マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
LINE証券
> 株主優待ランキング2019 優待生活の達人や主婦の秘訣も紹介> 年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」

年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」

公開日:2017年6月30日 17:00
最終更新日:2018年3月6日

1 2

 私は年間150社以上の株主総会に出席しているので、総会に行ったついでに優待券でランチを食べたり、東京テアトル(9633)武蔵野興業(9635)でもらった優待券で映画を見たり、コア(2359)でもらった東京国立博物館の年間パスポートで博物館見学をしたりと、優待生活を満喫しています。

 日々の食事も、優待でもらえる品で大助かりです。ダイショー(2816)では「味・塩こしょう」「鍋スープ」などの自社製品がもらえますし、理研ビタミン(4526)ではスープの素やドレッシングがもらえます。

 また、クオカードは万能で、ドラッグストアで洗剤やシャンプーなども買えますから、現金の支出はほとんどありません。

 優待投資家の中には、近くに店舗がない外食企業の優待券は金券ショップに売って、全国共通お食事券「ジェフグルメカード」に替える人もいるようです。

 優待投資では、最初は優待狙いだったとしても利益が出たらさっさと売っちゃうのもいいと思います。自分のライフスタイルに合わせた投資スタイルで楽しんでみてほしいと思います。

【PROFILE】優待投資歴10年、毎年100万円相当の優待と配当をゲット。株主総会マニアでもあり、総会のお土産や優待ライフを紹介するブログも人気(https://blogs.yahoo.co.jp/ttthhhmmmjp)。

※マネーポスト2017年夏号

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • LINE証券
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。