マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
> 「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか

「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか

公開日:2018年1月21日 7:00
最終更新日:2018年2月22日

1 2

50歳から始めても意味はあるの?

 経済評論家の山崎元氏はこう解説する。

「日本人男性の平均寿命は81歳で、しかも10年ごとに2歳ずつ延びていくトレンドにある。だから50代からの20年間の積み立ては遅くない。後期高齢者となってからの資産を取り崩していく生活への、心強い備えになるはずです」

 同じく投資初心者向け制度では2014年に創設された従来のNISA(一般NISA)もある。年間の非課税枠は120万円と新制度より大きいが、どちらを選ぶべきなのか。

「ある程度まとまったお金がある人は従来のNISAが使いやすい場合もありますが、自分で投資内容を考えられる投資中級者以上の人向きです。しかも非課税の期間は5年までだから非課税枠は600万円(120万円×5年)。一方、つみたてNISAは長期間コツコツ投資する初心者向けの制度で、非課税枠800万円(40万円×20年)と恩恵も大きい」(山崎氏)

60歳を前にして、大きなリスクはとりたくないが?

 投資リスクが相対的に低く抑えられるのがつみたてNISAの最大の特徴だ。キーワードになるのは、“分散投資”だ。個別の株銘柄のような高リスク商品は対象外で、取り扱うのは「投資信託」に特化している。投資家から集めた資金を専門家が運用する金融商品で、株価指数に連動するものや国内外の債券や株式を組み合わせて運用する商品があり、個別銘柄への投資に比べリスクが分散されている。

 購入する際にも、「国内や海外の株式を扱う商品」「株式だけでなく債券を含めた複数の資産で運用する商品」といった種類の違う商品を選ぶことで、さらにリスク分散が可能だ。

「加えて毎月定額を長い期間かけて積み立てることで平均の取得単価を下げ、大量に高値掴みしてしまうリスクを避けられる。安定的な運用で老後資産形成を目指しやすくなる」(深野氏)

※週刊ポスト2018年1月26日号

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • LINE証券
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。