マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
ヒロセ通商
FX入門ガイド> FX自動売買とは? 基本のタイプと自動売買ツールを紹介> 最新のFX自動売買を8選!儲かる投資家の秘訣と初心者のツール選び方

FX

最新のFX自動売買を8選!儲かる投資家の秘訣と初心者のツール選び方

公開日:2018年3月1日 8:00
最終更新日:2020年11月10日

 FX取引を自動化できる「FX自動売買」。自動売買のツールは近年多様化し、様々なサービスがリリースされている。初心者でも始めやすいと言われるFX自動売買ツールについて、基礎的な情報からツールの選び方、儲かる投資家の秘訣まで詳しく紹介する。

    【目次】

  1. 1.FX自動売買ツールとは?
    1. FX自動売買と裁量取引の違い
    2. FX自動売買ツールのメリット
    3. FX自動売買ツールのデメリット
  2. 2.FX自動売買ツールの3種類を仕組みで比較
    1. 自動発注、リピート系自動売買
    2. シストレ系自動売買
    3. 自作の自動売買で運用するタイプ(MT4やPythonなど)
  3. 3.FX自動売買で儲かる投資家が運用の秘訣を語る
  4. 4.FX自動売買ツール「初心者の選び方」4例
  5. 5.FX自動売買ツール(自動発注・リピート系)を5選
  6. 6.FX自動売買ツール(シストレ系)を3選
  7. 7.FX自動売買ツールの一括比較表
    1. FX自動売買を少額(1000通貨単位)で取引できる会社一覧
    2. FX自動売買ツールのデモ口座を提供する会社の一覧
    3. FX自動売買ツールをスマホアプリで利用できる会社の一覧
    4. FX自動売買の手数料は? スプレッドと利用料無料について

FX自動売買ツールとは?

 FX自動売買ツールとは「新規取引や決済取引をシステムに任せられる」サービスのこと。FX自動売買と人間が主導でトレードする「裁量取引」とはどのような違いがあるのだろうか。メリット・デメリットと共に見ていこう。

FX自動売買と裁量取引の違い

 FX自動売買と裁量取引の特徴を簡単に比較した図が下記である。

FX自動売買 裁量取引
取引方法 設定通りにシステムがトレードする 相場状況に応じて自身でトレードする
特徴 規則的 柔軟性
取引コスト やや高い 低い
勝敗に関連する要因 用意した設定・プログラムが相場にハマるかどうか 体得した取引手法やメンタルコントロール

FX自動売買 裁量取引
取引方法 設定通りにシステムがトレードする 相場状況に応じて自身でトレードする
特徴 規則的 柔軟性
取引コスト やや高い 低い
勝敗に関連する要因 用意した設定・プログラムが相場にハマるかどうか 体得した取引手法やメンタルコントロール

FX自動売買ツールのメリット

 FX自動売買ツールは「24時間システムが代わりに取引を行う」「本業に支障をきたさずFXができる」といったメリットがあり、規則正しいFXトレードを実現することが可能

 FX初心者の場合、欲や感情に影響され、思い描いた取引から乖離することもあるため、FXに慣れないうちは自動売買ツールを用いることも選択肢のひとつとして考えられる。

FX自動売買ツールのデメリット

 FX自動売買ツールは複雑な取引手法はシステムでは実現できないこともあるので、シンプルな売買しか対応し辛い点もある。経済指標の発表直後など急変する相場で臨機応変に利益を狙う・撤退することは裁量取引の方が行いやすいだろう。また、しばしば取引コストについても裁量取引の方が安いと比較される。

 しかし、取引に係る全てを手動で行う裁量取引は「もっと利益が欲しい」「これ以上損したくない」などの気持ちに左右されることなく、ルールに従い取引できる強靭なメンタルが必要とされる。自動売買ツールと裁量取引のどちらを利用するかは、自身のトレードレベルとも関連するため、コストだけを頼りに判断しない方がいいだろう(参考:FX自動売買のデメリット・メリット ビギナーは自動と裁量どちらがいい?)。

FX自動売買ツールを一部ピックアップ

 参考までに数社のサービスをピックアップする。各FX会社の自動売買ツール一覧は、後述の「FX自動売買ツール(自動発注・リピート系)を5選」「FX自動売買ツール(シストレ系)を3選」でも紹介。

発注・リピート系

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒
シストレ系

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細⇒

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細⇒

発注・リピート系

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

シストレ系

シストレ24

(インヴァスト証券)

詳細

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細

FX自動売買ツールの3種類を仕組みで比較

 自動売買ツールは、自動で取引させる設定を決めて稼働する「自動発注系」と自動売買プログラムに取引を任せる「シストレ系」に大きく分けられる。

自動発注、リピート系自動売買(コツコツ稼ぐタイプ)

コツコツ自動売買のイメージ図

※赤い丸が「新規買い注文」で青い丸が「決済注文」

 自動発注、リピート系の自動売買は売買注文を細かく仕掛け、コツコツ取引するタイプ。例えば「1ドル=100円で買い⇒1ドル=105円になったら決済」という注文、「1ドル=101円で買い⇒1ドル=106円になったら決済」という注文などを相場に細かく仕掛けることで、幅広く収益チャンスを拾う。

 一度仕掛けた注文は決済されても、FX会社のシステムが再度同じ価格に注文を自動で置くので、上図のように価格が「仕掛けた注文領域」を通れば通るほど、取引回数は積み重なる。

 幅広い価格帯に注文を仕掛け、目先の相場予想を極力しない方針をとることが多いため、「中長期向き」「FX初心者向き」の運用方法ともいわれる。

シストレ系自動売買(売買を一任するタイプ)

自動売買プログラムのルールに基づき取引が行われる
自動売買プログラムのルールに基づき取引が行われる(イメージ)

 シストレ系自動売買は、FX会社提供の自動売買プログラムに取引を任せるタイプ。プログラムに設定されたルールに基づき、取引は行われるため、自動発注系・リピート系のように、ユーザーが注文価格を指定することは基本的に行わない

 システムトレード(シストレ)とも呼ばれ、ユーザーは「どの自動売買プログラムを稼働させるか」を決めることに注力する。

 近年は自動売買プログラムにトレードを任せる手法に加え、「裁量FXトレーダーの取引を追う“フォロートレード”」のサービスもリリースされた。シストレ同様にユーザーは“取引してくれるトレーダー”を選べば、運用をスタートできる。

自作した自動売買プログラムで運用するタイプ(MT4やPythonなどで取引)

 自動売買プログラムを自身で制作し、そのプログラムで自動売買を行うタイプ。このタイプのツールの中では、MT4が有名。

 MT4は自動発注系やシストレ系の自動売買より自由度が高く、低コストに取引できる一面もあるが、VPSサーバーを用意する、EA(MT4用の売買プログラム)に関する専門知識が必要となる。MT4はEAを自作をせず、EAを購入して自動売買することも可能だが、購入には良質なEAかどうかを見極める目利きが必要となる。

FX自動売買で儲かる投資家が運用の秘訣を語る

 FX自動売買で稼ぐ方法はどのようなやり方だろうか。ここではFX自動売買で成功したトレーダーが語る取引経験談を一部紹介する。

FX自動売買で資産1000万円を達成した元公務員

 FX自動売買で資産1000万円を達成したあっきんさん。とある県庁を早期退職するまでに、長期で実践できるFX自動売買の取引方法を確立。

【ブロガー「あっきん」さんのFX自動売買戦略】
為替相場の「一定の幅(レンジ)の中を動きやすい」特徴を活かし、「レンジの下で買い、上がったら売る」をFXツールのトラリピで実行
「買い」「売り」のどちらも行う両建ても活用し、収益チャンス増を狙う
運用資金は、積立投資のように定期的に追加する方法も取り入れていた
FX自動売買にはリスク管理が最も重要で、無料のシミュレーションツールも駆使しながら資金管理を行う
相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員」より

FX自動売買「シストレ」で忙しくても1000万円儲けた元サラリーマン

 FX自動売買のシストレで1000万円稼いだ五十嵐さんは元サラリーマン。シストレとは、自動売買プログラムに取引を任せる手法。その取引を担当するプログラム自体は自身で選択する必要があるものの、取引における手間を削減できることが特徴。

【「五十嵐」さんのFX自動売買戦略】
取引を任せる自動売買プログラム選びが重要
取引対象にする通貨ペアは分散させる。例えば日本円が絡む通貨ばかりで運用しないなど
自動売買プログラムの成績を1週間に1回はチェックする。3~5連敗している調子の悪いプログラムは運用リストから外す
忙しくてもシストレで1000万円儲けたトレーダー」より

FX自動売買で月22万円稼ぐ30代個人投資家

 さきほど紹介したあっきさん同様、FXツールのトラリピを駆使する個人投資家の鈴さん。FXの裁量トレードやトルコリラなどの高金利通貨買いなどで、500万円の損失。その後、FX自動売買の方法を研究し、月間約20万円ほどの利益を数年に渡り残せるようになった。

【30代個人投資家「鈴」さんのFX自動売買戦略】
事前に得られるリターンはわからないが、被る損失は想定できるので、投資はリスクから必ず考える
長期でレンジ相場が続いている通貨ペアを選ぶ
トラリピ運用のコツは含み損を恐れないこと
運用資金は、「使うタイミングが明確に決まっていない余剰資産」を使い心の余裕を持たせる
チャートを見続けなくてもFXで月22万円稼いだ投資法とは」より

自動発注系とシストレ系における運用のコツ

 サービスの仕組みを理解することで、自動売買ツールにおける運用のコツを掴みやすくなるだろう。下記記事では自動発注系やシストレ系の基礎情報から失敗例を紹介している。

【FX自動売買ツール運用のコツ】

FX自動売買ツール「初心者の選び方」4例

 FX自動売買ツールを初心者はどう選べばよいのだろうか。ここでは「自動発注・リピート系」と「シストレ系」の選び方の参考例を紹介する。

【初心者向けFX自動売買ツールの選び方】

  • 利用料無料でソフト購入も必要としないツールで始める
  • どのようなトレードを行うかイメージしやすいツールから始める
  • リスクの負い方をイメージしやすいツールから始める
  • 複数のツールを利用してみる

利用料無料でソフト購入も必要としないツールで始める

 FX自動売買の中には、ソフトを購入して始めるツールもあるが、初心者の場合、無料でソフトの購入も必要ないツールから始める方がいいだろう。

 ソフト販売業者の中には、詐欺目的の会社もあり、どのソフトが今後の相場でも有効的に活用できるかを見極める必要がある。そうした判断は初心者にとって難しいだろう(参考:FX自動売買ソフトとは? 自作方法や詐欺ソフト回避の方法も解説)。

 本ページでは月額利用料等も発生せず、ソフトを購入しなくてもよい「日本の金融庁に登録しているFX会社」から厳選して、FX自動売買ツールを紹介しているので、そちらを参考にしてほしい。

トレードをイメージしやすいツールから始める

 FX自動売買ツールの「自動発注系」はコツコツ利益を狙うタイプで、「シストレ系」はトレンドに合わせて大きな値幅を狙うことが多い。狙う利益額も多少異なる。

自動発注系 シストレ系
■事前に設定した注文方法どおりに取引する ■自動売買プログラムに規定された取引手法に従い取引する
■数百円~数千円の細かい利益を狙う ■相場のトレンド方向を定め、数万円単位の大きな利益を狙う

自動発注系 シストレ系
■事前に設定した注文方法どおりに取引する ■自動売買プログラムに規定された取引手法に従い取引する
■数百円~数千円の細かい利益を狙う ■相場のトレンド方向を定め、数万円単位の大きな利益を狙う

リスクをイメージしやすいツールから始める

 FX自動売買ツールは種類ごとにリスクが異なる。自動発注系は、注文を設置する価格帯(想定レンジ)を決めるが、もし通貨ペアの価格がその想定レンジを外れた場合、取引はされず、含み損が増す、もしくは収益チャンスをただ逃すことになる。

 一方、シストレ系の場合は稼働させた自動売買プログラムが相場に合わなかった場合、負け取引ばかり積み重なり、損失を増やすことになる。

 このように自動売買ツールはそれぞれ異なるリスクを内包しているので、「どの自動売買ツールがリスク管理しやすいか」を念頭にサービスを選ぶこともできる。また、FX自動売買の勝率は必ずしもリスク軽減に繋がるわけではないので注意したい。

 後述では各FX会社のツールの特徴や使い方を紹介しているので、そちらもツール選びの参考にしてほしい。

複数のツールを利用してみる

 自動売買ツールをひとつに選べない場合は、複数のFX会社の口座を開設し、「少額で運用」もしくは「デモトレード」を活用するのもひとつの方法だろう。「自動売買ツール一括比較表」では、各FX会社の特徴を簡単に比べることができ、また口座開設費用や口座維持費はどちらも無料である

FX自動売買ツール(自動発注・リピート系)を5選

 FX自動売買ツールの「自動発注・リピート系」を5つピックアップ。自動発注系ツールの利用を検討するなら、「どのような自動取引を行うのか」「取引の設定」に関して理解できるものから考えたい(参考:FX自動売買の設定を決める方法と過去実績の良い設定の使い方)。

 たとえコストの低いサービスを選んだところで、取引内容を把握できずに運用をスタートすれば、失敗に繋がる可能性もあるだろう。ここでは各社のツールの概要を簡単に紹介する。

トライオートFX(インヴァスト証券)

トライオートFX20200902

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
17種類

キャンペーン

手数料 設定
新規口座開設キャンペーン実施中 無料~片道20円(対外貨は0.2外貨) ■ランキングから設定を選ぶことも可能
■カスタマイズ性も高い

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
17種類

新規開設キャンペーン

手数料 設定
無料~片道20円(対外貨は0.2外貨) ■ランキングから設定を選ぶことも可能
■カスタマイズ性も高い

 自動売買のサービスを複数展開するインヴァスト証券が提供する「トライオートFX」。「自動売買セレクト」というサービスから、人気の高い自動売買設定や過去実績の良かった成績を確認することも可能で、初心者でも使いやすいように「ネットショッピング」のような感覚で設定を選べることが特徴。

 トライオートFXはカスタマイズ性も高く、ユーザーから設定を募集し、それをシェアすることも行っている。

トライオートFX(インヴァスト証券)がおすすめな人とは?

 トライオートFXに向いている人はどのような人だろうか。下記に参考例を挙げる。

  • 少額資金で自動売買を始めたい人
  • 自動売買に強いFX会社で取引したい人
  • スタートまでの設定が少ないツールを使いたい人
  • 設定を細かくカスタマイズしたい人

トライオートFXの特徴
をさらに見る

限定特典付き
口座開設はこちら

トラリピ(マネースクエア)

トラリピ2020

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
14種類

キャンペーン

手数料 設定
新規口座開設キャンペーン実施中 無料 ■参考となる設定を自社HPで公開
■シンプルな注文設定

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
14種類

新規開設キャンペーン

手数料 設定
無料 ■参考となる設定を自社HPで公開
■シンプルな注文設定

 特許取得済みの「トラリピ」はコツコツFXの先駆けで、指定した価格帯に均等に売買注文を設置できるツール。

 トラリピはシンプルな設計と操作性が特徴だ。また、トラリピを提供する「マネースクエア」は、セミナーや動画コンテンツが充実しており、トラリピの仕組みもそれらコンテンツから使い方を学ぶことが可能だ。

トラリピ(マネースクエア)がおすすめな人とは?

 トラリピに向いている人はどのような人だろうか。下記に参考例を挙げる。

  • 特許取得済みのトラリピを利用したい人
  • シンプルな自動売買を求める人
  • スタートまでの設定が少ないツールを使いたい人
  • セミナーやコンテンツが充実した会社でFXを始めたい人

トラリピの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

ループイフダン(アイネット証券)

アイネット証券_ループイフダン

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
20種類

キャンペーン

手数料 設定
新規口座開設キャンペーン実施中 無料 ■設定のランキングをツール内に公開
■レンジに限らずトレンド相場も狙うことも可能

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
20種類

新規開設キャンペーン

手数料 設定
無料 ■設定のランキングをツール内に公開
■レンジに限らずトレンド相場も狙うことも可能

 アイネット証券が提供する「ループイフダン」は取引する通貨ペアを選び、「買い」or「売り」のどちらかを選んで、利食い幅を決めることで始められる。

 レンジ相場に限らず、トレンド相場でもループイフダンは利用しやすい点も特徴だ。「設定した幅のとおりに注文を発注する」というシンプルな仕様だが、奥が深く様々な運用方法が考えられる。

ループイフダン(アイネット証券)がおすすめな人とは?

 ループイフダンに向いている人の参考例を挙げる。

  • スタートまでの設定が少ないツールを使いたい人
  • 上昇もしくは下落のトレンド相場でも自動発注系ツールを利用したい人
  • 使い込める自動売買ツールを探している人

ループイフダンの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

トラッキングトレード(FXブロードネット)

トラッキングトレード2020

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
24種類

キャンペーン

手数料 設定
新規口座開設キャンペーン実施中 片道20円or200円※ ■設定のランキングをツール内に公開
■注文幅が相場の変動にあわせて動く

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
24種類

新規開設キャンペーン

手数料 設定
片道20円or200円※ ■設定のランキングをツール内に公開
■注文幅が相場の変動にあわせて動く

※1000通貨取引のできるブロードライトコースは片道20円

 FXブロードネットが提供する「トラッキングトレード」は、他の自動売買同様、幅広く注文を仕掛け、コツコツ利益を狙うことが基本となるが、仕掛けた注文幅が、相場の変動にあわせて動くことも特徴。

 始めるまでの設定に関しては、「取引する通貨ペア」「買いもしくは売り」「注文を仕掛ける全体の幅(想定変動幅)」「運用額(対象資産)」の4項目を決めればスタートできる。注文間隔等の設定は4つの基本設定を入力すると自動で決まる。トラッキングトレードの設定に関しては、公式サイトにも公開されているので、運用前の参考にすることも可能だ。

トラッキングトレード(FXブロードネット)がおすすめな人とは?

 トラッキングトレードに向いている人の参考例を挙げる。

  • スタートまでの設定が少ないツールを使いたい人
  • 注文間隔等の細かい設定を省略したい人
  • 取扱い通貨ペアの多い会社で自動売買をしたい人

サービスの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

iサイクル2取引(外為オンライン)

icycle2取引

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
6種類

キャンペーン

手数料 設定
新規口座開設キャンペーン実施中 片道20円 ■設定のランキングをツール内に公開
■注文幅が相場の変動にあわせて動く

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
6種類

新規開設キャンペーン

手数料 設定
片道20円 ■設定のランキングをツール内に公開
■注文幅が相場の変動にあわせて動く

 外為オンラインが提供する「iサイクル2取引」はトラッキングトレード同様、相場の変動にあわせて、設定した注文幅が追従する。運用スタートには、「ランキングから設定を選ぶ方法」「売買の方向、注文を仕掛ける幅、資金」「マトリクス方式」の3つがある。名前は違えど、他の自動売買と同様の設定項目を決めれば、運用スタートが可能だ。

iサイクル2取引(外為オンライン)がおすすめな人とは?

 iサイクル2取引に向いている人の参考例を挙げる。

  • スタートまでの設定が少ないツールを使いたい人
  • 注文間隔等の細かい設定を省略したい人
  • デモ口座で自動売買を試したいと考える人

iサイクル2取引の特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

FX自動売買ツール(シストレ系)を3選

 シストレ系の自動売買ツールも3つピックアップする。シストレは自動発注系とは異なり、自動売買プログラムが判断をして、「いつ買うか」「いつ売るか」を決める。運用スタートまでの細かい設定は少ないものの、投資の成否は「自動売買プログラムの仕様」にかかっているため、プログラム選びには注力したい。

シストレ24(インヴァスト証券)

シストレ24

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
-※1 〇※2 27種類

キャンペーン

手数料 特徴
新規口座開設キャンペーン実施中 無料 ■数千種類の自動売買プログラムを利用できる
■ツールにはアイコンを活用し画面を見やすくしている

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
-※1 〇※2 27種類

新規開設キャンペーン

手数料 特徴
無料 ■数千種類の自動売買プログラムを利用できる
■ツールにはアイコンを活用し画面を見やすくしている

※1:スマホ向けのWEBページを用意
※2:最小取引量は5000通貨で以降は1000通貨単位で取引可能

 インヴァスト証券の提供する「シストレ24」はシストレ業界トップクラスの口座数を誇る(ミラートレーダー口座における2019年10月1日時点)。

 FX初心者でも操作しやすい画面を提供しようと、独自のツールを開発。中でも「フルオート」は自動売買プログラムを定期的に交換してくれるため、運用の手間はさらに軽減された。システムに搭載される自動売買プログラムの数も数千種類と多いため、様々な相場に応じたプログラムをチョイスすることが可能だ。

シストレ24(インヴァスト証券)がおすすめな人とは?

 シストレ24に向いている人の参考例を挙げる。

  • FX初心者でもわかりやすそうなツールで自動売買を始めたい
  • シストレ口座の多いFX会社で取引したい
  • 豊富な自動売買プログラムを取り揃える会社で始めたい

シストレ24の特徴
をさらに見る

限定特典付き
口座開設はこちら

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)

みんなのシストレ

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
27種類

キャンペーン

手数料 特徴
新規口座開設キャンペーン実施中 無料 ■トレーダーの取引に追従することも可能
■最小取引単位が1000通貨

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
27種類

新規開設キャンペーン

手数料 特徴
無料 ■トレーダーの取引に追従することも可能
■最小取引単位が1000通貨

 トレイダーズ証券が提供する「みんなのシストレ」は、自動売買プログラムに限らず、実際に取引している「トレーダー(人)」を選択できることも特徴。また、最小取引単位が1000通貨なので、少額からシストレを始めることも可能だ。

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)がおすすめな人とは?

 みんなのシストレに向いている人の参考例を挙げる。

  • トレーダーの取引に追従できる自動プログラムを使いたい人
  • 最小1000通貨の少額で始めたい人
  • スマホアプリでシストレ系を利用したい人

サービスの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)

セントラルミラートレーダー

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
-※1 〇※2 22種類

キャンペーン

手数料 特徴
新規口座開設キャンペーン実施中 無料 ■歴史あるグループのFX会社が提供するシストレ

スマホアプリ

1000通貨取引 デモ口座 通貨ペア
-※1 〇※2 22種類

新規開設キャンペーン

手数料 特徴
無料 ■歴史あるグループのFX会社が提供するシストレ

※1:スマホ向けのWEBページを用意
※2:最小取引量は5000通貨で以降は1000通貨単位で取引可能

 金融市場で100年以上の伝統をもつ「セントラル短資グループ」にあるセントラル短資FXが提供するシストレ「セントラルミラートレーダー」。ミラートレーダーは他社も利用する有名なシストレサービスだ。公式サイトにユーザーから人気の高いもしくは成績の良い自動売買プログラムを紹介している。

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)がおすすめな人とは?

 セントラルミラートレーダーに向いている人の参考例を挙げる。

  • 老舗FX会社でシストレを始めたい
  • 様々なデバイスでシストレを始めたい人

サービスの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

FX自動売買ツールの一括比較表

「自動発注・リピート系ツール」と「シストレ系ツール」の、計8種類を比較表にまとめて紹介する。

自動売買種類

サービス名
(会社名)

特徴 スマホアプリ 少額取引 デモ口座 通貨ペア 新規口座開設キャンペーン 手数料

自動発注・リピート系

トライオートFX

(インヴァスト証券)

■「自動売買セレクト」で過去実績の良い設定を選べる

■短期と長期のどちらの運用も可能

17種類 無料~片道20円(対外貨は0.2外貨)

トラリピ

(マネースクエア)

■特許取得済みのツール

■シンプルな操作性

14種類 無料

ループイフダン

(アイネット証券)

■トレンド相場も狙える

■短期運用が可能

20種類 無料

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

■取扱い通貨ペアが多い

■仕掛けた注文場所が相場にあわせて動く

24種類 片道20円or200円※1

iサイクル2取引

(外為オンライン)

■細かい設定を省略することも可能

■仕掛けた注文場所が相場にあわせて動く

6種類 片道20円

シストレ系

シストレ24

(インヴァスト証券)

■数千種類の売買プログラム搭載

■独自ツールの操作性が高い

-※2 〇※3 27種類 無料

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)

■歴史あるグループのFX会社が提供するシストレ

-※2 〇※3 22種類 無料

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

■トレーダーの取引に追従することも可能

■最小取引単位が1000通貨

27種類 無料

(横にスクロール可能)

自動売買種類

サービス名
(会社名)

特徴 スマホアプリ 少額取引 デモ口座 通貨ペア 新規口座開設キャンペーン 手数料

自動発注・リピート系

トライオートFX

(インヴァスト証券)

■「自動売買セレクト」で過去実績の良い設定を選べる

■短期と長期のどちらの運用も可能

17種類 無料~片道20円(対外貨は0.2外貨)

トラリピ

(マネースクエア)

■特許取得済みのツール

■シンプルな操作性

14種類 無料

ループイフダン

(アイネット証券)

■トレンド相場も狙える

■短期運用が可能

20種類 無料

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

■取扱い通貨ペアが多い

■仕掛けた注文場所が相場にあわせて動く

24種類 片道20円or200円※1

iサイクル2取引

(外為オンライン)

■細かい設定を省略することも可能

■仕掛けた注文場所が相場にあわせて動く

6種類 片道20円

シストレ系

シストレ24

(インヴァスト証券)

■数千種類の売買プログラム搭載

■独自ツールの操作性が高い

-※2 〇※3 27種類 無料

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)

■歴史あるグループのFX会社が提供するシストレ

-※2 〇※3 22種類 無料

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

■トレーダーの取引に追従することも可能

■最小取引単位が1000通貨

27種類 無料

※1:ブロードライトコースが片道20円

※2:スマホ向けのWEBページを用意
※3:最小取引量は5000通貨で以降は1000通貨単位で取引可能

FX自動売買を少額(1000通貨単位)で取引できる会社一覧

 FX自動売買を1000通貨単位の少額取引から始めることで、リスクを過度に取り過ぎないずスタートできる。下記では1000通貨単位で始められる自動売買FX会社を紹介する(関連記事:FX自動売買「少額運用」の落とし穴 元手数千円では始められない…他)。

サービス名(会社名)

1000通貨単位対応

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細⇒

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細⇒

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細⇒
【シストレ】

シストレ24

(インヴァスト証券)


※最低取引は
5000通貨~
詳細⇒

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)


※最低取引は
5000通貨~
詳細⇒

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細⇒

サービス名

(会社名)

1000通貨単位
対応

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細
【シストレ】
シストレ24

(インヴァスト証券)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

セントラルミラー

(セントラル短資FX)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細

【関連記事】

FX自動売買ツールのデモ口座を提供する会社の一覧

 自動売買にはデモ口座を設けている会社もあり、お試し取引が可能。取引画面の操作性や自動売買プログラムの取引を試したい、という人はデモを利用するといい(「FX自動売買のデモ口座の開設方法、取引の始め方」はこちら)。

サービス名(会社名)

デモ口座

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細⇒

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細⇒

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒
【シストレ】

シストレ24

(インヴァスト証券)


※口座開設が必要
詳細⇒

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)

詳細⇒

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細⇒

サービス名

(会社名)

1000通貨単位
対応

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細
【シストレ】
シストレ24

(インヴァスト証券)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

セントラルミラー

(セントラル短資FX)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細

FX自動売買ツールをスマホアプリで利用できる会社の一覧

 各自動売買ツールがスマホに対応しているのかも気になるところ。スマホアプリ提供の会社を下記にて紹介(「注目のFX自動売買アプリと共にスマホで自動売買を始める方法を紹介」でも解説)。

サービス名(会社名)

スマホアプリ

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細⇒

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細⇒

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒
【シストレ】

シストレ24

(インヴァスト証券)


※スマホ向けのWEBページを用意
詳細⇒

セントラルミラートレーダー

(セントラル短資FX)


※スマホ向けのWEBページを用意
詳細⇒

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細⇒

サービス名

(会社名)

1000通貨単位
対応

【発注系自動売買】

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細

トラッキングトレード

(FXブロードネット)

詳細

iサイクル2取引

(外為オンライン)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細
【シストレ】
シストレ24

(インヴァスト証券)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

セントラルミラー

(セントラル短資FX)


※最低取引は
5000通貨~

詳細

みんなのシストレ

(トレイダーズ証券)

詳細

FX自動売買の手数料は? スプレッドと利用料無料について

 FX自動売買は取引をすることによる手数料が発生するツールもある。また、手数料が「無料」でも、売値と買値の差であるスプレッドは必ず存在するので、コストは少なからず発生する。

 月額会員費や口座管理費といった「利用料」、自動売買ソフト購入費が発生する会社は、本ページでは紹介していない(参考:FX自動売買の取引コストの種類とスプレッドについて)。

FX自動売買ツールの関連記事

FX自動売買ツールの関連記事


  • トラリピバナー
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
    シストレ24
    シストレ24
    約6000種類の自動売買プログラムを利用可能。アイコンが豊富で直感的な操作から自動売買を始められる
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。