マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
FX運用ガイド> FX自動売買・シストレの解説> シストレFX 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力は本物か?

FX

シストレFX 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力は本物か?

公開日:2017年6月13日 10:00
最終更新日:2018年9月20日

 5万円がFXで1か月後に13万円になった(8万円稼いだ)。その方法は自分で取引するFXではなく、FX会社提供の売買プログラムに取引をすべて任せる「FXシストレ」

 手間なく少額で稼いだシストレの実績と共に、シストレの基礎知識を見ていこう。

    【目次】

  1. 1.FXシストレで5万円を1か月で13万円に
  2. 2.シストレとは
    1. ◆シストレのメリットは大きく2つ
    2. ◆シストレ?自動売買?いろいろな呼び方
  3. 3.FXシストレはココを見逃すと大変!
  4. 4.シストレのロジック
  5. 5.シストレを始めるまでの手順

FXシストレで5万円を1か月で13万円に

 FXシストレで実際にどうすれば5万円を13万円に増やしたのか、やり方を見ていこう。

少額資金で取引してくれる売買プログラムを選ぶ

sistre-small-funds

 画面はインヴァスト証券の「シストレ24」というシストレサービス。期間を設定して、少額資金で取引してくれる売買プログラムを稼働させれば、自動で取引してくれる。

 2017年6月時点で、1か月で5万円を8万円にした売買プログラムは「zhonghua (EURGBP)」。

22回自動で取引し、19勝3敗の好成績

sistre-small-funds2

 「zhonghua」は1か月で22回取引してくれ、19勝3敗の好成績。3敗の合計負け額は3000円

シストレとは

プログラムが自動で取引

プログラムが自動で取引

 シストレ(システムトレード)は、買い・売りといった取引を「売買プログラム(ストラテジーとも呼ばれる)」にお任せできる。

 シストレの「売買プログラム(ストラテジー)」は「プロのFXトレーダー」が作っているため、「FX未経験者向け」のサービスに適していると言われる。

シストレのメリットは大きく2つ

 シストレのメリットは「手間なく始められる」「心理的負担が減少」の2つ。

  • (1)始めるまでの面倒が少ない
  •  シストレでFXを始めるまでにユーザーがやることは1つ。プロ作成の売買プログラムを「選ぶ」だけ。あとはプログラムが自動で取引してくれる。

     システムの利用料は無料で、「口座開設後に高額な取引ソフトを購入する」などの心配もない

  • (2)取引の心理的負担を抑えられる
  •  売買プログラムに取引を任せるため、心理的負担も少ないことも大きなメリット。「FXが怖くて取引できなかった」という未経験者にはシストレが心強いだろう。

     FXで大損する、といった話の多くの原因はメンタル。買ってはいけないのに欲望に負けて、買ってしまった……、損切りしなくてはいけないのにできなかった、というのはよく聞く話。買うとき、損を確定して一時的に撤退しなくてはいけないとき、の判断・実行をシストレに任せることができる。

    シストレ?自動売買?いろいろな呼び方

     シストレは「システムに取引を任せる運用手法」のことを指し、MT4などの自作売買プログラムを稼働させるサービスも「シストレ」と呼ぶ。しかし、本記事での「シストレ」は「FX会社が無料提供する売買プログラムを利用して取引するFX」とする

     シストレは自動売買(発注系)と同様のグループで表現されるケースもあるが、混同しないようにしてほしい。

     シストレがどのような取引をするのかは、ロジックによる。ここではシストレのロジックについて見ていこう。

    FXシストレはココを見逃すと大変!

     FXのシストレで成功するためにはここを見逃してはいけない、という点を紹介する。

    1つの売買プログラムが長期的に勝つことは難しい

    sistre-small-funds3

     さきほどの「zhonghua」は、7年間稼働させていたら、マイナスになっていた。しかし1か月の成績を見れば、かなり好成績であった。

     このようにシストレの成功の秘訣は「調子のいいときだけ稼働させる」ことなのだ。 

    稼ぎたいなら売買プログラムを複数使いこなす「良き監督」であれ

     シストレのストラテジーは、サッカーのプレイヤーに例えることもできる。

     今までの一般的なFXはユーザーがプレイヤーとして、「売り」「買い」をしていたが、シストレにおいて、自身は「監督」の立場として、プレイヤー(ストラテジー)を選ぶことによって、FXをスタートできる。

    sistre-method-2

    ストラテジーを作る人たち

    元ファンドマネージャーなど凄腕がストラテジーを作成

    元ファンドマネージャーなど凄腕がストラテジーを作成

     ストラテジーは世界中の「専業トレーダー」や「元ファンドマネージャー」など、FXに精通している人たちが作る。為替相場で勝つためのルールを研究し、その英知が詰まっている。

     ストラテジーは、世界各地の有名リーグに属するサッカー選手とも考えられるため、サッカーの例えがよく使われるのだ。

     ストラテジーは、イギリスやロシア、アメリカなど、さまざまな国からFX会社が収集。ユーザーの役割は「監督(manager)」という立場が近い。ちなみに日本の“選手”も多く活躍している。

    良き監督になる方法は定期的にストラテジーを入れ替える

    ストラテジーをうまく入れ替えられれば、上記のように3か月50万円の利益を残すことも

     上図は売買プログラムを自動で入れ替えるシストレ24「フルオート」の収益ランキング。3か月で、50万円近くの利益を残したものも多数。

     相場状況は頻繁に変化するため、それに対応するのは1週間程度でストラテジーの見直しを検討する必要がある。初めてのシストレなら、「フルオート」のような機能を使うのも手。

    シストレのロジック

     シストレはあらかじめ決められた売買ルール(ロジック)に従い、取引を行う。「シストレ24」や「セントラルミラートレーダー」といったミラートレーダー系のシストレはロジックを詳しく公開していない。

     取引の実績から得意な相場、取引のクセを確認し、ストラテジーの性格を把握する。

    シストレのロジックの確認方法

     シストレのロジックについては、取引画面からストラテジーの詳細を見ると、わかりやすい。

  • (例)シストレ24の場合
  •  シストレ24の場合は「独自アイコン」がストラテジーの特徴を教えてくれる。アイコンをいくつかピックアップする。

    ■連勝更新中

    現状の連勝数が、年間の最大連勝数を超えた場合につくアイコン。

    ■最近絶好調

    30日間の累積利益が20000円を超えた場合につくアイコン。

    ■コツコツ稼ぐ

    小さい利益をコツコツ稼ごうとするストラテジーにつくアイコン。

    ■一発が大きい

    取引回数を少なくして、1回に獲得する利益を大きくする。

    ■人気上昇中

    最近人気が高まり、選ぶ人も多くなったストラテジーにつくアイコン。

    ■連勝更新中

    現状の連勝数が、年間の最大連勝数を超えた場合につくアイコン。

    ■最近絶好調

    30日間の累積利益が20000円を超えた場合につくアイコン。

    ■コツコツ稼ぐ

    小さい利益をコツコツ稼ごうとするストラテジーにつくアイコン。

    ■一発が大きい

    取引回数を少なくして、1回に獲得する利益を大きくする。

    ■人気上昇中

    最近人気が高まり、選ぶ人も多くなったストラテジーにつくアイコン。

  • (例)セントラルミラートレーダーの場合
  •  セントラルミラートレーダーは、ストラテジーの詳細画面に、特徴が記されている。

    (セントラルミラートレーダーの取引画面より)

    (セントラルミラートレーダーの取引画面より)

    シストレと自動売買(発注系)のロジックは異なる

     シストレと自動売買(発注系)のどちらでも、ロジックという言葉を使うが、意味は異なる。

    ■シストレのロジック:ストラテジーがどのような取引をするか
    ■自動売買(発注系)のロジック:自身が注文をどのように仕掛けるか

     シストレのロジックは、ストラテジーの売買ルールのことを指し、自動売買(発注系)は、「どこに注文を仕掛けるのか」という売買ロジックを自分で考える。ストラテジーはFX会社が用意してくれるので、ロジックを自分で考える手間はない。

     自動売買(発注系)は自分でロジックを考えなくてはいけない面倒があるものの、自由度は高い。

     シストレを始めるまでの手順と方法を紹介する。

    シストレを始めるまでの手順

    (シストレ24の取引画面)

  • (1)取引画面にログイン
  • (2)ストラテジーの一覧から稼働したいものを選ぶ
  • (3)ストラテジーの取引額を調整
  • (4)稼働のボタンを押せば完了
  • ストラテジーの選び方(参考)

     参考までにストラテジーを選び方を一部紹介する。ストラテジーを絞り込む際は、実績だけではなく、下記点にも注目してほしい。

    ■稼働開始から1年以上経過している
    ■直近2週間の成績がよく、3~6か月の収益グラフを見ても、安定した利益を稼いでいたストラテジー
    ■1回の損が500pips以上のストラテジーは避ける
    ■最近連敗が続いているものは避ける
    ■最近最大ドローダウン(損)を更新したストラテジーは避ける

    最初の慣れないうちは、取引額を少なめに

     始めたばかりの時期は、取引額を少なめに。1000通貨台で始めるくらいがちょうどいいかもしれない。シストレは1000通貨単位でも予想以上の損益となるので、裁量FXと同じ感覚で10000通貨、20000通貨と取引額をあげないほうがいい。

    不調の兆候を見落とさないように

     シストレは相場状況に応じて、ストラテジーを適宜入れ替える必要がある。1つのストラテジーがずっと調子よく勝てるということはほとんどない。不調のサインは見逃さないようにしたい。

     稼働させているストラテジーが、「最大ドローダウンを更新」「3連敗⇒1勝⇒3連敗など連敗が度々ある」といった現象が表れたら、ストラテジーは一旦ストップさせてもいいかもしれない。ストラテジーが今の相場を得意としていない可能性がある。

     1週間に1回(週末など)に5分程度状況を確認する、ということを続けると、不調のサインも見逃さないだろう。慣れてくれば、好不調を見るだけではなく、○○相場のときにシストレは勝ちやすい、など大雑把に勝ち・負けの傾向をつかめるようになる。

    ストラテジーを自動で入れ替えてくれるサービスも検討

     インヴァスト証券が提供する「シストレ24」では、「フルオート」というストラテジーを定期的に入れ替えてくれるサービスがある。フルオートは入れ替える条件を入力するだけ。入力条件はデフォルトでいくつか用意されており、また自分で自由に調整することも可能だ。

    ■シストレ24フルオートをサラリーマントレーダーが実績・失敗談と共に紹介



    【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

    【コツコツFXの元祖】
    マネースクエア「トラリピ」

    「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

    「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

  • シストレi-NET
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。