マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
> 株主優待ランキング2019 優待生活の達人や主婦の秘訣も紹介> 狙いは利回り1%超!クオカードがもらえる6月株主優待4選

狙いは利回り1%超!クオカードがもらえる6月株主優待4選

公開日:2018年6月7日 20:00
最終更新日:2019年9月19日

使い勝手の良いクオカードは株主優待品の中でも大人気

 6月は3月、9月、12月に次いで株主優待が多い月だ。優待品の中でも根強い人気を誇るクオカード優待にもお得な銘柄が数多くある。

KeePer技研(6036)

 クオカードの優待は株の購入価格に対する利回りが1%を超えていればお得な方といえるだろう。そうしたなかで、カーコーティング材の製造とカーケアショップを展開するKeePer技研(6036)は、約2.3%と高い利回りが特徴だ。3000円というまとまった額のクオカードは使い出があるうえ、同社サービスの割引券も選択できる。3年間メンテナンス不要なカーコーティングなどもあるので、カーオーナーなら普段はクオカードを受け取って、メンテの年に割引券を選択するといった使い方もできる。保有株数が増えてもクオカードの額は変わらないのでクオカード狙いなら100株保有がお得だ。

KeePer技研(東1・6036)
 カーコーティング材料製造卸、カーケアサービス店舗を展開。

【優待内容】100株以上1000株未満:同社店舗で使える20%割引券かクオカード3000円を選択 1000株以上2000株未満:25%割引券かクオカードを選択 2000株以上1万株未満:30%割引券かクオカードを選択 1万株以上:37%割引券かクオカードを選択(権利確定日:6月末、年1回)

東洋ビジネスエンジニアリング(4828)

 まとまった額のクオカードもうれしいが、年に何度ももらえるというのもうれしい。企業向け基幹システムを展開する東洋ビジネスエンジニアリング(4828)はなんと年に4回も優待が受けられる珍しい銘柄だ。発送のコストを考えるとちょっと心配ではあるが、年4回も優待権利確定日があると、いわゆる「権利落ち」(優待の権利確定日の翌日に大きく株価が下落すること)が少ないので狙いやすい。株価チャートを見ても、過去の権利落ちをこなして株価は右肩上がりだ。

東洋ビジネスエンジニアリング(東1・4828)
 企業向けERP(基幹システム)を展開。

【優待内容】100株以上:クオカード500円分(権利確定日:6月末、9月末、12月末、3月末、年4回)

メディアスホールディングス(3154)

 長期で保有するほど受け取るクオカードの額面が増えていくのがメディアスホールディングス(3154)だ。当初は1000円のクオカードが、1年以上保有すると2000円、3年以上保有すると3000円になる。優待利回りは約1%から3%までアップしていく計算だ。

メディアスホールディングス(東1・3154)
 関東、中部地方地盤の医療機器販売大手。

【優待内容】100株以上:クオカード1000円分(1年以上継続保有で2000円分、3年以上継続保有で3000円分に)(権利確定日:6月末、年1回)

カワニシホールディングス(2689)

 クオカード優待に加えて配当も楽しめるのがカワニシホールディングス(2689)だ。1000円分のクオカード優待に加え、2018年6月期は3000円の配当を計画しており、優待と配当の利回りを合わせると約2.4%の利回りだ。さらに3年以上継続保有すればクオカードが1000円分プラスされる。同社のサイトで確認できる2009年6月期からは減配は一度もなく、増配か配当据え置きを続けており、安心感もありそうだ。

 クオカードはコンビニやファミレス、ドラッグストア、書店、ガソリンスタンドなど、使える店舗が幅広いうえ、有効期限もないので使い勝手は抜群だ。ただし、優待実施企業にとっては、自社商品や自社店舗優待券などと比べると負担が大きく、業績によっては優待が廃止になったり額が減る改悪のリスクも高くなることには注意したい。

 以下、6月に権利獲得できる優待の中から、注目のクオカード銘柄のデータを紹介しよう。(株価や投資額、利回りはいずれも6月上旬時点)。2018年6月の権利を得るには6月26日(火)までに株を購入しておこう。

カワニシホールディングス(東2・2689)
 医療機器、医療材料販売。岡山に本社。

【優待内容】100株以上500株未満:クオカード1000円分、500株以上1000株未満:同2000円分 1000株以上:同4000円分(3年以上継続保有で1000円増)(権利確定日:6月末、年1回)

文■森田悦子(ファイナンシャル・プランナー/ライター)

SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

480万超

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

2690本

【外国株】

約4120銘柄

※上記は2019年9月末時点の数値

<イチオシポイント>

2019年9月末に480万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:480万超

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:2690本

外国株:約4120銘柄

※上記は2019年9月末時点の数値

【イチオシポイント】

2019年9月末に480万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。