マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
> 株主優待-銘柄情報【人気・少額OK etc.】> 優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法

優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法

公開日:2017年3月16日 16:00
最終更新日:2018年3月6日

1 2

逆日歩のつかない一般信用取引の空売りも

 振り返ってみると、私の生活は優待品で溢れています。

 すかいらーくの食事券でランチして、クリエイト・レストランツHDのカフェで休憩。オオバ(9765)でもらえる「全国共通お米券」なら大手スーパーの買い物で使えるし、ドン・キホーテではお釣りももらえます。

 そのお釣りを持ってイオンに行って、優待カードも使って野菜を購入。TOKAIホールディングス(3167)のミネラルウォーターで、前澤給装工業でもらったお米を炊いて、ロングライフHDのレトルトカレーやオリックスのカタログギフトでもらったおかずで晩ご飯。夜は田谷(4679)の高級シャンプーでゆっくりお風呂……。

 このようにたくさんの優待をもらっていると、たまには優待とは関係ない物も食べたいのですが、そうすると優待が使いきれないのが悩みの種です。でも、それがお金の節約につながって、それでまた優待株を買うという好循環にもなっています。

 私は「クロス取引」を使って、いわゆる“優待のタダ取り”もしています。クロス取引とは、現物株を買うのと同時に空売りし、値下がりリスクを避けるテクニックです。ただ、いざ空売りしようと思っても売りができない銘柄だったり、高額な逆日歩(※)がついてしまうこともあります。

【※制度信用取引で貸借銘柄を空売りした投資家が負担するコスト。各証券会社によって設定される一般信用取引の場合、逆日歩はつかない】

 そこで私は「制度信用取引」でなく、逆日歩がつかない「一般信用取引」を使って空売りすることが多いです。

 ただ、直前だと株の在庫がなくなって売れなくなってしまうこともあるので、日々支払う金利ともらえる優待額を計算して、ある程度余裕を持って早めに空売りしておくのも手だと思います。

 優待が魅力的な銘柄は、大暴落や金融ショック時にも強いんです。優待は使ってこそ楽しくなるから、身近な店や生活に使うものをもらって優待に働いてもらい、お金を貯めましょう。楽しいですよ!

【PROFILE】「かすみちゃんの株主優待日記」(http://blog.livedoor.jp/setuyaku999/)では株主優待券で外食した写真も多く掲載され、個人投資家から人気。優待新設などの最新情報も豊富。ツイッターは@kasumicyan

※マネーポスト2017年春号

SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。