マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
> 株主優待-銘柄情報【人気・少額OK etc.】> 牛丼、寿司、ステーキ…、少額投資でOKの3月飲食優待銘柄5選

牛丼、寿司、ステーキ…、少額投資でOKの3月飲食優待銘柄5選

公開日:2018年3月3日 20:00
最終更新日:2018年4月20日

こんな豪華な宅配寿司に使える優待も(画像はイメージ。ライドオンエクスプレスホールディングス提供)

 いよいよ3月、1年で最も株主優待が集中するシーズンだ。優待投資家にとっては、今年はどんな優待を取りに行くか、計画するのも楽しいだろう。この記事では優待の中でも人気の高い「飲食・食事系」の中から、30万円までの資金で投資できる注目の銘柄を紹介する(株価や投資額はいずれも2月下旬時点)。

 使える店や種類が圧倒的に多いのが、ゼンショーホールディングス(7550)だ。牛丼の「すき家」のほか、回転寿司の「はま寿司」、ファミリーレストラン「ココス」、サラダバーで野菜もたっぷり取れるハンバーグレストラン「ビッグボーイ」などがある。最低単元の100株では年間で2000円分の食事券だが、500株なら1万2000円になるなど、単元数が増えるとさらに有利になる。市場環境を見ながら買い増していく楽しみもありそうだ。

 アトム(7412)は10万円以下で手軽に投資でき、年間で4000円分の優待が受けられるとあって、優待利回りはピカイチ。食事券ではなくポイントカードを使うしくみで、1円単位で利用できる。イタリアンレストランの「ラパウザ」や居酒屋「NIJYUMARU」などのほか、「北海道」など親会社のコロワイドの店舗でも使えるので、利用範囲はかなり広い。

 ラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(7554)の優待は、2000円分の食事券だ。2017年にはペッパーフードサービスと「いきなり!ステーキ」のフランチャイズ契約を交わしており、幸楽苑HDが運営する「いきなり!ステーキ」店舗でも使える。2018年2月時点では福島県のみで展開中だが、3月には宮城、埼玉、神奈川の出店も予定しており、今後増えていくことは十分期待できそうだ。

「和食れすとらん天狗」などを展開するテンアライド(8207)も取得しやすく使いやすい優待だ。5万円程度の投資で年間2000円の食事券を獲得できる。同社の店舗は居酒屋としてはもちろん、ファミレス感覚としても使える店舗が多い。ワンコインランチも展開しており、利用用途は広いだろう。

 外食に出かけるのが面倒という人には、ライドオンエクスプレスホールディングス(6082)に注目だ。宅配ずしの「銀のさら」や釜めしの宅配「釜寅」などを展開しており、これらの宅配店舗で使える2500円分の優待券がもらえる。

 以下、3月に権利獲得できる優待の中から、30万円程度の資金で投資が可能な注目銘柄のデータを紹介する。2018年3月の権利を得るには3月27日(火)までに株を購入しておこう。

ゼンショーホールディングス(東証1部・7550)
 すき家、なか卯、ビッグボーイ、はま寿司などを展開。

【優待内容】100株以上300株未満:自社店舗で使える食事券1000円分  300株以上500株未満:同3000円分 500株以上1000株未満:同6000円分 1000株以上5000株未満:同1万2000円分 5000株以上:同3万円分(権利確定日:3月末、9月末、年2回、300株以上では商品との交換も選択可)

アトム(東証2部・7412)
 にぎりの徳兵衞、ステーキ宮、カルビ大将、甘太郎、ラパウザなどを展開。

【優待内容】100株以上500株未満:自社店舗で使える優待ポイント2000円分  500株以上1000株未満:同1万円分 1000株以上:同2万円分(権利確定日:3月末、9月末、年2回)

幸楽苑ホールディングス(東証1部・7554)
 幸楽苑、とんかつ伝八、いきなり!ステーキ(一部フランチャイズ店のみ)を展開。

【優待内容】100株以上500株未満:自社店舗で使える食事券2000円分  500株以上1000株未満:同1万円分または米5kg 1000株以上:同2万円分または米10kg(権利確定日:3月末、年1回)

テンアライド(東証1部・8207)
 旬鮮酒場天狗、テング酒場、和食れすとらん天狗などを展開。

【優待内容】100株以上500株未満:自社店舗で使える食事券1000円分  500株以上1000株未満:同5000円分 1000株以上:同1万円分(権利確定日:3月末、9月末、年2回)

ライドオンエクスプレスホールディングス(東証1部・6082)
「銀のさら」「すし上等!」「釜寅」、レストランの宅配代行「ファインダイン」を展開。

【優待内容】100株以上:自社店舗で使える優待券2500円分または魚沼産コシヒカリ2kg(権利確定日:3月末、年1回)

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)


SBI証券

もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法

※岡三オンライン証券、SBI証券、楽天証券、松井証券は1日の約定代金合計で、それ以外の証券会社は現物取引の1注文の約定ごとの売買手数料で掲載(情報は2017年12月28日時点)

会社名 ~10万円 ~20万円 ~30万円

岡三オンライン証券

0円

0円

350円

SBI証券
(アクティブプラン)

0円

191円

286円

楽天証券
(いちにち定額コース)

0円

191円

286円

松井証券

0円

300円

500円

ライブスター証券

80円

97円

180円

GMOクリック証券

95円

105円

260円

マネックス証券

100円

180円

250円

売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
楽天証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。