マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
シストレ24
> 株取引の初心者必見 少額で簡単に「株」を始められる方法> ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説

公開日:2018年10月16日 8:00
最終更新日:2018年12月17日

1 2 3 4 5

 買い物などで付与されるポイントを「投資」や「資産運用」に活用できるサービスが続々登場している。本記事では注目の「ポイント投資」について、基礎~サービスの比較まで徹底解説する。

対応クレカ ポイント名

楽天ポイント

楽天カード

詳細

dポイント

dカード

詳細

永久不滅ポイント

セゾンカード

詳細

※ポイントは自動現金化

インヴァストカード

詳細

エポスポイント

エポスカード

詳細

ポイント投資とは? 概要を簡単に解説

 ポイント投資とは、楽天ポイントやdポイントなど、各企業がサービスの利用者に対して還元しているポイントで資産運用をするサービス。

 これまでは買い物や商品との交換に限られていたが、株式投資や投資信託などの「資産運用」が選択肢に増えたことで、ポイントの利便性がさらに高くなったといえるだろう。

ポイント投資ができる主要会社

 ポイント投資が可能な会社は下記3つが利用者数・運用額などからメジャー。各会社の詳しい情報についてはのちほど解説する。

楽天ポイント投資 楽天ポイントの投資は、楽天証券から行う。楽天証券では投資信託の買い付け(運用)が100ポイント(100円)からと手軽。
ドコモのdポイント投資 dポイントはNTTドコモが発行しているポイントで、ロボアドバイザーの大手「THEO」の商品と連動。
セゾンのポイント投資 大手クレジットカード会社の1つであるクレディセゾンの投資は、同社発行のクレカの利用で貯まる「永久不滅ポイント」を使う。マネックス・セゾン・バンガード投資顧問の商品と連動。

ポイント投資の仕組み

 各社発行のポイントを運用原資として投資を行う「ポイント投資」。各社さまざなかたちで、ポイントによる資産運用サービスを実現した。

ポイント発行会社×証券・資産運用会社

 dポイントを発行するNTTドコモのような「ポイント発行会社」と証券会社や資産運用会社(ロボアドバイザーなど)が連携してポイント運用サービスが可能になった。楽天ポイントのようにグループ会社に証券会社を持つ会社もある。

【ポイント発行会社×証券・資産運用会社】

  • ■dポイント×THEO(NTTドコモ×お金のデザイン)
  • ■楽天ポイント×楽天証券(楽天グループ)
  • ■永久不滅ポイント×MSV(クレディセゾン×マネックス・セゾン・バンガード)
  • ■dポイント×THEO
    (NTTドコモ×お金のデザイン)
  • ■楽天ポイント×楽天証券
    (楽天グループ)
  • ■永久不滅ポイント×MSV
    (クレディセゾン×マネックス・セゾン・バンガード)

ロボアドバイザーとは?】

 ロボアドバイザーは、いくつかの質問に答えるだけで、自分に合う資産運用プランの提案から売買までを任せられるサービス。「ロボアド」と呼ばれることもある。2016年以降、フィンテック(FinTech)ベンチャーや証券会社からリリースが相次いだ。

クレジットカードと紐づいたサービス

 ポイントはクレジットカードの利用により付与されることも多く、証券会社がクレジットカード会社と連携して、独自カードを発行し、ポイントによる資産運用を可能にするタイプもある。

【クレジットカード連携のポイント投資】

  • ■dカード(dポイント還元:NTTドコモ)
  • ■セゾンカード(永久不滅ポイント還元:クレディセゾン)
  • ■楽天カード(楽天ポイント還元:楽天グループ)
  • ■インヴァストカード(ポイント還元※:インヴァスト証券)
  • ■エポスカード(エポスポイント還元:丸井グループ)
  • ■MATSUI SECURITIES CARD(松井証券ポイント還元:松井証券)
  • ※インヴァストカードはポイントが必ず毎月現金化されるため、特別にポイント名をつけていない

  • ■dカード
    (dポイント還元:NTTドコモ)
  • ■セゾンカード
    (永久不滅ポイント還元:クレディセゾン)
  • ■楽天カード
    (楽天ポイント還元:楽天グループ)
  • ■インヴァストカード
    (ポイント還元※:インヴァスト証券)
  • ■エポスカード
    (エポスポイント還元:丸井グループ)
  • ■MATSUI SECURITIES CARD
    (松井証券ポイント還元:松井証券)
  • ※インヴァストカードはポイントが必ず毎月現金化されるため、特別にポイント名をつけていない

「運用はお任せ」系のサービスが多い

 ポイントによる運用は「ロボアドバイザー」や「投資信託」「自動売買」といった「お任せ系の資産運用」が多い。自分で株式を売買する、となると手間を要するが、ポイント投資に関してはその心配は少ない。

【運用お任せ系のポイント投資】

  • ■dポイント(投資信託)
  • ■永久不滅ポイント(投資信託)
  • ■楽天ポイント(投資信託)
  • ■インヴァストカードのポイント(独自の自動取引システム)
  • ■エポスポイント(投資信託)
  • ■松井証券ポイント(投資信託)
  • ■dポイント
    (ロボアドバイザー)
  • ■永久不滅ポイント
    (投資信託)
  • ■楽天ポイント
    (投資信託)
  • ■インヴァストカードのポイント
    (独自の自動取引システム)
  • ■エポスポイント
    (投資信託)
  • ■松井証券ポイント
    (投資信託)

SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券口座
  • 岡三オンライン証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。