マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
ヒロセ通商

FX

FXの取引開始から決済までの手順を紹介

公開日:2018年5月21日 8:00
最終更新日:2020年9月8日

 FX初心者や未経験者は「FXの取引を始めて、決済するまで」どうやればいいのか、分からない人もいるだろう。ここではFXトレードの手順をイチから簡単に紹介する。

    【目次】

  1. 1.FXの取引開始から利益確定・損切りまでの手順
  2. 2.チャートを見る方法
    1. 管理画面ログイン後、チャートを見られる
    2. 初心者でもチャートは見る必要があるのか
  3. 3.新規注文のやり方
    1. 手動で注文を出す方法
    2. 自動で注文を出す方法
  4. 4.利益確定・損切り(決済)のやり方
    1. 手動で決済する方法
    2. 自動売買の決済方法

FXの取引開始から利益確定・損切りまでの手順

 取引に利用するFX会社の口座開設が完了したあと、トレードを始めるまでの手順を紹介する。

【FXトレードの手順】

  • 管理画面にログイン
  • 入金
  • チャートを見る(相場分析)
  • 新規注文
  • 利益確定・損切り(決済)

管理画面にログイン

 FX会社のHPにアクセスすると、「マイページ」「会員ページ」「ログイン」などのボタンがサイト上部などにあり、それを押すと、自身の管理画面へログインできる。ログインするためには、口座開設後に簡易書留もしくはメールで送付されたIDとPWが必要となる。

入金

 FX取引の元手資金をFX会社の口座に入金する。入金は管理画面内より行える。クイック入金の方が振込手数料も無料で、口座への反映も早いのでおすすめ。

チャートを見る(相場分析)

 チャートは価格推移をグラフ化したもので、取引をする前にチャートを確認し、相場分析をすることが一般的。チャートの見方や活用方法に関しては、のちほど紹介する。

新規注文

 チャートを見て、取引戦略が決まれば、「買い」もしくは「売り」の注文を出す(発注)。詳しいやり方はのちほど紹介するが、買い・売りの注文を新たに出すことを「新規注文」「新規取引」などと呼ぶ。

利益確定・損切り(決済)

 新規注文を出し、注文が成立すると、ポジションを保有することになる。保有している「買いポジション」もしくは「売りポジション」の損益を確定することを「決済する」という。

 FXトレードは基本的に「チャートを見る(相場分析)」「新規注文」「決済」の3STEPでワンセット。

チャートを見る方法

FXチャートを見るやり方
チャート画面(画像はDMM FX)

 FXのチャートは価格推移をグラフ化したもので、ドル円やユーロ円など通貨ペアごとに見られる。過去の値動きを細かく見られるため、今後の相場を予想するための分析に活用されることが多い。

管理画面ログイン後、チャートを見られる

 チャートは管理画面にログインすると見られ、PCでもスマホアプリどちらでも、基本的にチェック可能。FX会社提供のチャート以外にも、「TradingView」などチャートを無料で閲覧できるサイトもある。

初心者でもチャートは見る必要があるのか

 チャートは過去の価格推移を確認でき、今後の相場予想に役立つため、FX初心者でも取引前には目を通した方が良いだろう。基本的なチャートの見方などは下記記事も参考に。

 自動売買では頻繁に価格動向をチェックする必要がないなど、トレード方法やトレードスタイルに応じてチャートを見るタイミングは異なるため、自身に合うトレードスタイルを探すことも忘れずに(参考:初心者向けFXトレード方法と3つのFXトレードスタイル)。

新規注文のやり方

 新規注文の方法は「手動で注文を出す方法」と「自動で注文を出す方法」と2種類ある。

手動で注文を出す方法

注文発注画面
注文発注画面(画像はGMOクリック証券)

【手動の発注方法】

  • 注文タイプを選ぶ
  • 買いor売りを選ぶ
  • 取引数量を入力

 裁量取引スワップポイント狙いの取引をするときは、手動で注文を出す。まず注文タイプ(成行、指値など)を選び、買い・売りの種類を選ぶ。そして取引数量(何通貨取引するのか)を入力すれば新規注文を出すことは可能。このとき、利益確定・損切りの注文もあわせて出すことで、リスク・リターンを限定しておくこともできる。

自動で注文を出す方法

【自動の発注方法】

  • 自動売買ツールを選ぶ
  • 売買プログラムもしくは設定を決める
  • 取引数量を入力

 自動売買は、一度発注の方法を決めると、あとはそのルール通りに注文を出してくれる。FX自動売買に関しては「FX自動売買とは? 基本のタイプと自動売買ツールを紹介」を参照。

利益確定・損切り(決済)のやり方

 利益確定や損切りの「決済」も裁量取引と自動売買ではやり方が少し異なる。

手動で決済する方法

 手動で決済する場合は、ポジションを選び「決済」ボタンを押すだけ。利益がある場合なら「利益確定」、損失を抱えているなら「損切り」となる。

 決済は、新規注文を出す際に、「この価格になったら利益確定」「この価格になったら損切り」といった決済注文を同時に出すこともできる。FX初心者の場合は、新規注文の際に決済注文も出すことをおすすめする。

自動売買の決済方法

 自動売買は取引前に決済注文が入る仕組みになっている。FX初心者に散見される「損切りできずに損失を無駄に膨らませてしまった」「目の前の利益欲しさに利益確定を早めに行ってしまった」ということも軽減できる。

 裁量取引のように、保有ポジションを手動で決済することも可能だが、FX自動売買は「規則的なトレード」を実現できることがメリットなので、手動で決済することは少ない。

まとめ

 FXは「チャートを見る(相場分析)」⇒「新規注文」⇒「決済」の3STEPが基本といえる。各行程をどのように行うかは、自分の生活スタイルや投資レベルにあわせて決めるといい。有名なトレーダーやブロガーがやっているからと、他人の取引を真似してもうまくいかない可能性があるので、自分に合うトレードスタイルを模索することも忘れないようにしたい。

(参考:初心者向けFXトレード方法と3つのFXトレードスタイル

FXの基礎知識に関する関連記事

FXの基礎知識に関する関連記事

  • トラッキングトレード
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
    シストレ24
    シストレ24
    約6000種類の自動売買プログラムを利用可能。アイコンが豊富で直感的な操作から自動売買を始められる
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。