マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
> 資産運用の基本、なぜ「分散・長期・積立」で投資すべきなのか

資産運用の基本、なぜ「分散・長期・積立」で投資すべきなのか

公開日:2018年5月2日 16:00
最終更新日:2018年5月2日

投資の基本をおさらいしよう

 今年から「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」がスタートし、これまで資産の多くを普通預金にしていた人の中でも、「投資」にチャレンジする人が増え始めている。そこでよく語られるのが、「分散」「長期」といったキーワードだ。なぜそれが重要なのか。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が、考え方の基本を解説する。

 * * *
 投資の初心者向けによく語られるアドバイスとして、「分散・長期・積立」の“3原則”を意識するのがいいというものがあります。今年ブームとなっている「つみたてNISA」も、その考え方がベースになっています。

 では、なぜこの方法が勧められているか、ご存じでしょうか。情報を鵜呑みにするのではなく、なぜそうなのかを知っておくと、その後の投資のステップアップにつながります。

 結論から言えば、“3原則”がリスクを抑える方法として勧められているのは、「世界経済は全体で見ると常に成長を続けていっている」ことが前提にあるからです。

 根拠としてよく挙げられるのが、IMF(国際通貨基金)が定期的にリリースしている「世界経済見通し」というものです。ここでは「見通し」だけではなく、これまでの世界の実質GFPの成長率データも公開しています。

 GDP(国内総生産)は、モノやサービスなどで新しく生み出された価値がどれくらいあるかということです。「GDP成長率」が前年比プラスだと、1年前よりも経済が成長して資産が増えていると言えます。

 そのGDPは、働く人口、景気、国の発展などの影響を受けて増減します。日本では2017年の実質成長率はプラス1.7%でしたが、2000年以降では2008年・2009年・2011年の3回がマイナスでした(2008年がマイナス1.1%、2009年がマイナス5.4%、2011年がマイナス0.1%)。2008年と2009年はリーマン・ショックの影響、2011年は東日本大震災が主なマイナス要因と言われています。

 世界全体ではどうでしょう。IMFの発表によると2017年はプラス3.7%でした。2000年以降で見ると、リーマン・ショックの影響で2009年にマイナス0.4%になった以外は、2%台後半から5%台のプラス成長を続けています。新興国の成長が大きなプラス要因となっていて、全体としてマイナスになることが少なく、そのマイナス幅も日本と比較して小さいことが分かります。

 20年近くの長期スパンで見れば、世界経済全体として成長していることはデータからも明らかです。ただし、日本の東日本大震災のように地域ごとに変動要因があるから「分散」をすべきだし、2009年のように短期ではマイナスになることもあるので「長期」で運用すればリスクが少なくなることがわかります。また、マイナスになったときにも投資を続ける(積立)ことで、トータルの購入単価を低くすることもできます。そこからさらに長期で投資し続ければ、結果としてはプラスが見込めるということです。

「分散」については、地域(日本か、アメリカか、ヨーロッパか、アジアかなど)を分散させるだけでなく、「株」「債券」など資産の種類を分散する方法もあります。それは、経済成長がマイナスの時には債券価格が上がる傾向にあるからです。

 このように、考え方の根拠を知ると投資に対する不安を解消できますし、経済ニュースを見ても「だから今後はどうなる、どうすべき」が見えてきます。この基本を押さえて、資産運用を行なってみてください。

◆しみず・あや/CFPR、1級FP技能士、住宅ローンアドバイザー、証券外務員I種。30歳でファイナンシャル・プランナーとして独立、長野・東京で活動中。主に30~40代の「普通のくらし」を求めている方への「自分がお客様の立場だったらどういう判断をするか」を軸にお金の持ち方・つかい方のアドバイスに力を入れている。ライフプラン作りから資産運用まで老後にわたる継続的なサポートすることを事業理念として活動している。HPはhttp://www.fp-saku.com/。


SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。