マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
> 株主優待-銘柄情報【人気・少額OK etc.】> 損失リスクを軽減する株主優待投資 NISA活用がもたらすメリット

損失リスクを軽減する株主優待投資 NISA活用がもたらすメリット

2018年4月15日 11:00

全国のホテルで利用可能な4000円の優待券も(日本ビューホテル)

 日本経済の先行きが春霞で見えない。年初の26年ぶり日経平均2万4000円台回復から一転、米株価急落に引きずられるように急落し、3月末にはあわや2万円割れの危機に。4月以降は2万1000円台を回復しているが、米中貿易摩擦や北朝鮮情勢の行方など、日本市場を取り巻く環境は不安定だ。この乱高下相場から虎の子の資産を守るために、“なるべく損失リスクを軽減する”投資法が求められている。

 鍵を握るのは、季節外れと思われた「株主優待」である。ピークは多くの工場企業の決算期が集中する3月末といわれるが、4月以降でも株主優待がもらえる銘柄が存在し、掘り出し物も見つかりやすいとされる。そもそも「優待銘柄」の強みは株価の騰落とは関係なく決まった優待や配当が約束されている点にある。リスクを低くする「マイルド投資」の王道といわれる理由だ。

 そのメリットをさらに活かすのが「株主優待銘柄を『NISA(少額投資非課税制度)』を使って保有すること」だとファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏は言う。

「NISAは毎年120万円までの投資なら、株式や投資信託の売却益や配当収入などが非課税となり、その節税メリットは大きい。たとえば100万円で買った株が2倍の200万円になり、これを売却すると利益の100万円に対して約20%=20万円の税金がかかりますが、NISAなら非課税となり、100万円がまるまる儲けとなる。また配当金も非課税です」

 NISAには制約もあり、非課税期間は5年間で、その間に一度でも売却すれば非課税枠は使えない。株価が下がって損失が出ても他の証券口座との損益通算や翌年以降の利益と相殺する繰越控除も認められていない。

「下がりにくい株を中長期で保有するのにNISAは向いている。株主優待はもともと非課税ですが、株主優待を充実させている企業は株主還元に積極的であり、配当も手厚いことが多い。そうした銘柄は個人投資家からも人気で株価も安定している傾向があります。値下がりリスクを考えて、上限120万円の中で、できれば5?6銘柄に分散しておくことをお勧めします」

 そう話す丸山氏によれば、4月の優待銘柄の中でも、充実した優待があり、知る人ぞ知る「下がりにくい株」があるという。

「グッドコムアセット(東証2部・3475)という不動産会社は2016年に上場以来、株価は右肩上がりが続いている。4月に東証1部に市場変更することも発表しており、これからも株価が上がり続ける展開も予想されます。加えて優待はクオカード2000円分と使い勝手が良い。また、全国各地のホテルで利用できる日本ビューホテル(東証1部・6097)は4000円の優待券がもらえます」

「下がりにくい株」を非課税メリットで損しにくい「NISA」で持つことによって「最強のマイルド投資術」が完成するのだ。

 株主優待に詳しいファイナンシャルプランナーの森田悦子氏はこうアドバイスする。

「日々の株価変動に一喜一憂せず、株を保有しているだけで得られるメリットをのんびり楽しみたいと考えるシニア世代には、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙うよりも、配当と株主優待を合わせたインカムゲインで“お得度”を判断する手もあります。配当額と優待の現金換算額を投資金額で割って、その合算値(実質利回り)が3%以上あればお得度が高いといえます」

 今後、政府・日銀が目標に掲げる2%の物価上昇になったとしても、それを上回る利回りを実現できればインフレリスクにも備えられる。

※週刊ポスト2018年4月20日号

SBI証券

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

楽天証券

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

マネックス証券

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

SBI証券

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

楽天証券

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

マネックス証券

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。


「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
クレカのポイントを活用した株投資
手軽に国際分散投資 クレカのポイントを使うサービスも登場
有名ブロガーの株主優待
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法

※岡三オンライン証券、SBI証券、楽天証券、松井証券は1日の約定代金合計で、それ以外の証券会社は現物取引の1注文の約定ごとの売買手数料で掲載(情報は2017年12月28日時点)

会社名 ~10万円 ~20万円 ~30万円

岡三オンライン証券

0円

0円

350円

SBI証券
(アクティブプラン)

0円

191円

286円

楽天証券
(いちにち定額コース)

0円

191円

286円

松井証券

0円

300円

500円

ライブスター証券

80円

97円

180円

GMOクリック証券

95円

105円

260円

マネックス証券

100円

180円

250円

売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
楽天証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。