マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
LINE証券
> 株取引の初心者必見 少額で簡単に「株」を始められる方法> 少額で株を購入できるLINE証券の特徴や取扱銘柄を紹介

少額で株を購入できるLINE証券の特徴や取扱銘柄を紹介

公開日:2020年4月16日 13:00
最終更新日:2020年4月16日

 LINEのアプリ経由で株式や投資信託を購入できる「LINE証券」。数百円の少額から取引できるため、投資初心者からも注目を集めている。LINE証券の特徴や取引できる銘柄名、手数料などについて紹介する。

    【目次】

  1. 1.ポイント利用や少額の株取引もできるLINE証券の特徴
  2. 2.LINE証券で取扱いの株銘柄や投資信託を紹介
  3. 3.LINE証券の手数料
    1. 株の取引・売買手数料(スプレッド)
    2. 投資信託の購入手数料と運用手数料
    3. 入出金手数料
  4. 4.LINE証券のその他Q&A
    1. 確定申告は必要?
    2. LINE証券では配当金はどうやってもらえる?
    3. LINE証券で株主優待は受け取れる?
    4. LINE証券のタイムセールとは?
    5. LINE証券のキャンペーンは?
    6. LINE証券からの「出金方法」は?

ポイント利用や少額の株取引もできるLINE証券の特徴

 LINE証券には主に5つの特徴がある。各特徴について見ていこう。

LINEポイントを使って株式や投資信託を購入できる

 LINE証券なら、貯めてきたLINEポイントを使って株式や投資信託を購入することができる。今まで活用していなかったポイントから、お試し感覚で投資を始めてみることも可能だ。

 LINE証券の株の買い方に関してはこちらの記事も参考に。

数百円の少額から、1株でも買える

 LINE証券では、1株単位で購入することができ、中には数百円から買える銘柄もある。投資初心者の中には、50万円や100万円といった大きな金額で取引せず、小さな金額から始めたいと考える人もいるだろう。

仕事終わりの時間帯でも取引することが可能

 LINE証券では、平日の17~21時の夜間も株を購入することが可能。1株単位の取引で、夜間にリアルタイムで約定がつくのはLINE証券だけのサービスである。

 一般的な株取引の場合、東京証券取引所が開いている昼の時間帯で取引することが多いが、夕方以降も株を買えるなら、サラリーマンでも取引がしやすいだろう。

株や投資信託の売買手数料が無料

 LINE証券では株や投資信託の売買手数料は無料。株取引に関しては、LINE証券の取引画面で提示される株価に取引コストが内包されている(コストに関しての詳細は後ほど)。

LINEからログインでき、スマホで取引しやすい

 LINE証券は、普段使い慣れているLINEアプリから操作・取引ができるので、わざわざ別ブラウザや別アプリから取引するような手間がない。

LINE証券で取扱いの株銘柄や投資信託を紹介

 LINE証券で取引できる金融商品は、株、投資信託、国内ETF(上場投資信託)の3種類。各商品の銘柄を紹介する(2020年4月16日時点)。

株銘柄(全300種)

 LINE証券では東証1部上場の銘柄など、300種類を用意。下にあるタブを押すと、300銘柄を一覧で確認できるので、気になる銘柄を探してみては。

  • 日本水産
  • マルハニチロ
  • ショーボンドHD
  • 国際石油開発帝石
  • 大成建設
  • 清水建設
  • 鹿島建設
  • 大和ハウス工業
  • 積水ハウス
  • 協和エクシオ
  • 日揮HD
  • 日清製粉グループ本社
  • LIFULL
  • ミクシィ
  • ジェイエイシーリクルートメント
  • 日本M&Aセンター
  • UTグループ
  • コシダカHD
  • パーソルHD
  • 江崎グリコ
  • 山崎製パン
  • カルビー
  • 森永乳業
  • ヤクルト本社
  • 明治HD
  • 日本ハム
  • 伊藤ハム米久HD
  • システナ
  • デジタルアーツ
  • 日本駐車場開発
  • カカクコム
  • ベネフィット・ワン
  • エムスリー
  • アウトソーシング
  • ディー・エヌ・エー
  • インフォマート
  • サッポロHD
  • アサヒグループHD
  • キリンHD
  • サントリー食品インターナショナル
  • 伊藤園
  • エービーシー・マート
  • 日本マクドナルドHD
  • 双日
  • 味の素
  • キユーピー
  • ハウス食品グループ本社
  • カゴメ
  • ニチレイ
  • 日清食品HD
  • 日本たばこ産業
  • ユーグレナ
  • 神戸物産
  • ビックカメラ
  • MonotaRO
  • J.フロント リテイリング
  • マツモトキヨシHD
  • ZOZO
  • 三越伊勢丹HD
  • オイシックス・ラ・大地
  • すかいらーくHD
  • オープンハウス
  • 東急不動産HD
  • シップヘルスケアHD
  • セブン&アイ・HD
  • 帝人
  • 東レ
  • クラレ
  • 旭化成
  • SUMCO
  • RS Technologies
  • ティーケーピー
  • コメダHD
  • スシローグローバルHD
  • コーエーテクモHD
  • コロプラ
  • じげん
  • SHIFT
  • GMOペイメントゲートウェイ
  • 王子HD
  • ラクス
  • オープンドア
  • アカツキ
  • ユーザベース
  • UUUM
  • PKSHA Technology
  • マネーフォワード
  • 昭和電工
  • 住友化学
  • クレハ
  • 東ソー
  • 信越化学工業
  • 三井化学
  • 三菱ケミカルHD
  • 野村総合研究所
  • ケネディクス
  • 電通
  • ソースネクスト
  • インフォコム
  • ラクスル
  • メルカリ
  • 花王
  • 武田薬品工業
  • 塩野義製薬
  • エーザイ
  • テルモ
  • そーせいグループ
  • 大塚HD
  • ペプチドリーム
  • DIC
  • オリエンタルランド
  • パーク24
  • ラウンドワン
  • オービック
  • ZHD(旧ヤフー)
  • トレンドマイクロ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • サイバーエージェント
  • 楽天
  • 大塚商会
  • デジタルガレージ
  • 富士フイルムHD
  • 資生堂
  • ファンケル
  • コーセー
  • ポーラ・オルビスHD
  • タカラバイオ
  • クミアイ化学工業
  • 出光興産
  • JXTGHD
  • ブリヂストン
  • 日本板硝子
  • 住友大阪セメント
  • 太平洋セメント
  • 東海カーボン
  • TOTO
  • 日本製鉄
  • 神戸製鋼所
  • 三菱マテリアル
  • 住友金属鉱山
  • 住友電気工業
  • 弁護士ドットコム
  • M&Aキャピタルパートナーズ
  • リクルートHD
  • エラン
  • ツガミ
  • オークマ
  • アマダHD
  • DMG森精機
  • ディスコ
  • 鎌倉新書
  • ストライク
  • 島精機製作所
  • オプトラン
  • ナブテスコ
  • SMC
  • 小松製作所
  • クボタ
  • 荏原製作所
  • ダイキン工業
  • 栗田工業
  • ダイフク
  • グローリー
  • セガサミーHD
  • 日本精工
  • NTN
  • ジェイテクト
  • 不二越
  • ミネベアミツミ
  • THK
  • 日立製作所
  • 三菱電機
  • 安川電機
  • RPAHD
  • 日本電産
  • オムロン
  • IDEC
  • NEC
  • 富士通
  • 沖電気工業
  • セイコーエプソン
  • パナソニック
  • シャープ
  • アンリツ
  • ソニー
  • TDK
  • 堀場製作所
  • アドバンテスト
  • キーエンス
  • デンソー
  • カシオ計算機
  • ファナック
  • 浜松ホトニクス
  • 京セラ
  • 太陽誘電
  • 村田製作所
  • 日東電工
  • 三菱重工業
  • 川崎重工業
  • IHI
  • ジャパンインベストメントアドバイザー
  • ゆうちょ銀行
  • 日産自動車
  • トヨタ自動車
  • マツダ
  • 本田技研
  • SUBARU
  • ヤマハ発動機
  • シマノ
  • アトム
  • 良品計画
  • パンパシフィックHD
  • 西松屋チェーン
  • ゼンショーHD
  • ワークマン
  • サイゼリヤ
  • ユナイテッドアローズ
  • コロワイド
  • 島津製作所
  • ナカニシ
  • オリンパス
  • SCREENHD
  • 朝日インテック
  • キヤノン
  • リコー
  • シチズン時計
  • ブシロード
  • バンダイナムコHD
  • アシックス
  • ヤマハ
  • ピジョン
  • 任天堂
  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 豊田通商
  • ファミリーマート
  • 三井物産
  • 東京エレクトロン
  • セイコーHD
  • 住友商事
  • 三菱商事
  • ゴールドウイン
  • ユニ・チャーム
  • デサント
  • ロイヤルHD
  • イオン
  • ゼビオHD
  • 三菱UFJ FG
  • りそなHD
  • 三井住友FG
  • みずほFG
  • 東京センチュリー
  • SBIHD
  • オリックス
  • 松井証券
  • ソニーフィナンシャルHD
  • 第一生命HD
  • 東京海上HD
  • イー・ギャランティ
  • 三井不動産
  • 三菱地所
  • 住友不動産
  • 東急
  • JR東日本
  • JR西日本
  • JR東海
  • 西武HD
  • 近鉄グループHD
  • ヤマトHD
  • 日立物流
  • 商船三井
  • 川崎汽船
  • JR九州
  • 日本航空
  • ANAHD
  • 三菱倉庫
  • KDDI
  • ソフトバンク
  • NTTドコモ
  • ゼンリン
  • 東京電力HD
  • 東京ガス
  • 東宝
  • HIS
  • NTTデータ
  • 共立メンテナンス
  • 東京ドーム
  • スクウェア・エニックス・HD
  • カプコン
  • 日本空港ビルデング
  • 乃村工藝社
  • セコム
  • コナミHD
  • ニチイ学館
  • ヤマダ電機
  • ニトリHD
  • 吉野家HD
  • ミスミグループ本社
  • ファーストリテイリング
  • ソフトバンクグループ

国内ETF銘柄

 LINE証券では国内で上場されているETF銘柄15種も取引できる。銘柄の一覧は下記のタブより。

  • TOPIX上場 ETF
  • 中国株式50ETF
  • 日経225ETF
  • 東証REIT ETF
  • 日経Wインバース ETF
  • 米国債7-10年ETF
  • 金ETF
  • ナスダック100 ETF
  • NYダウETF
  • VIX短期先物ETF
  • 日経レバレッジ ETF
  • S&P500ETF
  • インド株式50ETF
  • 原油ETF
  • ロボットETF

投資信託銘柄

 LINE証券で取引できる投資信託銘柄も紹介する。近年人気を集める「インデックスファンド」や「アクティブファンド」も取引できる。

  • 三菱UFJ グローバル・ボンド・オープン(年1回決算型)
  • エマージング・ソブリン・オープン(1年決算型)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXISプラス コモディティインデックス
  • 楽天日本株 4.3倍ブル
  • 楽天日本株 トリプル・ブル
  • 楽天日本株 トリプル・ベアⅣ
  • 三井住友・配当フォーカスオープン
  • エス・ビー・日本債券ファンド
  • ブラックロックおまかせバランス投信
  • ひふみプラス
  • コモンズ30
  • 東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
  • フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)
  • netWIN GSテクノロジー株式ファンドBコース(為替ヘッジなし) 
  • アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース(為替ヘッジなし)
  • バリューハント日本株
  • フューチャートレンド世界株
  • フィデリティ・USリート・ファンド(資産成長型)D(為替ヘッジなし)
  • スパークス・新・国際優良日本株ファンド
  • スパークス・新・国際優良アジア株ファンド
  • One国内株オープン
  • 楽天・米国レバレッジバランス・ファンド

LINE証券の手数料

 LINE証券での株取引や投資信託の購入、入出金における手数料を紹介する。

株の取引・売買手数料(スプレッド)

 株の取引・売買に関する手数料は無料。取引手数料の代わりにLINE証券の提示株価に数パーセントのコストが上乗せされている(スプレッド)。これが実質の取引コストとなるが、スプレッドは業界最安水準。

【スプレッドの内訳】

  • 9:00~11:20、12:30~14:50には最良気配を基準に0.05%のスプレッドを加減算
  • 11:30~12:20には前場終値に0.05%のスプレッドを加減算
  • 17:00~21:00には翌日基準値段に0.5%のスプレッドを加減算

投資信託の購入手数料と運用手数料

 投資信託の取引における手数料は、「購入手数料」と「運用手数料」がある。

【投資信託の手数料】

  • 購入手数料は無料
  • 運用手数料は各投資信託の目論見書に記載

入出金手数料

 LINE証券の口座へ入金・出金は、「LINE Payアカウント」経由もしくは「銀行口座振り込み」にて行える。入出金の際にはそれぞれ手数料が異なる

【LINE証券の入出金手数料】

  • 「LINE Payアカウント」への入出金手数料は無料
  • 銀行口座への出金は1回220円、入金は各行の所定の振込手数料

LINE証券のその他Q&A

確定申告は必要?

 取引で発生した利益に対して「源泉徴収をする特定口座」の場合は、LINE証券の方で、利益に対する税金を納めるため、原則確定申告は必要ない。特定口座は口座開設の際に選ぶことができる。源泉徴収なしの口座では確定申告が必要となる。

 サラリーマンの場合は20万円以上の副収入がある場合は確定申告が必須となるので注意。その他、確定申告が必要となる場合もあるので、気になる人は税理士などに確認を。

LINE証券では配当金はどうやってもらえる?

 LINE証券で株式を購入した場合、配当金を受け取れる銘柄もある。配当金を受け取るには、「権利付最終日」の日中(取引時間終了まで)に株式を購入することが条件。銘柄ごとに権利付け最終日は異なるので、配当金を受け取る場合は、銘柄詳細から確認しておきたい。

 また、配当金の受け取り時期も会社ごとで異なるケースもあるが、多くは権利確定日から2~3か月後に受け取ることができる。

LINE証券で株主優待は受け取れる?

 LINE証券の株取引でも株主優待は受け取れる。株主優待を受け取るためには、特定の期間までに一定の株式保有数を超えている必要があるため、株主優待をもらいたい場合は、各会社のHPなどから条件を確認しておくように。

LINE証券のタイムセールとは?

 ゲリラ的に行われる「タイムセール」は、17~19時の間、対象の銘柄の購入価格が3~7%割引される。セールの対象銘柄は在庫の株数に達し次第、販売が終了する。

 購入した株銘柄は、翌営業日から売却することもできる。

LINE証券のキャンペーンは?

 LINE証券のキャンペーンは、随時開催されている。新たに口座開設をした人向けのキャンペーンが開催されていることは多いので、気になる人はLINE証券の「トーク」やLINE証券のTOP画面をチェックして、条件を確認しておくといい。

LINE証券_初株キャンペーン

LINE証券からの「出金方法」は?

 LINE証券の口座に入金していたお金を出金するには2つの方法がある。

【LINE証券からの出金方法】

「LINE Payアカウント」への出金
 LINE証券の出金画面から「LINE Payアカウント」を選択して、出金。この場合、出金手数料は無料である。
「登録した銀行口座」への出金
 事前に登録した「銀行口座」に対し、出金することも可能。この場合、出金手数料は220円発生し、手数料は出金額から差し引かれる。

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • LINE証券
  • マネックス証券
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。