マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
> 株主優待-銘柄情報【人気・少額OK etc.】> “太っ腹優待”どこまで続く? 「すかいらーく」優待、仕様変更の意図

“太っ腹優待”どこまで続く? 「すかいらーく」優待、仕様変更の意図

公開日:2018年5月31日 20:00
最終更新日:2018年6月1日

どっさり送られてきた優待券は、次回の権利確定からカード型に変更される

 株主優待を実施する企業は数あるが、中でもトップクラスの人気を誇るのが「ガスト」「ジョナサン」などの多くの飲食店ブランドを展開する「すかいらーく」だ。同社の株主優待では、系列飲食店で使える食事券がもらえるが、NISA(少額投資非課税制度)口座の人気銘柄を毎週公表しているSBI証券の保有残高ランキングでもすかいらーく株はトップ3の常連。優待銘柄の中ではナンバーワンの人気を誇っている。

 そのすかいらーくが、5月の第1四半期決算発表と合わせて優待変更のIRを発表した。この発表で、「すわ改悪か」と肝を冷やした株主も多かったのではないだろうか。というのも、同社は2017年に店舗で使える食事券の株主優待額をいきなり3倍にするという驚きの「太っ腹拡充」を発表し株主を喜ばせた反面、太っ腹すぎて持続可能性を心配する声も多く挙がっていたからだ。

 しかも、この優待拡充を発表して株価が上昇したところで、当時の筆頭株主だった投資ファンドのベインキャピタルがすかいらーく株の売却を始めたことから、株主の心配はいっそう募ったようだ。同社の優待に惹かれて投資したという個人投資家は当時をこう振り返る。

「大株主に高値で売り抜けさせるために一時的に拡充しただけではないかと、保有しているのが怖くなりました。筆頭株主が売り出して需給が悪化したところに、優待額を減らすような改悪が発表されれば、優待の魅力が薄れるばかりか株価も急落することは目に見えていましたからね」

「太っ腹株主優待」が営業利益を圧迫?

 2017年12月期のすかいらーくの通期決算をみると、売上高はプラスだが営業利益は優待拡充前の前年度を下回っている。同社は減益要因のひとつとして株主優待の拡充をあげており、「太っ腹優待」が利益を圧迫している面は否定できない。ベインキャピタルも2017年11月までに保有株を全売却しており、前出の個人投資家のように「いつ優待改悪が発表されてもおかしくない」と戦々恐々としている株主は少なくなかったようだ。

 今回発表された優待変更は、これまで1枚500円の優待券を束にして送付していたのをカード化するというもので、優待券の額に変更はない。たとえば、500株保有する株主には年間66枚もの優待券が届けられていたのが、変更後は3000円のカードが9枚、1000円のカードが6枚に変更となる。株主にとっては持ち運びやすくなるうえ、従来は1枚1枚レジでバーコードを読み取っていて会計に時間がかかっていたのが、解消されると考えられる。

 ただし、変更後の優待カードは宅配では使用不可になることに注意したい。同社にその理由を問い合わせたところ「優待カードでの会計には専用端末が必要になり、現状では対応できないため」との回答だった。使い道を狭める意図はないようだが、宅配で利用していた株主は注意したい。

 この仕様変更の発表で、ツイッターでは「これで当面、改悪はなさそう」などと安心する声も多く投稿されていた。次の権利確定が6月末に迫っていることもあって発表後の株価はじわじわ上昇しており、安心して買い始めた投資家も多いのかもしれない。ちなみに同社IRは「現時点で優待内容変更の予定はございません」と話している。

 すかいらーくの魅力的な株主優待に惹かれて、株式投資を始めたという人も多い。投資の裾野を広げてきた同社の功績は大きく、この優待は末長く継続してほしいものだ。今回の優待仕様変更は、2018年6月末の権利確定分から適用となる。

すかいらーく(東証1部・3197)
100株以上300株未満:自社店舗で使える優待券3000円分 300株以上500株未満:同9000円分(12月は1万1000円) 500株以上1000株未満:同1万5000円分(12月は1万8000円) 1000株以上:同3万3000円分(12月は3万6000円)(6月末、12月末、年2回)

文■森田悦子(ファイナンシャル・プランナー/ライター)


SBI証券

もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法

※岡三オンライン証券、SBI証券、楽天証券、松井証券は1日の約定代金合計で、それ以外の証券会社は現物取引の1注文の約定ごとの売買手数料で掲載(情報は2017年12月28日時点)

会社名 ~10万円 ~20万円 ~30万円

岡三オンライン証券

0円

0円

350円

SBI証券
(アクティブプラン)

0円

191円

286円

楽天証券
(いちにち定額コース)

0円

191円

286円

松井証券

0円

300円

500円

ライブスター証券

80円

97円

180円

GMOクリック証券

95円

105円

260円

マネックス証券

100円

180円

250円

売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
SBI証券
松井証券
岡三オンライン証券
楽天証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。