マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
> 株主優待ランキング2019 優待生活の達人や主婦の秘訣も紹介> 優待の達人・30代女性投資家 銘柄選びの3つのポイント解説

優待の達人・30代女性投資家 銘柄選びの3つのポイント解説

公開日:2014年2月15日 9:00
最終更新日:2018年3月6日

「桐谷さん」こと、元プロ棋士・桐谷広人氏の大ブレイクで注目を集めている株主優待投資。桐谷さんは「株主優待で生活する人」として知られている。誰もが桐谷さんの真似はできないとはいえ、優待の達人たちは、どうやって銘柄を選んでいるのか、気になるところ。ここでは、30代女性投資家・椎名さん(仮名)が、優待銘柄選びのポイントを解説する。

* * *
 4年くらい前、雑誌の特集で食べ物や飲み物から調味料、フライパンまで、キッチン周りの物はほとんど株主優待でもらっている人が紹介されていて、すごく楽しそうだし、私もやってみたい! と思ったのが最初です。それから株主優待に興味を持って、優待生活を始めました。

 私は今50銘柄ほど、約1000万円分の優待株を持っています。買った日付や株価、配当と優待の利回りなどを手書きでノートに書いて、安くなったら拾うというスタンスで買っていますね。基本的にはすべて優待狙いで、「純粋に優待狙いの株」と「成長性の高い株」、「東証1部昇格狙いの株」をバランスよく買っています。

 優待狙いの株は、食べ物やお米、水のペットボトル、シャンプー、トイレットペーパー、ティッシュなど、実用的なものがもらえると嬉しいですね。例えば、100株で3000円相当の自社冷凍食品などがもらえるイートアンドや、100株でボックスティッシュ20箱がもらえたCDGとかは、家計にも優しくてテンションが上がります(笑)。あと、マツモトキヨシHDは商品券がもらえるんですが、食べ物も日用品も何でも売っているからすごく重宝します。

 成長性の高い優待株としては、名古屋を地盤とした葬儀会館を運営しているティアや、ネットショップなどのECサイト構築のリーディングカンパニーのソフトクリエイトHDなどを持っています。ティアは株主優待でお米がもらえるし、ソフトクリエイトHDはQUOカードがもらえるので嬉しいですね。

 欲しい株主優待があるかどうかはもちろん大事なんですが、株価が下がってしまっては本末転倒です。私もこれまで、優待内容や、優待利回りの高さにつられて買ってしまったこともあるんですが、株価が下がり続けるだけじゃなく、業績不振で優待が中止になったり、配当が出なくなったり、痛い目に遭ってきました……。そこで、買うときに業績などもしっかりと見極めることが大事だと知って、

●自己資本比率が40%以上
●配当利回りと優待利回りの合計が4%以上
●EPS(1株あたり純利益)と売上高が毎年増加傾向

の3点を買う判断基準にしています。ほかにも、チャートを見たり、相場全体の方向性など、総合的に考えて判断しますね。

※マネーポスト2014年春号

SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

480万超

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

2690本

【外国株】

約4120銘柄

※上記は2019年9月末時点の数値

<イチオシポイント>

2019年9月末に480万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:480万超

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:2690本

外国株:約4120銘柄

※上記は2019年9月末時点の数値

【イチオシポイント】

2019年9月末に480万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券口座
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。