マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
FX入門ガイド> FX自動売買とは? 基本のタイプと自動売買ツールを紹介> アイネット証券の特徴は? 3つのメリットやスプレッドと共に解説

FX

アイネット証券の特徴は? 3つのメリットやスプレッドと共に解説

公開日:2018年3月12日 8:00
最終更新日:2020年7月3日

 アイネット証券は裁量取引と自動売買のどちらもできることがFX会社で、自動売買「ループイフダン」を利用できる点が特徴。本記事では、アイネット証券のメリットや特徴、スペック等を解説する。

    【目次】

  1. 1.アイネット証券とは? 3つの特徴・メリット
    1. 自動売買「ループイフダン」を利用できる
    2. 1000通貨単位の少額から始められる
    3. 「アイネットFX」は24通貨ペアで取引できる
  2. 2.アイネット証券のスプレッド
    1. アイネットFXのスプレッド
    2. ループイフダンのスプレッド
  3. 3.アイネット証券がおすすめの人はどんなタイプ?
  4. 4.アイネット証券の基本情報
    1. アイネット証券の証拠金
    2. アイネット証券の入出金
    3. アイネット証券の取引ツール・アプリ
    4. アイネット証券のデモトレード
    5. アイネット証券の最大レバレッジとロスカット
  5. 5.アイネット証券の口座を開設するまでの3STEP
  6. 6.アイネット証券の会社概要

アイネット証券とは? 3つの特徴・メリット

取扱通貨 全9通貨/24通貨ペア
取引ツール 2種類
設立年 2003年
スプレッド
スワップポイント
最低取引単位 1000通貨※1
最低証拠金(資金) 約4000円※2
デモ口座 あり

※1:アイネットFX口座は10000通貨~

※2:米ドル円の取引における最低証拠金を1ドル=100円で計算した場合

取扱通貨 全9通貨/24通貨ペア
取引ツール 2種類
設立年 2003年
スプレッド
スワップポイント
最低取引単位 1000通貨※1
最低証拠金(資金) 約4000円※2
デモ口座 あり

※1:アイネットFX口座は10000通貨~

※2:米ドル円の取引における最低証拠金を1ドル=100円で計算した場合

 アイネット証券の特徴やメリットは大きく3つ。

【アイネット証券の3つの特徴やメリット】

  • 自動売買(ループイフダン)を利用できる
  • 1000通貨単位の少額から始められる
  • 「アイネットFX」は24種類の通貨ペアで取引可能

自動売買「ループイフダン」を利用できる

 アイネット証券では、独自の自動売買サービス「ループイフダン」でFXができる。自動発注系(リピート系注文)に分類されるループイフダンは、あらかじめ設定した価格幅のとおりに注文が発注されるため、一定の幅で価格変動があるたびに繰り返し売買を行ってくれる。

 例えばループイフダンを「値幅1円ごとに買い注文を出す」という設定で稼働した場合、1ドル=100円のとき、価格が1ドル=101円になっても、1ドル=99円になっても、自動で買い注文が出される。そのとき、利益確定も自動的に「1円幅」で設定されているので、1ドル=99~101円の間を行ったり来たりしていれば、何度も「新規取引⇒決済」が行われる。

 さらに為替レートが1ドル=98円、97円…と下落しても、設定した1円の値幅ごとに新規注文と決済注文が出されるため、1ドル=97~98円で上下動をしても、同様の取引が行われる。

 設定できる幅は「1円幅」以外にも「10銭」「15銭」「25銭」「50銭」があり、細かい値幅で設定すると、収益チャンスを増やすこともできるが、多くのポジションを持つことにもなり、リスクが増える可能性もある。そのため、リスク管理がループイフダンを運用するうえでは大切になる。

 ループイフダンのさらなる詳細は別記事を参照してほしい。

サービスの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

 ループイフダンは、小さな利益をコツコツ積み上げるような運用スタイル。たとえ、数か月で1ドル=100~102円の間でしか動かない「レンジ相場」がやってきも、収益チャンスはある。もし、1ドル=100~102円のレンジ相場から1ドル=105円、110円と上昇する「トレンド相場」に移行したとしても、そのままの設定でトレンドを追いかけることも可能だ。

 しかし、逆に1ドル=95円、90円と下落トレンドに移行してしまった場合は、ポジションを多く抱え、含み損が増えていく可能性も考えられる。あらかじめ損切の設定を入れておく、もしくは1ドル=95円を割ったら稼働を止めるなどのルールを決めておくことが賢明だろう。

 また、アイネット証券では、一定の期間における設定に関し、ランキングで紹介している。どの自動売買の設定を使うか、ランキングから選択することも可能だ。稼働する前の設定項目を「取引する通貨ペア」「買い注文or売り注文を決める」、「取引数量と値幅」を決めるだけと、シンプルにしてあることも特徴だ。

 ループイフダンは注文を何度も繰り返すので、手数料が高くなりがちと思うかもしれない。しかしアイネット証券のループイフダンでは、取引手数料が無料。スプレッド(価格差による取引コスト)は存在するが、米ドル円のスプレッドは2銭である。

1000通貨単位の少額から始められる

 アイネット証券のループイフダンは1000通貨から取引が可能。1ドル=100円のときなら、レバレッジを25倍にすれば、約4000円からでも取引が可能だ。自動売買を少しの資金から始め、もし自分に合うようだったら、資金を増額するということも検討できる。

 もう1つのアイネット証券の口座である「アイネットFX」は、裁量取引専用の口座で、最小取引単位が10000通貨となっている。

「アイネットFX」は24通貨ペアで取引できる

 裁量取引がメインの「アイネットFX」では取扱通貨ペアが他の裁量FX会社に比べ、多い方だろう。取引できる通貨ペアに関しては以下のとおり。

アイネットFXの取扱通貨通貨ペア
米ドル円(USD/JPY) ユーロNZドル(EUR/NZD)
ユーロ円(EUR/JPY) ポンド米ドル(GBP/USD)
ポンド円(GBP/JPY) ポンドスイスフラン(GBP/CHF)
豪ドル円(AUD/JPY) ポンド豪ドル(GBP/AUD)
NZドル円(NZD/JPY) ポンドNZドル(GBP/NZD)
カナダ円(CAD/JPY) 豪ドル米ドル(AUD/USD)
スイスフラン円(CHF/JPY) 豪ドルスイスフラン(AUD/CHF)
ユーロ米ドル(EUR/USD) 豪ドルNZドル(AUD/NZD)
ユーロカナダドル(EUR/CAD) 米ドルスイスフラン(USD/CHF)
ユーロスイスフラン(EUR/CHF) 南アフリカランド円(ZAR/JPY)

 取扱通貨は全9通貨/24通貨ペアが用意されている。米ドルやユーロ、ポンド、豪ドルなど、主要通貨やメジャー通貨ペアのほぼ全てを取引可能。またループイフダンでの取扱通貨は下記の通り。

ループイフダン口座の取扱通貨通貨ペア
米ドル円(USD/JPY) 豪ドルスイスフラン(AUD/CHF)
ユーロ円(EUR/JPY) 豪ドルNZドル(AUD/NZD)
ポンド円(GBP/JPY) 豪ドル米ドル(AUD/USD)
豪ドル円(AUD/JPY) ユーロ豪ドル(EUR/AUD)
NZドル円(NZD/JPY) ユーロポンド(EUR/GBP)
カナダ円(CAD/JPY) ユーロ米ドル(EUR/USD)
スイスフラン円(CHF/JPY) ポンド米ドル(GBP/USD)
トルコリラ円(TRY/JPY) NZドル米ドル(NZD/USD)
メキシコペソ円(MXN/JPY) 米ドルカナダドル(USD/CAD)
南アフリカランド円(ZAR/JPY) 米ドルスイスフラン(USD/CHF)

 全10通貨/20通貨ペアで取引できる。主要通貨はもちろん、トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドといったマイナー通貨も用意されている。2018年、2019年と取扱通貨が増えており、今後さらに増加する可能性も考えられる。

アイネット証券のスプレッド

 アイネット証券には「アイネットFX」と「ループイフダン」の2種類の口座があり、それぞれスプレッドは異なる。

アイネットFXのスプレッド

通貨ペア スプレッド 通貨ペア スプレッド
米ドル円(USD/JPY) 0.7~1.0銭 豪ドルNZドル(AUD/NZD) 5.0~11.0pips
ユーロ円(EUR/JPY) 1.4~2.0銭 ユーロ米ドル(EUR/USD) 0.7~1.5pips
ポンド円(GBP/JPY) 2.0~5.2銭 ポンド米ドル(GBP/USD) 1.4~3.5pips
豪ドル円(AUD/JPY) 1.5~4.0銭 豪ドル米ドル(AUD/USD) 1.0~4.0pips
NZドル円(NZD/JPY) 2.0~6.5銭 NZドル米ドル(NZD/USD) 2.0~6.5pips
カナダ円(CAD/JPY) 2.5~5.5銭 ユーロ豪ドル(EUR/AUD) 2.5~9.0pips
スイスフラン円(CHF/JPY) 3.0~10.0銭 ユーロポンド(EUR/GBP) 2.0~4.5pips
南アフリカランド円(ZAR/JPY) 15銭 米ドルスイスフラン(USD/CHF) 2.3~9.0pips
豪ドルスイスフラン(AUD/CHF) 5.0~6.5pips ユーロスイスフラン(EUR/CHF) 2.3~12.0pips
ユーロNZドル(EUR/NZD) 6.0~13.0pips ユーロカナダドル(EUR/CAD) 4.0~8.0pips
ポンド豪ドル(GBP/AUD) 5.5~10.0pips ポンドスイスフラン(GBP/CHF) 5.5~11.0pips
ポンドNZドル(GBP/NZD) 10.0~18.0pips 米ドルカナダドル(USD/CAD) 3.0~6.5pips

※2020年7月1日に調査

ループイフダンのスプレッド

通貨ペア スプレッド 通貨ペア スプレッド
米ドル円(USD/JPY) 2.0銭 豪ドルNZドル(AUD/NZD) 6.0pips
ユーロ円(EUR/JPY) 3.0銭 ユーロ米ドル(EUR/USD) 2.0pips
ポンド円(GBP/JPY) 5.0銭 ポンド米ドル(GBP/USD) 3.0pips
豪ドル円(AUD/JPY) 4.0銭 豪ドル米ドル(AUD/USD) 4.0pips
NZドル円(NZD/JPY) 6.0銭 NZドル米ドル(NZD/USD) 6.0pips
カナダ円(CAD/JPY) 5.0銭 ユーロ豪ドル(EUR/AUD) 8.0pips
スイスフラン円(CHF/JPY) 4.0銭 ユーロポンド(EUR/GBP) 4.0pips

南アフリカランド円(ZAR/JPY) 7.0銭 米ドルスイスフラン(USD/CHF) 4.0pips
豪ドルスイスフラン(AUD/CHF) 6.0pips 米ドルカナダドル(USD/CAD) 6.0pips
メキシコペソ円(MXN/JPY) 7.0銭 トルコリラ円(TRY/JPY) 7.0銭

※2020年2月4日に調査

ループイフダンの方がスプレッドは広い

 アイネット証券の中で、裁量口座のアイネットFXと自動売買口座のループイフダンを比べると、ループイフダンの方がスプレッドは広い。

 しかし、ループイフダンは注文の発注や注文の仕掛け直し、利益確定幅の設定等をシステムの方が担当しており、その分のコストが上乗せされていると考えられる。アイネット証券に限らず、自動売買口座は多少スプレッドが広く設定されている会社も見受けられるが、自身で取引する「裁量口座」に比べ、FX会社のシステムが自動で取引する「自動売買口座」の方がサービス提供のコストはかかっているので、両口座のスプレッドを比較し、単純に良し悪しを決めることはできない。

 自身の取引スタイルに応じた口座を選ぶといい。

アイネット証券がおすすめの人はどんなタイプ?

 アイネット証券の特徴やメリットを踏まえると、アイネット証券の口座が向いている人はどんな人だろうか。下記に参考例をピックアップした。

【アイネット証券が向いている人の例】

  • 自動売買(ループイフダン)を利用したい人
  • 中長期目線のFXを検討している人

自動売買(ループイフダン)を利用したい人

 アイネット証券の自動売買「ループイフダン」は、簡単な操作性が特徴。自動売買にはいくつかタイプがあるが、ループイフダンは短期~中期的の運用が可能だろう。

 ループイフダンは発注系自動売買の1種類であり、その基本情報を知りたい人は「発注系・リピート系自動売買とは? 運用方法や失敗例を紹介」。

 自動売買は仕組みや概要をある程度把握した知ったうえで始めないと、リスク管理ができず、失敗に繋がる可能性が高くなる。左のボタンから詳細記事も参考にしてほしい。

サービスの特徴
をさらに見る

公式サイト・
口座開設はこちら

中長期目線のFXを検討している人

 アイネット証券は、例えばアイネットFXではスプレッドが業界最高水準から比べると、広めなので、スキャルピングなどの短期トレードには適さないだろう。

 1回あたりの取引コストを気にせず、利幅を大きく狙うようなスイングトレードや自動売買を活用した中長期目線のトレードが向いているともいえる。

 また、アイネット証券はアイネットFXでは24通貨ペアを取り扱っており、日本円などの低金利通貨ペアよりも、スワップポイントが高いものが中にはある。ループイフダン口座ではトルコリラやメキシコペソといった高金利通貨の取扱いもあり、ポジション保有するだけでスワップポイントを狙うことも可能だ。

 ループイフダンを活用すれば、スワップポイントを狙いながら、「買い⇒決済」の差益と2つを同時に狙うこともできるので、中長期での運用プランも検討できるだろう。

アイネット証券の基本情報

 アイネット証券でFX取引する際の基本情報を紹介しよう。

アイネット証券の証拠金

 少額から取引可能なアイネット証券で、主要通貨ペアの必要な証拠金の目安は下記のとおり(1ドル=110円、1ユーロ=120円、1ポンド=140円、1豪ドル=70円、1NZドル=70円で、レバレッジ25倍で試算)。

アイネットFX ループイフダン
米ドル円 44000円 4400円
ユーロ円 48000円 4800円
ポンド円 56000円 5600円
豪ドル円 28000円 2800円
NZドル円 28000円 2800円

通常口座 ループイフダン
米ドル円 44000円 4400円
ユーロ円 48800円 4880円
ポンド円 57800円 5780円
豪ドル円 30100円 3010円
NZドル円 29000円 2900円

 FXは証拠金=資金の管理が、長くFXの世界で生き残るための肝となる。必要証拠金はレートが変動すれば、安くなったり、高くなることもある。中長期でループイフダンの運用を検討するならば、レート次第で証拠金が変動する可能性があることは頭に入れておこう。証拠金を気にせず、余裕を持った資金をもとに、運用プランを組み立てるようにしたい。

アイネット証券の入出金

 アイネット証券の入金方法と出金方法について解説する。

アイネット証券の入金方法

クイック入金 マッチング入金
入金方法 提携銀行から ATM・金融機関の窓口から
口座反映のタイミング 即時 着金を確認後に反映
対応時間 24時間 ATM・金融機関の利用可能時間による
振込手数料 無料 所定の振込手数料が発生

クイック入金 マッチング入金
入金方法 提携銀行から ATM・金融機関の窓口から
口座反映のタイミング 即時 着金を確認後に反映
対応時間 24時間 ATM・金融機関の利用可能時間による
振込手数料 無料 所定の振込手数料が発生

 アイネット証券への入金方法は、「クイック入金」「マッチング入金」の2種類から選べる。基本的には、24時間いつでも無料で入金できるクイック入金がおすすめだ。なおクイック入金できる提携銀行は、下記の12行だ。

【クイック入金可能な銀行】

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBI銀行
  • 近畿大阪銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行

 提携先の金融機関に口座を持っていない場合、マッチング入金を選択しよう。ただし所定の振り込み手数料がかかる上に、即時口座へは反映されないので注意が必要だ。アイネット証券を長く利用するなら、提携銀行への口座開設を検討したい。

アイネット証券の出金方法

アイネット証券で発生した収益を出金する方法は、下記5STEPだ。

【出金方法の5STEP】
メインメニューの設定画面から、「金融機関情報登録変更」を選択

「ご出金先金融機関情報の入力」を選択し、必要事項を入力して登録
メインメニューの「設定」から、「出金依頼登録」を選択
出金したい金額を入力するか、全額出金にチェックを入れて、「登録」をクリック
内容に問題ないか確認し、再度「登録」をクリックすれば完了

 なお出金依頼の受付は、毎営業日の17時まで。依頼分は出金先金融機関の翌営業日に、出金手数料はかからず振り込まれる。

アイネット証券の取引ツール・アプリ

 アイネット証券には、「i-NET TRADER」という取引ツールソフトを無料でPCにダウンロードして使用することができる(MacとWindowsのどちらにも対応)。また、WEBブラウザ版なら、PCにソフトをダウンロードせずとも、取引ツールを活用できる。

 アイネット証券の取引ツールは、チャートとプライスボードが見やすい。ダウンロード版のソフトはMacに対応している口座が少ないが、アイネット証券のツールは対応しているため、その点は魅力といえる。

 なおスマホ・タブレット向けの取引アプリも無料でインストール可能。プライスボードやニュースをチェックでき、いつどこでもFX取引ができる。

アイネット証券のデモトレード

 アイネット証券は「アイネットFX」と「ループイフダン」の両方の口座で、デモ取引口座を用意。無料で開設できるので、本番で取引する前の練習に活用できる。FX未経験の人はバーチャル資金の300万円を元手にどのような取引がされるのか、どれくらいの損を抱えたり、どれくらいの利益を狙えるのか、などを見ておくといい。

 FXは大金を得る可能性もあるが、大きな損失を被るリスクも孕んでいるため、不安な人はデモトレードを積極的に活用してみては。

アイネット証券の最大レバレッジとロスカット

 アイネット証券の最大レバレッジは個人口座の場合は25倍だ。少額で大金を動かせるのがレバレッジの魅力だが、活用方法を知らないとリスクが大きくなる。特に25倍ものレバレッジで取引することは、強制ロスカットの危険性も高まる。

 なおアイネットFXの口座では毎営業日の5:45~7:00の間に、有効証拠金が必要証拠金を上回っているか判定される。判定時点で有効証拠金が必要証拠金を下回っている場合、保有中の全未決済ポジションが成行注文で強制決済される。また予約注文も全てキャンセルされる(コースによって変動あり)。

 またループイフダン口座では、有効証拠金が取引証拠金の100%を割ると自動的にロスカットとなる。

アイネット証券の口座を開設するまでの3STEP

 アイネット証券には下記3つの手順で口座開設可能だ。

【口座開設手順】
公式サイトから申込み
本人確認
審査が終われば、口座開設完了

STEP1:公式サイトから申込み

 まずはアイネット証券の下記ボタンから公式サイトにアクセスし、「口座開設ボタン」を押す。口座開設ページへ移動するので、必要事項を入力。入力項目は氏名や住所、勤務会社、金融機関、電話番号など、個人に関する情報である。なおPCのメールアドレスが必要となるので、PCアドレスがない人は、事前にGmailやYahoo!メールなどの取得を行うといい。口座は本人名義でしか開設できない。

STEP2:本人確認

 口座開設にあたって本人確認が必要なので、下記書類のいずれかを提出する。

【本人確認資料】

  • マイナンバーカードの表面・裏面のコピー
  • 通知カードのコピー+顔写真付きの本人確認書類のコピー1点(運転免許証、運転経歴証明書、日本国パスポート、在留カード・特別永住者証明書、住民基本台帳カード)
  • 通知カードのコピー+顔写真なしの本人確認書類コピー2点(カード型健康保険証、紙型健康保険証、各種年金手帳、印鑑証明書、住民票の写し)

 提出方法はWEBへのアップロード、メール、郵便から選択できる。

STEP3:審査が終われば、口座開設完了

 必要事項の入力と本人確認書類の提出が終われば、審査に入る。最短2営業日で審査が完了する。なお審査が終わると、「口座開設完了のご案内」と「IDやパスワードに関する書類」が郵送される。

 書類に記載のIDとパスワードをもとにログインし、入金を行い、口座に資金が反映されれば、取引可能となる。

アイネット証券の会社概要

 アイネット証券のサポート窓口への電話番号やサポート時間も紹介する。

会社名

株式会社アイネット証券

本店所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内
登録番号

金融商品 取引業者登録 関東財務局長(金商)第11号

設立 2003年
サポート窓口電話番号

0120-916-707

サポート時間

月曜~金曜 9:00~17:00

まとめ

 アイネット証券には2つの口座があり、裁量取引の「アイネットFX」と自動売買の「ループイフダン」どちらで使用するかは、自身の取引スタイルから判断するといい。自動売買は裁量取引ほど取引テクニックやメンタルコントロールを要求されず、また操作性も簡単なことから、FX初心者でも始めやすいだろう。しかし、自動売買だからリスクが低くなるわけではないので、自動売買の仕組みを理解しておきたい。

 スプレッドが他社より広い通貨ペアもあるため、スキャルピングといった短期トレードはアイネット証券では適さなきかもしれないが、自動売買や裁量口座の活用方法はあるだろう。

  • トラッキングトレード
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
    シストレ24
    シストレ24
    約6000種類の自動売買プログラムを利用可能。アイコンが豊富で直感的な操作から自動売買を始められる
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。