マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
ヒロセ通商
FX入門ガイド> FX自動売買とは? 基本のタイプと自動売買ツールを紹介> FXシストレとは? シストレ運用のコツや損するケースを紹介

FX

FXシストレとは? シストレ運用のコツや損するケースを紹介

公開日:2018年3月11日 20:00
最終更新日:2020年4月8日

 FX自動売買ツールのひとつである「FXシストレ」。本記事ではシストレに関する基本的な情報から運用に関する参考情報を紹介する。

    【目次】

  1. 1.FXシストレの基本情報
  2. 2.FXシストレ系の運用のコツ
  3. 3.FXシストレで損するケース
  4. 4.FXシストレのロジック
  5. 5.FXシストレを始めるまでの手順
  6. 6.FXシストレを少額で稼働させる方法

FXシストレの基本情報

「シストレ」は売買プログラムのルールに基づき取引が行われる
「シストレ」は売買プログラムのルールに基づき取引が行われる(イメージ)

「FXシストレ」はFX会社提供の売買プログラムに取引を任せる自動売買

 近年は「裁量FXトレーダーの取引を追う“フォロートレード”」のサービスもリリースされた。

 売買プログラムが「自動で取引」をしてくれるので、ユーザーのやることはどの売買プログラムに取引してもらうかを決めることがメインとなる。取引実績や詳細画面の情報をもとに、この売買プログラムは「トレンドに強い」「損小利大」などの特徴を判断する。

 本サイトでの「シストレ」は「FX会社が無料提供する売買プログラム・フォロワーを利用して取引するFX」とする。シストレは自動売買というカテゴリーに含まれるが、自動発注系のサービスとは異なる点がある。自動発注系もシストレと表現することも見受けられるが、運用方法が異なるため、混同しないようにしたい

売買プログラムとは?

 売買プログラムとは、テクニカル分析などに基づき、「買い」や「売り」の指令を出すもの。売買プログラムは世界中の「専業FXトレーダー」や「元ファンドマネージャー」など、FXに精通している人たちが作ることも多い。

 売買プログラムはFX会社のシストレサービスによっては呼び方が異なり、「ストラテジー」「プログラム」などさまざま。

 また、売買プログラムがどのように売買の指令を出すのか、詳細は見られないことがほとんどである。そのため、売買プログラムの特徴は過去の取引実績から判断する。

シストレのメリットは大きく2つ

 シストレのメリットは「手間なく始められる」「心理的負担が減少」の2つ。

(1)始めるまでの面倒が少ない

 FX会社のHPから自身の取引管理画面にログインし、どの売買プログラムを稼働させるかを「選ぶ」ことで、運用をスタートできる。「始めるまでにどのような取引を行うか設定する」という手間はない。また基本的にはシストレサービスの利用料は無料で、「口座開設後に高額な取引ソフトを購入する」という心配はない(取引コストはスプレッドから徴収されることが多い)。

(2)取引の心理的負担を軽減できる

 売買プログラムに取引を任せるため、いつ売買注文を出せばよいか、いつ決済すればよいかという判断に関する心理的負担を軽減できる。買ってはいけないのに欲望に負けて、買ってしまった……、損切りしなくてはいけないのにできなかった、ということによる失敗を避けることができる。

FXシストレ系の運用のコツ

 シストレ系FXのコツをまとめたので、運用の参考にしてほしい。

最初は1~2本のプログラムでOK、5~6本の稼働はNG

多くの売買プログラムを稼働させても管理できない
多くの売買プログラムを稼働させても管理できない

 たくさんの利益を狙いたいからと5~6本の売買プログラムを一度に稼働させても、うまく管理できなければ、損失リスクを高めることに繋がる。

 シストレに慣れていない人は複数の売買プログラムを稼働させても、「何が原因で利益を出している・損を被っている」という検証は難しいだろう。運用開始して間もない頃は1~2本と少ない本数で稼働させることがよいだろう。

最大リスクを確認

 最大リスクとは過去の一定期間中の最大損失額(最大ドローダウンともいう)。FX会社によって呼び方が異なる可能性はあるが、最大ドローダウンは基本的に見られるようになっている。売買プログラム一覧にパーセンテージなどでリスクの指標となる数値が表示されているので、それらの数値が大きすぎないものを参考にしたい。

 しかし、これらのリスクに関する指標は、過去の取引実績から算出された数値なので、将来も同程度のリスク範囲に収まるとは限らないことは念頭に置いておこう。

売買プログラムの選び方(参考)

 参考までに売買プログラムやフォロワーの選び方を一部紹介する。プログラムを絞り込む際は、実績だけではなく、下記点にも注目したい。

  • ■稼働開始から1年以上経過している
  • ■直近2週間の成績がよく、3~6か月の収益グラフを見ても、安定した利益を積み上げていた
  • ■1回の損が500pips以上のプログラムは避ける
  • ■最近連敗が続いているプログラムは避ける
  • ■直近で最大ドローダウン(損)を更新したプログラムは避ける

 他にも取引のタイプ(コツコツ派、1発が大きい派など)や通貨ペアをもとに絞り込む方法もあり、こうした「売買プログラムの選定基準」を自身でも作りながら、売買プログラムの最高の組み合わせ方を探してみるといい。

FXシストレで損するケース

 シストレで損するケースは一般的なFX(裁量FX)とは異なる。シストレで失敗した例を参考までにピックアップする。

(失敗例1)たくさん売買プログラムを稼働させすぎて大損

  • 儲けている売買プログラムを複数稼働させたら、それくらい多く儲けられると思ったが、違った

    売買プログラムが取引を始めないから、という理由でたくさん稼働させてしまった

  •  
     売買プログラムをたくさん稼働させると、売買プログラムの管理が難しくなる。売買プログラムは定期的に成績をチェックし、「稼いでいるときはそのまま稼働させる」「損が続くときは相場にあっていないということで稼働の停止を検討する」などを行う必要がある。

     多くの売買プログラムを稼働させると、こうしたメンテナンスが難しくなる。

    (失敗例2)1つの売買プログラムを稼働させて放置

     シストレは運用をスタートさせたら、ずっとほったらかしでOKというわけでもない。例えば1つの売買プログラムに任せっきりでは失敗に繋がりやすいだろう。

    FXシストレ_大損_ほったらかしイメージ
    6か月の成績は上々

     上記は6か月間の売買プログラムの成績。成績は右肩上がりで好調に思えるが、下記12か月の成績を見てほしい。

    FXシストレ_大損_ほったらかしイメージ2
    12か月で見ると、損している時期の方が長い

     過去の成績が好調だから将来も良い成績を残せる、ということでもない。長期間ずっと調子のいい売買プログラムはごく稀だろう。シストレは相場の状況に応じて、今の相場に合う売買プログラムを稼働させることが重要となる。

    (失敗例3)一撃で大きく勝つことに賭けて、取引額を大きくする

  • 100万円儲けている売買プログラムがあったので、デフォルトの倍の20000通貨で設定して稼働させたが、損する額も多くなり、止めた

    ポンド関連で複数の売買プログラムの「チーム」を作ったが、強制ロスカットになった。そのあと儲けていたけど……

  •  
     シストレは取引額を大きくすれば、狙える利益は大きくなるが、それに応じて損失額も高くなる。

     また、シストレのリスクとリターンのバランスは、売買プログラムのポジション量とも関連している。売買プログラムごとに保有する最大ポジション量は異なり、例えば

    ・プログラムA(最大ポジション数:4)
    ・プログラムB(最大ポジション数:2)
    ・プログラムC(最大ポジション数:1)

    を同時に稼働させると、最大で7つのポジションを保有する可能性があるということ。

     デフォルトの取引額の設定(例えば10000通貨)で稼働させた場合でも、最大ポジション数が7ともなれば、最大70000通貨のポジションを保有する可能性があるのだ。取引額を10000通貨から倍にすれば最大14万通貨を保有する可能性があり、1ドル=100円のとき、レバレッジ5倍ほどで取引するなら、280万円ほどの資金が必要となる(レバレッジ上限ギリギリの20倍でも70万円ほどの資金が必要)。

     こうした資金管理がシストレでは求められる。

    損を少なくするための対策

     シストレの損は「稼げる売買プログラムを選べなかった」という原因以外にも、リスクを取り過ぎることが損に繋がるということがわかっただろう。

    最初の稼働は売買プログラム1本から 売買プログラムの稼働は1本から始めてみる。取引を始めない、多く稼働させたほうがリスクヘッジになるのでは?という悩みから複数稼働させる人もいるが、売買プログラムを管理できなくなり損する可能性があるなら、1本から始めることを検討したい。シストレに慣れてから、売買プログラムの稼働本数を増やすこともできる。
    取引額はデフォルトもしくはその半分以下 取引額はデフォルトもしくはその半分から始める。売買プログラムの中には最大で4個のポジションを保有する可能性があり、慣れるまでは少ない取引額で始めることを検討したい。

    FXシストレのロジック

     シストレはあらかじめ決められた売買ルール(ロジック)に従い、取引を行う。シストレ系のFXは基本的にロジックを詳しく公開していないため、取引の実績から得意な相場、取引のクセを確認し、ストラテジーの性格を把握する

    シストレのロジックを確認する方法

     売買プログラムのロジックの詳細はわからないものの、アイコンや売買プログラム詳細画面で、取引の特徴を見ることは可能。

     シストレ24の場合は「独自アイコン」が売買プログラム(ストラテジー)の特徴を教えてくれる。アイコンはストラテジーの一覧にもわかりやすく掲載されている。ここではいくつか代表的なアイコンをピックアップする。

    連勝更新中

    シストレ24_連勝更新中アイコン

    現状の連勝数が、年間の最大連勝数を超えた場合につくアイコン。

    最近絶好調

    シストレ24_最近絶好調アイコン

    直近1か月で決済が5件以上で、直近の取引が過去30日間の取引利益のピークにある状態。

    コツコツ稼ぐ

    シストレ24_コツコツ稼ぐアイコン

    小さい利益をコツコツ稼ごうとするストラテジーにつくアイコン。

    一発が大きい

    シストレ24_一発が大きいアイコン

    取引回数を少なくして、1回に獲得する利益を大きくする。

    人気上昇中

    シストレ24_人気上昇中アイコン

    最近人気が高まり、選ぶ人も多くなったストラテジーにつくアイコン。


     セントラルミラートレーダーは、ストラテジーの詳細画面に、特徴が記されている。

    セントラルミラートレーダー_ロジック詳細

    セントラルミラートレーダー_ロジック詳細2


    みんなのシストレ_ロジック詳細
    みんなのシストレ_ロジック詳細2

    シストレと自動発注系のロジックは異なる

     シストレと自動発注系のどちらでも、ロジックという言葉を使うが、意味は異なる。

    • ■シストレのロジック:売買プログラムがどのような取引をするか
    • ■自動発注系のロジック:どのような価格帯で何本注文を設置するか

     シストレはFX会社が売買プログラムを用意するので、自分でロジックを考える手間はないが、自動発注系のように明確にロジックを把握できない。

    FXシストレを始めるまでの手順

    FXシストレを始めるまでの手順
    (シストレ24の取引画面)
    • (1)取引画面にログイン
    • (2)売買プログラムの一覧から稼働したいものを選ぶ
    • (3)売買プログラムの取引額を調整
    • (4)稼働のボタンを押せば完了

    FXシストレを少額で稼働させる方法

     シストレを少額で稼働させるためには、取引画面から「取引額」を変更する必要がある。各サービスごとのやり方は下記を参考に。

    シストレ24を少額で稼働させる方法

     シストレ24を少額で稼働させる方法は下記タブをクリックして、詳細を確認(セントラルミラートレーダーは同様のシステムのため、シストレ24のやり方を参考に)。

    (1)売買プログラムを稼働させるための資金を確認

    シストレ24を少額で稼働させる方法-step1
    (クリックすると、画像は拡大)

    「ストラテジーで検索」のタブをクリックし、「推奨証拠金」の欄を確認。
    ※推奨証拠金とは、FXの取引画面に一般的に掲載される最低限必要な資金(必要証拠金)よりも余裕を持たせた資金。必要証拠金に対して、期間中の最大の損失を加えている。この推奨証拠金を参考に運用資金を準備する人が多い。

    (2)昇順で少ない資金で稼働できる売買プログラムを確認

    シストレ24を少額で稼働させる方法-step2
    (クリックすると、画像は拡大)

     昇順にすれば、少ない推奨証拠金順に並ぶ。

    (3)稼働ボタンをクリック

    シストレ24を少額で稼働させる方法-step3
    (クリックすると、画像は拡大)

     黄色の稼働ボタンをクリックすれば、取引単位を設定できる欄が表示される。稼働ボタンをクリックしても、すぐに稼働することはない。

    (4)最少取引単位の5000通貨に変更

    シストレ24を少額で稼働させる方法-step4
    (クリックすると、画像は拡大)

     最初は「10k(10000通貨)」で設定されているので、最少取引単位の「5k(5000通貨)」に変更すれば少額で取引することも可能になる。

    シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法

     シストレ24には、「フルオート」という売買プログラムをもルール通りにピックアップしてくれるツールを搭載。売買プログラムは好不調があり、好調のものを入れ・不調のものは外すという作業を「フルオート」が自動で対応する。

     シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法は下記タブをクリックして、詳細を確認。

    (1)フルオートのタブを選び、右上のフルオート設定をクリック<

    シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法-step1
    (クリックすると、画像は拡大)

     設定画面で少額稼働の設定をする。

    (2)「運用資金」のツマミを左に動かす

    シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法-step2
    (クリックすると、画像は拡大)

     「運用資金」は最大で15万円まで下げられるので、ツマミを左に最大まで動かす。

    (3)設定画面下部の「詳細設定」をクリック

    シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法-step3
    (クリックすると、画像は拡大)

     画面下部に「詳細設定」という項目があり、クリックすると、さらに設定項目が表示される。

    (4)「推奨証拠金」の欄の右側に運用資金の目安を入力

    シストレ24「フルオート」を少額で稼働させる方法-step4
    (クリックすると、画像は拡大)

     「推奨証拠金」の欄の右側に運用資金の目安を入力すれば、それに合わせたストラテジーを選択する「フルオート」設定が可能になる。

    みんなのシストレを少額で稼働させる方法

     みんなのシストレを少額で稼働させる方法は下記タブをクリックして、詳細を確認。

    (1)「シストレ」のタブをクリックし、「詳細検索」をクリックする

    みんなのシストレの少額稼働方法-step1
    (クリックすると、画像は拡大)

    「シストレ」のタブから、右下にある「詳細検索」をクリックすると、売買プログラムの一覧をソートできる。

    (2)推奨証拠金の右側の欄に運用資金の目安を入力

    みんなのシストレの少額稼働方法-step2
    (クリックすると、画像は拡大)

     詳細検索の下の方に「推奨証拠金」の欄があるので、右側のフォームに運用資金の目安を入力。これで「検索ボタン」を押すと、その資金に合わせた売買プログラムが表示される。

    FX自動売買ツールの関連記事

    FX自動売買ツールの関連記事


  • トラリピバナー
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
    シストレ24
    シストレ24
    約6000種類の自動売買プログラムを利用可能。アイコンが豊富で直感的な操作から自動売買を始められる
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。