マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> FX自動売買・シストレの解説> 自動売買FXの3タイプを比較 2018年に最適な取引手法は?

FX

自動売買FXの3タイプを比較 2018年に最適な取引手法は?

2018年4月26日 10:00

 2018年前半の相場での自動売買FXの状況を比較する。

 自動売買は「簡単・効率的」という点で、FXユーザーからも人気を集めているが、予想困難な展開が続いた今年の相場での成績は気になるところ。

 今年の4月中までを振り返ると、「米中貿易戦争の勃発」「北朝鮮問題」など、相場を急に変動させる要因も多かった。年前半の円高トレンドは春に急停止し、年初113円から104円台まで下落したドル/円は、4月後半になると110円へ向かうなど、まだまだ読みづらい展開は続きそう。

 自動売買は大きく分けて3つのタイプがあるが、2018年前半の相場ではどうだったのか、それぞれ見てみよう。

売買プログラムに取引を任せるFX自動売買(シストレ)

 自動売買のなかでもFX経験が浅い人向けといえる「シストレ」。売買プログラムに取引を一任するため、売買戦略等を考えられなくても、売買プログラムを選ぶだけで始められる。

シストレ2018年前半の成績は?

FX自動売買(シストレ)の2018年3か月の取引実績 ポンド系で約17万円の稼ぎ

 上記記事の運用では2018年の3か月の成績は約50%の利益率だった。資金100万円規模でスタートすれば50万円近く稼げていたであろう成績。各通貨ペアが上昇するのか、下落するのか、といった予想は一切できなくても、相場に合う売買プログラムが稼働していれば成績を残せるのが「シストレ」の特徴。

 一般的に取引されやすいドル/円が荒れ模様で、どのように取引すべきか悩ましいときは、「シストレ」という選択肢も考えられる。

主なシストレFX会社を比較

 主なシストレFX会社をピックアップしたので、下記の「詳細」より比べてみるといい。

売買一任タイプ
(シストレ)

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細⇒

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)

詳細⇒

売買一任
タイプ

(シストレ)

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細

セントラルミラー
トレーダー

(セントラル短資FX)

詳細

 

【注目の自動売買の会社】インヴァスト証券「シストレ24」

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ(※)。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実。シストレは売買プログラムを適宜入れ替えることで、安定した利益を目指せるが、シストレ24の「フルオート」機能はそれをすべて自動で行ってくれる。シストレ業界で「フルオート」のようなサービスがあるのは「シストレ24」だけ。 (※ミラートレーダー取扱業者中、2017年10月1日トレーデンシー社調べ)

【注目の自動売買の会社】
インヴァスト証券「シストレ24」

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ(※)。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実。

シストレは売買プログラムを適宜入れ替えることで、安定した利益を目指せるが、シストレ24の「フルオート」機能はそれをすべて自動で行ってくれる。シストレ業界で「フルオート」のようなサービスがあるのは「シストレ24」だけ。 (※ミラートレーダー取扱業者中、2017年10月1日トレーデンシー社調べ)

長期でコツコツ稼ぐ自動売買FX

 長期でコツコツ稼ぐ自動売買FXは、自動発注系・リピート系とも呼ばれる手法。

 長ければ5年・10年単位でほったらかしにできるような戦略を組み、為替相場の変動に一喜一憂せず利益を狙う。

 今年のような「どちらに相場が動くのか」読みづらい状況でも、価格の変動(ボラティリティ)が大きいだけで、コツコツ自動売買は利益チャンスが増える。

 長期的な戦略から外れない限り、荒れた相場でも関係ない一方、短期的にめざましい利益は見込めないかもしれない。メンタルには優し取引方法なので、ハラハラしない運用が良いという人には最適だろう。

豪ドル/円の2016~2018年の取引データを紹介

豪ドルのトラリピ設定 コツコツ5000円を積み上げ、総額127万円近くの利益

 豪ドル/円の長期自動売買FXの例。コツコツ自動売買のパイオニアである「トラリピ」で、2018年に限らず、2016年からの取引データを紹介。少額の利益を積み重ねる自動売買FXの基本的な考えに加え、応用を効かせた戦略も紹介。

コツコツ長期自動売買のFX会社を比較

 コツコツタイプの自動売買についても、主要FX会社をピックアップしたので、自分にあうサービスを比べてみては。

長期コツコツ自動売買
向きFX会社

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

長期コツコツ自動売買
向きFX会社

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

 

【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

【コツコツFXの元祖】
マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

短期・中期的に利益を狙う自動売買FX

 2018年の相場はトレンドがないわけではない。ドル/円も年初から3月まで「約9円もの円高トレンド」を見せており、ポンド/米ドルにおいても、最大1000pipsほどの上昇をした。

 上昇もしくは下落のトレンドをピンポイントで捉えにいく自動売買FXが「自動発注系・リピート系(短期・中期ver)」。

 コツコツ長期的に稼ぐより効率はUPするが、相場予想の経験や取引をいつ始め・どこで辞めるかといった判断能力も必要とする点は注意。

1週間で30万円の利益を出した例も

1週間で30万円獲得! ドル/円、ユーロ/円の戦略が成功

 上記はサラリーマン投資家の策太郎さんの取引例。裁量FXを経験し、相場予想の経験も少しあったため、短期的な自動売買もうまくいったようだ。記事は2016年の成績だが、2018年においてもトレンドが出ていたドル/円やポンド/米ドルでは同様の取引で臨めただろう。

 会社員のため、FXに取り組める時間はないが、FXの知識はあるという人には、向いているかもしれない。

短期・中期の自動売買に向いているFX会社を比較

 短期・中期の自動売買向きのFX会社をピックアップ。ツールの操作性が自分にあっているか、思うような取引を実現できそうか、についてはしっかり確認したほうがいいだろう。

短期・中期の自動売買
ができるFX会社

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

iサイクル注文

(外為オンライン)

詳細⇒

短期・中期の自動売買
ができるFX会社

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

iサイクル注文

(外為オンライン)

詳細

2018年前半の自動売買3タイプの状況をまとめ

 2018年前半の為替相場の状況から、3つの自動売買の状況をまとめる。

  • ■売買一任タイプの「シストレ」
  •  シストレに相場状況はあまり関係ないので、調子のいい売買プログラムがあるようであれば、取引は可能。シストレの各FX会社のサービスを覗いて、好成績な売買プログラムがあれば検討の余地はある。

  • ■コツコツ自動売買の「長期運用タイプ」
  • 豪ドルのトラリピ設定』の例では、1~3月で12万円を稼いでいた。コツコツ自動売買は目先の相場状況に左右されるような運用ではないため、始めどきに悩むことは少ないだろう。長期的に「高低幅(チャートの縦幅)が少なく」、「よく動く(ボラティリティが高め)」通貨ペアを見つけることが肝心になる。

  • ■コツコツ自動売買の「短期・中期タイプ」
  •  目立つところではドル/円とポンド/米ドルにトレンドがでていたので、短期の自動売買を仕掛けていた人は年初から春先まで稼げていたかもしれない。策太郎さんは「トレンドの兆候が出てから、少し遅れて始めてもチャンスはある」とは言っていたが、止め時を誤ると損は膨らむなど、判断能力を求められる点もあるので注意。

    自動売買のFX会社を徹底比較 2種類の自動売買についてもそれぞれ解説

    【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

    【コツコツFXの元祖】
    マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

    30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
    【サラリーマン向き】リスクを抑えて3か月に50万円の利益をあげたFX自動売買とは?
    1回5000円の勝ちをコツコツ積み上げ総額127万円の利益に 豪ドルのトラリピ設定を検証
    シストレはイベントリスクに強いのか イギリスEU離脱騒動で検証
    シストレ24
    トライオートFX
    iサイクル注文

    【2018年8月更新】メキシコペソのスワップポイントが高いFX会社を比較
    数百円から外貨の自動購入 「積立FX」のメリットや特徴を紹介
    【2018年8月更新】豪ドル・NZドルのスワップポイントが高いFX会社を比較
    【2018年8月更新】南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社を比較

    FX会社アクセスランキング

    「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

    少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。