マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> FXシストレ・自動売買の記事一覧> FX 専門知識がない未経験者こそシストレに任せてリスク減

FX

FX 専門知識がない未経験者こそシストレに任せてリスク減

2017年7月3日 10:00

1 2

 FXは相場の読み方や取引方法を知らずとも、シストレ(自動売買)の力を借りることで始めることも可能。

 書籍などで勉強する時間がなく、とりあえず取引してしまった結果、手痛い失敗をしてしまうくらいなら、シストレを利用する、という選択肢も検討してみてはいかがだろう。


プログラムが自動で取引

プログラムが自動で取引

 シストレは、買い・売りといった取引を「システム(売買プログラム)」に「お任せ」する運用方法。

 「自動売買」という言い方もされ、「FX未経験者向け」のサービスとしては大変優秀。下記2つのメリットがある。

■売買するプログラムは「プロのFXトレーダー」が作っている
■ユーザーはプロ作成の売買プログラムを選び、あとの取引は任せるだけ

 元ファンドマネージャーや物理学者など。

 彼らは相場の値動きの法則を見つけ、それにあわせた売買手法をプログラムに搭載する。

 初心者がいきなり「えいや!」と取引するよりは、彼らの法則に従った方がマシとも考えられるため、FX未経験者や初心者向きといわれるのだ。

 ちなみに、売買プログラムはFX会社により呼び方はさまざまで、「ストラテジー」や「売買システム」、「シグナルプロバイダー」などがある。

 

シストレがFXのリスクを軽減できる理由

 シストレはFXの中でも主に裁量取引(自分で取引)のリスクを軽減できる。まず裁量取引の代表的なリスクを見ていこう。

シストレが軽減する裁量取引のリスク5つ

【裁量取引のリスク】
(1)「なんとなく上がりそうだから買い」などの根拠のない取引
(2)1つ前の取引の損を取り返したいから今回は倍額で!といった無謀な取引
(3)今は下がっているがもう1回上がってくると思うから買い増し、など精神論に支えられたナンピン取引
(4)レバレッジの管理ができず、ハイレバレッジの取引
(5)損は大きく、利益は小さいという「利小損大」の取引をしてしまう

甘く見られがちな裁量取引

 裁量取引は低コストで取引できるメリットがある一方、上に紹介してきたようなリスクに対処できる能力がないと、うまくいかない。

「FXを始めてみたが、数百万円の損を背負った」「数万円儲かったあと、すぐに資金が尽きた」「高い授業料だった」などの失敗談は、ほとんどが裁量取引特有のリスクが影響しているはず。

 裁量取引が悪いのではない。裁量取引をうまく扱える能力がないままやってしまうことがダメ。

 厳しい資金管理ルールのもと、少しずつ相場に慣れながら、取引レベルをUPさせるといった、行程が必要なのに、それを知らずにFXを始めて、損をしてしまう人が多いのだ。

インヴァスト証券
(シストレ24)

「取引全部お任せ」タイプのFX
「フルオート」機能が初心者に人気
FX未経験者でも始めやすい

詳細

FXプライムbyGMO
(選べる外貨)

買い持ちすれば毎日金利収入をゲット
トルコリラの金利収入額が高い
GMOグループでサーバーが安定

詳細

マネックス証券
(オートレール)

コツコツ自動で稼ぐタイプのFX
暴落相場でもプラス収支で終えた実績
主要通貨のスワップが業界最高位

詳細

トルコリラ円相場 億トレーダーが想定する下値水準は?
FXスワップ投資のやり方・成功のコツ、会社比較まですべて解説!
シストレの概要や特徴、取扱いFX会社を簡単に解説
2~3万円で試しにシストレを始める方法
【ゼロから解説】はじめてのシストレ
FX初心者こそシストレ ビギナーにありがちな4つの失敗をカバー
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。