マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
> 株取引の初心者必見 少額で簡単に「株」を始められる方法> LINEワンコイン投資を徹底解説 特徴は低リスク志向の初心者向け

LINEワンコイン投資を徹底解説 特徴は低リスク志向の初心者向け

公開日:2019年7月30日 8:00
最終更新日:2019年8月1日

 多くの人が活用する「LINE」にて、500円からの少額で積立投資ができる「LINEワンコイン投資」が開始。投資初心者にも優しい設計で、「LINE」をよく活用する人の中には、お得な特典を受けられることも。

 本記事ではLINEワンコイン投資の特徴からやり方・始め方、運用の仕組みなど詳しく解説する。

LINEワンコイン投資の初心者にも嬉しい4つのメリット

 LINEワンコイン投資のメリットを4つピックアップ。投資初心者にも嬉しいそれぞれの特徴について見ていこう。

  • (1)コツコツ500円の積立をLINEから手軽に
  • (2)「全自動」で「世界に分散投資」
  • (3)「マイカラー」対象なので、ボーナス還元率UPも
  • (4)運用手数料が2020年4月中まで無料

コツコツ500円の積立投資をLINEから手軽に

LINEワンコイン投資の特徴_500円からコツコツ積立

500円からコツコツ積立

 LINEのアプリ内からワンコイン投資にはアクセスできるので、“いつものLINE”のついでに投資を始められる。
 
 また、1回あたり500円の少額から積立可能。資産運用は何十万円・何百万円必要というイメージを抱く人もいるだろうが、LINEのワンコイン投資は資金におけるハードルをグッと下げている。「積立をストップ」することは好きなタイミングで設定できるので、「最低○年は続ける必要あり」という縛りもない。

運用は「全自動」で低リスク志向の「世界分散投資」

LINEワンコイン投資の特徴_全自動の世界分散投資で、リスクも分散

全自動の世界分散投資で、リスクも分散

 LINEワンコイン投資は運用がすべて「お任せ」。裏ではロボアドバイザーが運用を担当している。

 ロボアドバイザーが自動で取引や資産配分の調整を行うため、「仕事中」や「プライベート」で手間を煩わせることはない。また、LINEワンコイン投資の投資先は1種類で、初心者向けに低リスクを心掛けた「世界分散投資」の銘柄(詳細は「仕組み」の項目で紹介)。

 LINEワンコイン投資の公式ページの下部には、シミュレーションが掲載されており、どの程度増減するのか、という目安を見ることができる。

積立額は「マイカラー」対象なので、ボーナス還元率がUPしやすくなる

 LINEワンコイン投資における積立額は「LINE Pay」のインセンティブ制度「マイカラー」の対象となる。毎月資産運用をしているだけなのに、「LINE Pay」のボーナス還元率UPにも貢献する。

 マイカラーは対象の「LINE Pay」の支払い額(月間)に応じて、「LINE Payボーナス」付与の還元率が変動する。LINE Payボーナスは、通常のLINEポイント同様に支払いに使え、「友だち」への送金にまで使える。

【マイカラー制度:ボーナス還元率(支払額)】

  • ■グリーン:還元率2%(月間10万円以上)
  • ■ブルー:還元率1%(月間5~10万円未満)
  • ■レッド:還元率0.8%(月間1~5万円未満)
  • ■ホワイト:還元率0.5%(月間1万円未満)

※その他、マイカラーの判定対象となる支払いは、QRバーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、「LINE Pay 外貨両替」、「韓国ATM両替」、送金、自販機での支払いなど。詳細はHPにて確認。

運用手数料が2020年4月中まで無料

LINEワンコイン投資の特徴_手数料が2020年4月中まで無料

手数料が2020年4月中まで無料

 LINEワンコイン投資は2020年4月中まで運用手数料が無料。通常なら別途0.5~1%の運用報酬が徴収されるが、今ならお得な条件で始めることが可能。

LINEワンコイン投資の始め方・やり方

 LINE ワンコイン投資は下記3つのステップで始められる。

  • (1)FOLIO(フォリオ)口座開設
  • (2)「LINE Pay」銀行口座登録
  • (3)積立の設定をする

FOLIO(フォリオ)口座開設の方法

 LINE ワンコイン投資はフォリオという証券口座を活用する(フォリオについては、「LINEワンコイン投資の仕組み」で紹介)。

 証券口座を作成する際は本人確認の際に、マイナンバーカードなども準備も必要となる。マイナンバーの種類によって、必要な書類の組み合わせが異なるので、下記を参考にしてほしい。

【口座開設前に準備しておくモノ】

  • 【Case1】マイナンバー(個人番号カード)
  • 【Case2】マイナンバー(通知カード)&運転免許証・パスポートのいずれか1つ
  • 【Case3】マイナンバー(通知カード)&保険証・住民票・年金手帳のいずれか2つ

(1)「LINE」の「ウォレット」⇒「スマート投資」を選ぶ

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_スマート投資を選ぶ

 「LINE」の下部メニューから「ウォレット」を開き、一覧の中から「スマート投資」を選ぶ。

(1-2)「スマート投資」のトップへ移動し、口座開設を選ぶ

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_スマート投資のTOP画面
LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_スマート投資から口座開設をクリック
LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_スマート投資の権限を許可

 「スマート投資」のページに移動して、口座開設の部分をタップ。提携を求められるので、許可を押し、口座開設へ進む。

(2)名前等のプロフィール入力

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_名前等のプロフィールを入力

 名前や生年月日などの情報を入力する。

(3)連絡先を入力

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_連絡先を入力

 住所や電話番号を入力する。

(4)本人確認書類のアップロード

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_本人確認書類のアップロード

 マイナンバーカードもしくはマイナンバーの通知カードをスマホの写真で撮りアップロードする。マイナンバー通知カードの場合は、その他必要書類もアップロードする。

(5)「ウェルカムレター」が届くまで待つ

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_ウェルカムレターが届くまで待つ

 本人確認書類をアップロードすると、口座開設の審査が行われ、口座開設が完了すると、「ウェルカムレター」という簡易書留でのハガキが届く。

(6)「ウェルカムレター」内のQRコードからログイン

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_ウェルカムレター
LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_ウェルカムレターのQRコード

 「ウェルカムレター」内のQRコードをからログインする、もしくはハガキに記載されている12桁の番号をマイページで送信し、ログインする。利用規約等もチェックする。

(7)残りの設定を行う

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_取引設定

 「取引設定」の項目が残っているので、その項目をタップ。

(8)投資目的や投資経験などに回答

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_投資目的などに回答

 これまでの投資経験や投資の目的などに回答する。

(9)出金口座の設定

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_出金口座の設定

 投資に使われた資金を引き出す際の「出金先口座」を設定する。

(10)取引コードの設定

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_取引コードの設定

 取引を始める際に必要となるパスワードを設定する。これは忘れないようにどこかにメモしておくといいだろう。

(11)口座開設完了

LINEワンコイン投資_フォリオ口座開設方法_口座開設完了画面

 これで口座開設は完了。次は「LINE Pay」などの設定を進める。

「LINE Pay」銀行口座登録の方法

LINEワンコイン投資_「LINE Pay」銀行口座登録の方法_TOP

 フォリオの口座開設が完了し、ワンコイン投資を始めようとすると、上記画像のように「LINE Pay」の銀行口座設定をするよう求められる。すでに「LINE Pay」で銀行口座の登録が済んでいる人は、次のステップに進んでほしいが、ここでは「LINE Pay」の銀行口座の登録方法を紹介する。

 登録の際には、オンラインバンキングのID・PWが必要となるので、事前に準備しておくといい。

(1)チャージ先の銀行口座を選択

LINEワンコイン投資_「LINE Pay」銀行口座登録の方法_銀行の設定

 先ほどの「LINE Payの銀行口座登録が必要です」の画面から「LINE Payに移動する」のボタンをタップし、銀行口座設定画面へ移行。LINE Payのチャージ先となる銀行口座を選択する。

(2)名前等の必要情報を入力

LINEワンコイン投資_「LINE Pay」銀行口座登録の方法_名前等の必要情報を入力

 名前や生年月日、銀行の支店名などの必要情報を入力する。

(3)銀行口座側でも設定を進める

LINEワンコイン投資_「LINE Pay」銀行口座登録の方法_銀行側でも設定を進める

 銀行口座側でもオンラインバンキングを通じて設定を進める(画像は三菱UFJ銀行の例)。

(4)設定完了

LINEワンコイン投資_「LINE Pay」銀行口座登録の方法_設定完了

 銀行口座側でも設定が済めば、「LINE Pay」の銀行口座の設定は完了する。

ワンコイン投資の積立設定の方法

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_TOP

 フォリオの口座開設とLINE Payの銀行口座設定が済んでいれば、あとは積立額等を設定するだけで、ワンコイン投資が始められる。

(1)契約書の画面へ遷移し、内容を確認

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_契約書の確認

 「LINE」の「トーク」一覧には、「LINEスマート投資」が追加されているので、そこから「ワンコイン投資へ」を押す。投資一任の契約書の画面に遷移するので、内容を読み、問題なければ進める。

(2)積立額と積立頻度を設定

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_積立額と積立頻度を設定

 積立額と積立頻度を設定する。

(3)取引コードを入力

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_取引コードを入力

 フォリオの口座時に設定した「取引コード」を入力する

(4)LINE Payにチャージしていない場合はチャージする

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_LINEPayにチャージ
LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_チャージ画面
LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_チャージ完了

 LINE Payにチャージをしていない場合は、その流れでチャージしておく。

(5)ワンコイン投資の設定完了

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立設定の方法_設定完了

 これでワンコイン投資の設定は完了。

ワンコイン投資の積立を停止する・やめる方法

(1)スマート投資を開く

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立を停止する・やめる方法_TOP

  「LINE」の下部メニューから「ウォレット」を開き、一覧の中から「スマート投資」を選ぶ。

(2)マイページを開く

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立を停止する・やめる方法_マイページを開く

 右上のコインのアイコンをタップするとマイページに遷移する。

(3)積立停止を選択

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立を停止する・やめる方法_積立停止を選択

 「ワンコイン」投資のマイページの下の方に行くと、「積立を停止」のボタンがあるのでタップ。

(3)取引コードを入力して、積立を停止

LINEワンコイン投資_ワンコイン投資の積立を停止する・やめる方法_積立の停止

 積立を停止する際には取引コードが必要となるので準備しておこう。

LINEワンコイン投資の仕組み

 LINEワンコイン投資は「運用はお任せの全自動」、「自身で銘柄を選定する必要がない」とはいうものの、どのような仕組みで投資が行われるのかは、気になる人もいるだろう。ここではLINEワンコイン投資の仕組みについて解説する。

LINEワンコイン投資で積み立てた資金は誰が運用している?

LINEワンコイン投資で積み立てた資金は誰が運用している?

LINEワンコイン投資の運用者とは

 ユーザーがLINEワンコイン投資で積み立てた資金は「ロボアドバイザー」により運用が行われる。ロボアドバイザーに搭載されたアルゴリズムが、相場の状況にあわせて資産配分を調整する。

 LINEワンコイン投資で使用されるロボアドバイザーは「一任型」で、「FOLIO」が提供。

ロボアドバイザーとは?】

 ロボアドバイザー(ロボアド)は、いくつかの質問に答えるだけで、最大で「運用まで」任せられるサービス。ロボアドの種類は大きく分けて2つあり、「自分向けの資産運用プランを提案する」アドバイス型と「銘柄選択や売買まで任せられる」一任型がある。

FOLIO(フォリオ)とは?

LINEワンコイン投資の運用元のFOLIO(画像はHPより)

LINEワンコイン投資の運用元のFOLIO(画像はHPより)

 FOLIO(フォリオ)は「テーマ投資」と「ロボアドバイザー(おまかせ投資)」のサービスを提供するオンライン証券会社。「テーマ投資」は、「LINEスマート投資」でも提供しており、「アニメ」「AI」「バイオテクノロジー」といったテーマを選ぶことで、株式投資を始められる。

 手軽に株取引を始められるサービスとして注目を集めている。

LINEワンコイン投資の投資先や銘柄について

 LINEワンコイン投資の投資先や銘柄については、下記のタブ内にて解説する。

 LINEワンコイン投資の投資先は、NYSE(ニューヨーク証券取引所)またはNASDAQ(ナスダック)に上場しているETF(上場投資信託)。具体的な銘柄は開示されていないが、シミュレーションを見る限り債券のETFが多く採用されていると思われる。

ETFとは?】

 ETFとは指数の値動きと連動するように設定された金融商品。我々になじみ深い指数は日経平均株価だろう。日経平均でイメージできるとおり、指数には複数の株式銘柄の価格推移が反映されているため、個別企業の倒産リスクは軽減され、1銘柄の売買で分散投資も行える。

 国際分散投資を行う場合、海外上場のETFの方が、取引高が大きく、指数との連動性も高くなりやすく、メリットが大きいだろう。LINEワンコイン投資はシミュレーションを見た限り、資産配分はおそらく債券の比率が高いと思われ、本場の海外で上場されるETFの方が分散投資には適しているとも考えられる。

 一方で、海外上場のETFのデメリットは為替リスクが存在する点。為替リスクとは為替レートににより日本円換算時の収益が変動すること。たとえば海外上場のETFで、100ドルの売買収益を得られた場合、1ドル=120円のときと1ドル=80円のときでは、日本円に換算すると、4000円も差が現れる。

 LINEワンコイン投資で売買するETFの銘柄は下記種類のもの。

【投資するETFの種類】

株式

 対象は、米国株、先進国株(米国除く)、新興国株。

債券

 対象は、米国の債券、新興国の債券、ハイイールド債(信用格付けが低い債券)。

コモディティ

 対象は金のみ。

不動産

LINEワンコイン投資の手数料

 LINEワンコイン投資におけるいくつかの手数料を紹介する。

運用報酬料

 運用報酬として手数料が徴収される。手数料は運用資産(評価額も含む)に対して1%で、3000万円以上の運用資産額では0.5%が基本だが、月額手数料が100円未満の場合は月額100円(税別)の手数料となる(※運用報酬は、2020年4月中までは無料く)。一般的なロボアドバイザーの手数料と同水準といえる。

運用資産額が
3000万円以下
運用資産額が
3000万円超

1.0%(税別)

0.5%(税別)

入出金手数料

LINEPayからの入金手数料 フォリオからの出金手数料

無料

無料

口座管理手数料

 口座の維持や管理に関する手数料は無料。

LINEワンコイン投資で「NISA」「つみたてNISA」

 LINEワンコイン投資では「NISA」や「つみたてNISA」を利用することはできない。LINEワンコイン投資のような投資一任型のロボアドバイザーの場合は、「NISA」や「つみたてNISA」に対応しているサービスはない(記事公開時点)。

LINEワンコイン投資の税金

 LINEワンコイン投資は、分配金や売却益に対して税金が発生する。税率は株式投資などと同様の20.315%。口座開設をする際に、「特定口座」の選択ができ、「源泉徴収あり」にしていると、運用を行うフォリオが税徴収を行うため、原則確定申告が不要となる。

LINEワンコイン投資のQ&A

LINEワンコイン投資の積立金の上限は?

 LINEワンコイン投資の1回あたりの積立金額は500円からで、上限は3000円。

LINEワンコイン投資で配当金はもらえる?

 LINEワンコイン投資はETFへの投資となり、分配金として配当のような収益が発生する。分配金が再投資されない場合は口座に入る(記事公開時点では再投資は行われていない)。

LINE PayボーナスはLINEワンコイン投資の積立に使える?

 LINE Payボーナスをワンコイン投資に利用することはできない。

ワンコイン投資の利益をLINE Payに出金したい

 ワンコイン投資の利益をLINE Payへ出金することはできない。口座開設時に登録した「出金口座」に出金される。LINE スマート投資のメニューバーにある「出金」から可能。

FOLIO(フォリオ)が倒産した場合は?

 フォリオが倒産した場合、預け金の1000万円まで補てんされる。証券会社には分別管理が義務付けられており、他のネット証券会社も同様の対応をとっている。

分別管理】

 証券会社が顧客から預かった有価証券や預り金に関し、証券会社自身の資産とは別に管理すること。

  • SBI証券口座
  • 岡三オンライン証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。