかし自分で「売買プログラムの組み合わせ」を探すのは、至難の業。

     ポートフォリオジェネレーターは、好みの条件どおりの「売買プログラムの組み合わせ」を一瞬で探してくれる機能。

     たとえば「3か月」で「収益2000pips以上」の売買プログラムの組み合わせを教えてほしい、という要望もポートフォリオジェネレーターなら即座に解決。

     自分で調べるとなると、何十通りもしくは百通り以上の組み合わせを検証する必要があり、大変手間がかかるものを、エコトレFXなら一瞬で見つけることができる。

    【3社目】自動売買攻略のヒントが満載!「シストレ広場」

    centrarl-mirror-image20170215

     金融市場で100年以上の伝統をもつ「セントラル短資グループ」の「セントラル短資FX」が提供する自動売買サービス「セントラルミラートレーダー」。

     セントラルミラートレーダー独自の売買プログラムを利用できるのも特徴。

     セントラル短資FXでは「シストレ広場」という自動売買の攻略サイトを設けており、シストレの運用に関する情報は豊富。

     シストレのエキスパート達によるコラムは毎週掲載され、Twitterでもシストレのシグナルを配信するなど、各種情報が多い。

    最後に

     2017年の為替相場は引き続き波乱が予想される。

     シストレでチャンスをうかがうだけではなく、金利収入目当ての投資(スワップ投資)なども検討しながら、波乱をチャンスに変えられるように準備をしたい(下記参照)。

  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。