マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
> iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座

iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座

公開日:2017年12月26日 17:00
最終更新日:2018年2月20日

“得する”と注目されるiDeCo

 大きなアクシデントがなければ、40~50代は老後資産を増やすチャンス。私的年金のなかでも“得する”と注目されるのがiDeCo(個人型確定拠出年金)だ。加入者は60歳まで毎月一定額を自ら選んだ金融商品に拠出する。

「最大の利点は税制優遇。掛け金の全額が所得控除され、加入期間中の運用益も非課税。受け取る年金も退職所得控除や公的年金等控除制度の対象となる」(社会保険労務士の井戸美枝氏)

 意外と大きいのが掛け金の控除。年収850万円の人が51歳から9年間加入し、限度額いっぱい(年間27万6000円)まで拠出した場合、9年間で74万5200円の節税になる。運用先は定期預金でもよい。手数料は引かれるが、ほぼノーリスクで得できる。

 注意点としては、金融機関によって運用管理手数料や運用できる商品のラインナップに大きな差があるので、よく調べて口座を開設する金融機関を厳選することが必要となる。原則60歳まで資金を引き出せないが、老後の貯蓄を捻出するための、第一の選択肢となるだろう。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券口座
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。