マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トライオートFX
> 証券会社-比較コンテンツ> 売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」

売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」

公開日:2017年12月28日 9:00
最終更新日:2020年10月2日

 株取引の売買手数料の安い証券会社を比較する。

 売買手数料は主にネット証券で熾烈な競争が行われ、最近は「1日の約定代金が10万円以下なら、売買手数料0円」という証券会社も。

 取引する株の約定代金によって、各証券会社の手数料は細かく変わるため、「お得」な株取引をできるよう、本記事を参考に証券会社を比較してみては。

証券会社の売買手数料早見表

※岡三オンライン証券、SBI証券、楽天証券、松井証券は1日の約定代金合計で、それ以外の証券会社は現物取引の1注文の約定ごとの売買手数料で掲載(情報は2017年12月28日時点)

会社名 ~10万円 ~20万円 ~30万円

岡三オンライン証券

0円

0円

350円

SBI証券
(アクティブプラン)

0円

191円

286円

楽天証券
(いちにち定額コース)

0円

191円

286円

松井証券

0円

300円

500円

ライブスター証券

80円

97円

180円

マネックス証券

100円

180円

250円


岡三オンライン証券

「1日の約定代金20万円までは売買手数料0円」というコースを新しくスタート。90年以上の実績を誇る岡三証券グループのノウハウを活かしたサポート体制も特徴。投資情報にも力を入れており、口座開設者専用のページでは各種レポートが充実している。

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱なし
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF 211本
その他取扱商品
FX/CFD/先物・オプション

SBI証券

ネット証券の中で手数料も業界最安水準で、口座数と売買代金が共に国内最大級と、多くの人から支持を集める証券会社。NISA口座や投資信託本数も業界最大級なので「まずはSBI証券の口座を持っておく」という人も多いだろう。
 

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱あり
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF/海外ETF 2530本
その他取扱商品
FX/債券/CFD/金・銀・プラチナ/先物・オプション

松井証券

10万円以下の少額取引の手数料は業界でも最安水準。投資家ごとに投資信託のポートフォリオを提案してくれる「投信工房」は、コストを抑えられると注目を集めている。
 

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱なし
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF 277本
その他取扱商品
FX/先物・オプション

ライブスター証券

業界最安水準の手数料が特徴。新規口座開設後のキャンペーンでもさらに手数料が安くなるため、とりあえず手数料をおさえて始めてみたい、という人に最適。
 

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱なし
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF 1本
その他取扱商品
FX/債券/先物・オプション

マネックス証券

1注文の約定金額が10万円以下の場合、手数料は100円で、NISA口座は手数料が無料。またマネックス証券は米国株取引にも強みがあり、手数料は最安水準で、扱う銘柄数も多彩。
 
 

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱あり
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF/海外ETF 1053本
その他取扱商品
FX/CFD/先物・オプション/金・銀・プラチナ/ラップ口座

楽天証券

楽天証券は手数料以外にもポイント制が特徴。取引で得られるポイントは楽天ポイントなどに交換できる。株取引以外にも投資信託やFX、ロボアドバイザーなど多彩な金融商品を扱っていることも強み。楽天証券もNISA口座は取引手数料無料。

基本情報

NISA
スマホアプリ
米国株
申込可 iPhone、Android 取扱あり
IPO
ETF
投資信託
取扱あり 国内ETF/海外ETF 2452本
その他取扱商品
FX/債券/ラップ口座/金・銀・プラチナ
/先物・オプション/eワラント
/コモディティー/iDeCo
「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • LINE証券
  • 岡三オンライン証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。