マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
FX運用ガイド> FX自動売買・シストレの解説> 自動売買ツールを取引タイプ別に比較

FX

自動売買ツールを取引タイプ別に比較

公開日:2018年4月1日 12:00
最終更新日:2018年9月21日

 自動売買ツールを取引タイプ別に比較する。取引タイプについては、「自動売買とは?」の記事を参考に。

中長期運用の「ボックス戦略」

「ボックス戦略」に向くFX会社を比べる

ボックス戦略向きFX会社

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

ボックス戦略
向きFX会社

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

「ボックス戦略」のメリット

 ボックス戦略のメリットをまとめると、下記3点。

FXの知識・経験を深く必要としない 幅広く一方向に「買い」「売り」を仕掛ける戦略なので、直近の相場がどう動くかは全く考える必要がない。
FXのために時間を割かなくていい ボックス戦略は最初の設定が完了し、運用がスタートすれば、基本的にすることはない。為替レートを確認したり、為替相場の分析をする必要なし。ボックスの縦の幅(為替変動幅)を5~10年分のデータに基づきをもとに設定すれば、数年間なにもしなくていい。
為替相場が「動くだけ」で、利益を狙える 為替レートが何円になろうとも、為替相場が動けば、仕掛けておいた注文が自動で取引される。

「ボックス戦略」の注意点

 ボックス戦略を実践する上で、下記2点には注意してほしい。

利益が溜まるには時間がかかる ボックス戦略はリスクを抑えるため、時間をかけて、負けないFXを実践する。短期的には含み損を抱えることもあるが、長い目でコツコツ利益が溜まるようにする戦略。
資金を多めに用意する必要がある ボックスの縦幅(為替変動幅)を長くとることで、長期的に負けないFXを実現するが、幅広く注文を仕掛けるためには、多くの資金が必要となる。また、含み損にも耐えられるようにしなければいけない。

短期取引にも対応「ボックスコア戦略」

「ボックスコア戦略」に向くFX会社を比べる

ボックスコア戦略向きFX会社

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細⇒

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細⇒

トラリピ

(マネースクエア)

詳細⇒

iサイクル注文

(外為オンライン)

詳細⇒

ボックスコア
向きFX会社

ループイフダン

(アイネット証券)

詳細

トライオートFX

(インヴァスト証券)

詳細

トラリピ

(マネースクエア)

詳細

iサイクル注文

(外為オンライン)

詳細

「ボックスコア戦略」のメリット

短期の収益性がUP 横幅(時間軸)や縦幅(為替変動幅)を限定させれば、仕掛ける注文数を増やしたり、1本あたりの注文にかけられる通貨量を増やすこともできる。ボックス戦略では1回1000円程度の利益だったのが、ボックスコア戦略なら1回あたり1万円にすることも。
トレンド相場での利益向上 ボックス戦略では上昇・下落のトレンドは気にせず「50銭おき」など間隔をあけて注文を仕掛けるが、ボックスコア戦略では間隔をあまりあけず「20銭おき」など注文幅を狭めれば、ボックス戦略より効率的に利益を狙える。注文幅を狭くした場合、上昇トレンドの相場で発生する小さな下落後の上昇でも利益が獲れるようになるので、狙える利益も増えるのだ。

「ボックスコア戦略」の注意点

 ボックスコア戦略は、ボックス戦略よりもFXの能力が求められるため、下記注意点はしっかり確認してほしい。

定期的に相場と設定がマッチしているか確認 今の相場に合っている設定なのか、設定を1週間ごとなど、定期的に確認し、調整する必要がある。
メンタルコントロールも必要 自分で取引しないので、一般的なFXよりメンタルへの負荷はかからないが、メンタルコントロールもときには必要。たとえば、上昇トレンドに乗れて、買い注文を置く戦略が通用していたが、上昇トレンドは終了し、下落トレンドに転じたというときに、「買い注文を放置するのか」「損切りしてやり直すか」「資金を追加するか」など、さまざまな局面で判断を求められる。

【コツコツFXの元祖】マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

【コツコツFXの元祖】
マネースクエア「トラリピ」

「トラリピ」はコツコツFXの先駆け。「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発された。

「忙しいサラリーマンに最適なFX」「上がる・下がるの予想は必要ない」「相場が乱高下すればするほど、稼ぎやすくなる」など、トラリピは今までのFXとは一線を画す特徴を備え、人気を集めている。

FX会社アクセスランキング
シストレ24口座数

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

FXプライム高金利通貨

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

シストレ24口座数

「シストレ24」は国内の同業者中口座数トップ。搭載されている自動売買プログラムの数も世界NO.1。シストレ黎明期より自社開発を重ねたことで、システムの操作性は高く、サービスも充実している。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

FXプライム高金利通貨

少額から取引でき、メキシコペソ・トルコリラなどの高金利通貨のスワップポイントが高いことも特徴。口座開設者の2人に1人が初心者だが、約定率が強くFX熟練者からも支持を集める。「マネーポストWEB」限定キャンペーン実施中。詳細は公式サイトにて。

  • トラリピバナー
  • ループイフダン
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。