マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> FX自動売買・シストレの解説> 30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

FX

30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

2018年4月13日 14:00

 FX自動売買で今年好調を維持している「策太郎」さん。策太郎さんは本サイトにも寄稿していた30代のサラリーマン投資家で、自動売買により50万円が3か月で100万円に増えたときから、自動売買メインの取引スタイルに変更。以降は本業にも支障をきたさず無理なくFXを続けられるようになったという。最近の取引状況について、話を伺った。

* * *

 最近の為替相場は大きなトレンドになりそうでならない、もどかしい状況が続いています。私はこんなとき、自動売買のなかでも、通貨選び・取引のすべてを任せられる「売買一任タイプ」の自動売買を使っています。

FX自動売買の成績【2018年1~4月】

 今年4月までの成績を見てみると、じっくり儲けてくれました。約40万円の資金で20万円の利益を出してくれたので、元手資金はおよそ1.5倍になりました。

 自動売買とは別に、長期目線でドル/円のポジションを保有しながらも、思ったように利益が膨らまず、そんな中「売買一任タイプ」の自動売買が堅実に稼いでくれていたので、動かしておいてよかったです。

シストレ24「フルオート」の2018年1月からの
3か月の決済履歴画面

ポンド関連の通貨で約17万円の稼ぎ 各通貨の成績は?

 どんな通貨で稼いだのか、実績を調べたところ、ポンド関連の通貨で約17万円稼いでいました。

通貨名 勝敗 損益額
ポンド/スイスフラン 11勝2敗 +83478円
ポンド/米ドル 9勝4敗 +64981円
豪ドル/米ドル 7勝 +30771円
米ドル/カナダドル 2勝2敗 +30084円
ポンド/円 3勝2敗 +21116円
ユーロ/円 12勝17敗 +19190円
NZドル/円 12勝4敗 +13580円
ポンド/豪ドル 4勝 +4278円
ユーロ/ポンド 3勝2敗 -6917円
豪ドル/円 2敗 -13510円
ユーロ/NZドル 9敗 -20198円
ユーロ/米ドル 4勝13敗 -26619円
通貨名 勝敗 損益額
ポンド/スイスフラン 11勝
2敗
+83478円
ポンド/米ドル 9勝
4敗
+64981円
豪ドル/米ドル 7勝 +30771円
米ドル/カナダドル 2勝
2敗
+30084円
ポンド/円 3勝
2敗
+21116円
ユーロ/円 12勝
17敗
+19190円
NZドル/円 12勝
4敗
+13580円
ポンド/豪ドル 4勝 +4278円
ユーロ/ポンド 3勝
2敗
-6917円
豪ドル/円 2敗 -13510円
ユーロ/NZドル 9敗 -20198円
ユーロ/米ドル 4勝
13敗
-26619円

 
 データを見て、「売買一任タイプの自動売買は自分では取引しない(できない)通貨でもチャンスを拾ってくれる」ことを再認識しました。

 このリストの中で、自分でよく取引するのはユーロ/米ドルだけで、ポンドは値動きが荒く普段手を出しません。自動売買はいろいろな通貨で取引をして、チャンスを狙ってくれていたので、助かりました。

 今回稼げたポイントをご紹介する前に、自動売買について簡単に説明します。

FX自動売買のタイプを比較

 自動売買は主に2種類あり、「売買一任の自動売買」と「コツコツ自動売買」です。この2つを比較すると、大きな違いは「取引する通貨を選ぶ必要がある」「注文の設定が必要」なところ。違いをわからず、自動売買を稼働させて、自分にあわず失敗したなんて話も聞くので、この点は注意。

FX初心者でもわかりやすい「売買一任タイプの自動売買」

「売買一任タイプの自動売買(シストレとも呼ばれます)」は、あとで紹介する「コツコツ自動売買」よりFXの専門性を求められないので、FX初心者向きと言えます。

 やることは「売買してくれるプログラムを選ぶ」「相場にあう売買プログラムを適宜入れ替える」こと。通貨を選んだり、いつ取引するか、どこで注文を入れるかなどは考える必要がありません。

 ただし、売買プログラムのなかでも、稼げるもの・稼げないものがあるので、売買プログラム選びが勝敗の分かれ目となり、また、相場にあわせて売買プログラムを入れ替えてあげる必要があります。

 私は「売買プログラムの入れ替え」が面倒なので、それを自動でやってくれるシストレ24「フルオート」を利用しています。実績はさきほど紹介したとおりです。

売買一任タイプ
(シストレ)

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細⇒

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)

詳細⇒

売買一任
タイプ

(シストレ)

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細

セントラルミラー
トレーダー

(セントラル短資FX)

詳細

 

【注目の自動売買の会社】インヴァスト証券「シストレ24」

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ(※)。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実。シストレは売買プログラムを適宜入れ替えることで、安定した利益を目指せるが、シストレ24の「フルオート」機能はそれをすべて自動で行ってくれる。シストレ業界で「フルオート」のようなサービスがあるのは「シストレ24」だけ。 (※ミラートレーダー取扱業者中、2017年10月1日トレーデンシー社調べ)

【注目の自動売買の会社】
インヴァスト証券「シストレ24」

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ(※)。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実。

シストレは売買プログラムを適宜入れ替えることで、安定した利益を目指せるが、シストレ24の「フルオート」機能はそれをすべて自動で行ってくれる。シストレ業界で「フルオート」のようなサービスがあるのは「シストレ24」だけ。 (※ミラートレーダー取扱業者中、2017年10月1日トレーデンシー社調べ)


■参考:
会社員トレーダーがシストレ業者を比較! FX初心者向きの会社を厳選

効率的に利益を狙える「短期コツコツ自動売買」

 もう1つの「コツコツ自動売買」のなかでも、短期的に利益を狙えるタイプもあります。収益性が高く、魅力的なので、私も好きですが、FXの知識・経験を求められる点もあります。下記の記事で、詳しく解説されていたので、興味がある人はこちらを参考にしてみては。

自動売買のFX会社を徹底比較 2種類の自動売買についてもそれぞれ解説

今回のFX自動売買の運用ポイントは2つ

 今回の運用では下記2点を重要視して、シストレ24の「フルオート」の設定をしました。フルオートの設定を1回決めてからは、設定を変更してはいません。どんな相場にも適応できるような「フルオートの設定選び」をしてしまえば、あとは何もしないので、最初がとても重要です。他のサービスにおいても同様だと思います。

  • (1)連勝中・利益更新など、直近で好調な売買プログラムを選ぶ
  • …売買プログラムは長期的に利益をあげているものではなく、直近で調子のいいプログラムを選ぶ設定にしました。長期で勝っているプログラムよりも、目先の相場で利益をあげているプログラムを重視したほうが、うまくハマりました。

  • (2)上昇もしくは下落相場のどちらかが得意な売買プログラムを選ぶ
  • …売買プログラムは、得意な相場がはっきりしています。ずっと同じ売買プログラムが勝ち続けることはありえないので、上昇相場が得意、下落相場が得意など、今の相場にあっていて、しかも尖った特徴を持つ売買プログラムを選ぶよう意識しました。オールラウンダーな売買プログラムでは、私は思うような結果に繋がらなかったので、除外しました。

    売買一任タイプの自動売買はココに注意!

     自動売買を始める上で、下記点には注意してください。

  • (1)負けゾーンは耐える
  • …必ず訪れる「連敗」を我慢しなくてはいけません。私は運悪く、それが最初の方に訪れ、9連敗で-27000円、12連敗で-40000円という経験をしました。そこであれこれ考えて、フルオートの設定を変更したり、売買プログラム選びのルールを変えると、ドツボにハマります。最低3か月は稼働させよう、と心に決めてやっていました。

  • (2)最初は取引額を小さく
  • …連敗を我慢しろと言われても、連敗は嫌なものです。そこで、最初は取引額を小さくして始めてください。リスクを半減させることも可能です。取引額は稼働前の段階で設定できます。

  • (3)気を大きくして取引額を一気にあげない
  • …運用開始から少し時間が経ち、収益グラフを見ると、大きな負けもなく安定した運用だったので、「今後も稼いでくれるだろう」と気を大くして、取引額を2倍、3倍にする。これは失敗への近道になるので、控えたほうがいいと思います。連敗ゾーンがきたときに、メンタルがもたなくなると思います。一気に儲けたい気持ちは抑えて、3か月~半年は同じ取引額でじっくり運用したほうが安全ではないでしょうか。

    自分にあう自動売買の設定方法を探す

     自動売買は設定が運用の肝になります。運用資金や運用期間にゆとりをもたせ、じっくり稼ぐことを念頭におくことがまずは重要です。おそらく投資全般に言えることだと思いますが、焦って取引を始めても、思うようにならないことが多いと思います。

     どのような売買プログラムを選ぶか、の経験を積むことも、安定した運用には欠かせません。私もやっていましたが、慣れないうちは週1回、土日などに稼働した売買プログラムの特徴を軽く見ておき、メモしておくと、次の運用に活かせるようになります。

     私は週1回は状況を必ずチェックするようにしています。たった5~10分程度の作業なので、それほど苦にはならないはずです。FX会社のサービスでも運用の設定について、コンテンツを用意しているので、そちらも参考にしてみてはいかがでしょう。

    【参考記事(外部サイト)】
    ■シストレ24「フルオート」の成績がマイナスになったときに重要な3つのポイント

    ■セントラルミラートレーダーを始めるにあたって

    【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

    【コツコツFXの元祖】
    マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

    30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
    【サラリーマン向き】リスクを抑えて3か月に50万円の利益をあげたFX自動売買とは?
    1回5000円の勝ちをコツコツ積み上げ総額127万円の利益に 豪ドルのトラリピ設定を検証
    シストレはイベントリスクに強いのか イギリスEU離脱騒動で検証
    シストレ24
    トライオートFX
    iサイクル注文

    【2018年8月更新】メキシコペソのスワップポイントが高いFX会社を比較
    数百円から外貨の自動購入 「積立FX」のメリットや特徴を紹介
    【2018年8月更新】豪ドル・NZドルのスワップポイントが高いFX会社を比較
    【2018年8月更新】南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社を比較

    FX会社アクセスランキング

    「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。