マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
シストレ24

ポイント投資のコツ

公開日:2018年10月16日 8:00
最終更新日:2018年10月23日

ポイント投資のコツは下記2点。

    【ポイント投資のコツ】

  • (1)利用する運用サービスの把握
  • (2)何に投資するかの概要を把握

 運用サービスを把握することはそこまで難しくない。多くは「お任せ系の投資」のため。「何に投資するのかの“概要”を把握」することはとても重要だ。そこまで難しくないことだが、見慣れない用語が並ぶと面倒と思う人が多い。

 投資する前に把握することが手間と感じるならば、少額のポイントで始め、興味が湧いてから本ページの内容を参考に知るという進行でも遅くはないだろう。大まかに投資先を把握するだけで、利益や得られる投資経験は変わるだろう。ポイントで何に投資できるのか、その銘柄について見ていく。

何に投資するかの概要を把握

 ポイントの投資先は大きくわけて2種類。

【ポイントの投資先】

(1)投資信託

 投資信託には、大きく分けて「アクティブファンド」「インデックスファンド」の2つのタイプがある。

――アクティブファンド
 一般的にイメージされる投資信託で、プロのファンドマネージャーに売買を任せる、というもの。
――インデックスファンド
 日経平均やNYダウなどの指標と同じ動きをするように作られた投資信託。パッシブファンドとも呼ばれる。インデックスファンドはアクティブファンドよりも価格の上下を把握しやすい銘柄が多いことも特徴。
(2)ETF

 ETFは上場投資信託といわれ、インデックスファンドと同じように、指数と同じ動きをするよう作られた商品。投資信託と大きく異なるのは、市場が開いている時間なら、価格がリアルタイムに変更する点(投資信託は基本的に1日1回)。

 

ETF豆知識】

 ETF市場は世界中で急拡大している。2015年末段階で、世界に5500本以上のETFが上場しており、その運用資産残高は約3兆米ドルとなっている。日本取引所グループによると、2013年の国内ETFの売買代金は約16兆円、2015年には約61兆円に増えるなど、国内のETF市場も拡大傾向にある。

 ETFは世界中の機関投資家が運用の主力商品として活用していることからも、金融商品における優位性がわかるだろう。国内では日銀や生保、損保などがETFを使って資金運用をしており、海外では米国最大の公的年金基金「カルパース」が巨額の資金をETFで運用している。

投資信託・ETFの銘柄のタイプは4つ

 投資信託・ETFには具体的にどんな銘柄あるのだろうか。銘柄名をピックアップしても初心者にはわかりにくいと思うので、ここではざっくりと投資信託・ETFでどんな投資ができるのか紹介する。

【投資信託・ETFの銘柄のタイプ】

(1)株式に投資する銘柄

 株式に投資する投資信託やETFは多い。インデックス(指数)に投資する銘柄の場合、1つの株銘柄ではなく、複数の株銘柄に投資するため、「どの株式市場」に「どれくらいの規模感で投資するのか」を見ると、おおよそ銘柄の性格はつかめる


(例)
「S&P500の指数と連動する投資信託やETF」

「アメリカの株式市場」の「時価総額の約8割をカバーするほどの株銘柄」に投資

<株式に投資する銘柄のタイプ>

■先進国の株式市場に投資する銘柄
■新興国の株式市場に投資する銘柄
■新興国や先進国の複数市場へ投資する銘柄

<代表的な指数>

【米国と日本】
■日経225(日経平均株価のことで、東証1部上場企業のうち225銘柄を対象とした指数)
 

■TOPIX(東証株価指数のことで、東証1部上場の全株式銘柄からなる指数)
 

■NYダウ(米国を代表する30銘柄から構成される指数)
 

■S&P500(ニューヨーク証券取引所やNYSE MKT、NASDAQに上場する500銘柄をもとにした指数で、米国株式市場の時価総額8割近くをカバー)
 

【他の有名な指数】

■MSCI コクサイ・インデックス(日本を除く先進国の株式で構成される指数で、該当市場の時価総額8割近くをカバー)
 

■FTSE100種総合株価指数(ロンドン証券取引所に上場する時価総額上位100銘柄で構成される指数)
 

■MSCIヨーロッパ指数(欧州15カ国の主要企業の銘柄からなる指数)
 

■香港ハンセン株価指数(香港証券取引所の流動性の高い上位銘柄をもとにした指数)
 

■Nifty 50(インド・ナショナル証券取引所に上場する主要50銘柄からなる指数)

(2)債券に投資する銘柄

 債券の種類は大きく分けると、先進国の銘柄と新興国の銘柄。複数の国の債権を組み込んでいる銘柄もあれば、ブラジルやトルコなど、利回りの高い債権のみを対象とする銘柄がある。両方ミックスさせて投資する銘柄もあり、その場合は新興国・先進国のどちらを重点的に投資するか見ておくといい。

 債券関連の投資信託・ETF銘柄は価格だけを見ると、株式市場に投資する銘柄よりは、上昇率が高いわけではない。中長期的に少しずつ資産を増やすイメージが近い。

<債券銘柄の種類>
■先進国の債券に投資する
■新興国の債券に投資する
■新興国と先進国の債権をミックスさせて投資

(3)不動産・金・原油(知っている人向け)

 投資信託・ETFともに、不動産や金、原油などに投資できる銘柄もある。仕事柄、その分野に詳しいということでもない限り、いきなり金や原油関連の銘柄を買うのはハードルが高いと思うので、興味のある人は銘柄を見てみるといい。

(4)銘柄の選択・売買をプロに任せるアクティブファンド

 投資信託のアクティブファンドにおいて、日本で有名な銘柄が「ひふみ投信」(参考記事:日本株運用の最大ファンドとなった「ひふみ投信」の次なる狙いは?)。アクティブファンドになると、そのファンドがどのような銘柄に投資するのか、といった目利きが必要になるので、初心者の人はインデックス系ファンドの方が始めやすいだろう。

銘柄を見るうえで参考になる知識

【銘柄を見るうえで参考になる知識】

(1)銘柄の名前の見方

 銘柄名の見方がわかれば、銘柄の性格はなんとなくわかる。銘柄にはおおよそ「会社名」「投資対象の指数」「タイプ」の3つの要素が名前には含まれ、ここを見ればどんな銘柄なのか、想像がつきやすい。

 インデックス系の銘柄の場合は、「インデックス」や「パッシブ」という文言が含まれていることが多い。たとえば、楽天証券の投資信託ランキング(2018年8月15日時点)で1位だった「ニッセイ日経225インデックスファンド」を見てみよう。【ニッセイ】⇒会社名(運用会社)、【日経225】⇒投資対象となる指数やファンドの特徴を表す文言、【インデックスファンド】⇒投資信託のタイプ

(2)会社名

 会社名は「ファンドを運用する会社(運用会社、アセットマネジメント(AM)とも呼ばれる)」のこと。投資信託の銘柄で記載される代表的な会社名などを下記に紹介する。

 
<国内企業>
 
■ニッセイ(ニッセイ アセット マネジメント)
 
■eMAXIS(三菱UFJ国際投信が運用するファンドのシリーズ名)
 
■日興(日興アセットマネジメント、三井住友信託銀行傘下の会社)
 
■レオス(ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス)
 
■AMone/ONE(アセットマネジメントOne。旧DIAMアセットマネジメントで、みずほファイナンシャルグループ)

 
<外資系企業>
 
■フィデリティ(フィデリティ・インベストメンツ)
  
■JPM(JPモルガン・アセット・マネジメント)
 
■ピクテ(ピクテ投信投資顧問)

(3)専門用語集

 
■目論見書・運用報告書

 ファンドやETFがどのように推移しており、どのような銘柄に投資しているか、などの詳細がわかる報告書。

■上場先

 ETFにおいてはどの証券市場に上場されているかを見ることも重要。たとえばアメリカの株式市場に投資するETFの場合、東京証券取引所よりも本場アメリカの証券取引所に上場されている銘柄の方が、「純資産」は大きく、価格が安定しやすい、という特徴がある。

■ボンド

 ボンドは「債券」を指す。債券銘柄のときに名前に入ることがある。

■ハイイールド

 格付けが低い債券のことを指す。利回りは高い傾向にあるが、国の信用格付けが低い場合、債券価格が不安定になりがち。

■信託報酬

 銘柄を保有することで、固定で発生するコストのこと。目論見書に年率で記載されている。信託報酬は運用会社へのコストになり、アクティブファンドとインデックスファンドを比べると、インデックスファンドの方が安い。インデックスファンドの信託報酬の平均は、約0.15~0.40%、アクティブファンドは約1~2%といったところだろう。

■ノーロード

 販売手数料無料の投資信託を指す。購入・売却するときの手数料は発生しないが、信託報酬は発生する。

■アロケーションファンド

 投資対象を分散する「バランス型ファンド」のひとつ。アロケーションファンドは相場環境に応じて、投資の資産配分を適宜変更する。

■為替リスク

 海外の株式などが銘柄に組み込まれる場合、ファンドは外貨(主にドル)で銘柄を購入している。為替レートの変動により、価格も変動してしまうことを「為替リスク」と呼ぶ。

 たとえばAという銘柄を1ドル=120円のときに買ったとする。Aの価格は1年後にグングン上昇したが、1ドル=70円の超円高になっていたため、日本円にしたときのAの価格は上がっておらず、購入時に比べるとむしろマイナスになっていた。これが為替リスクによる損。

 銘柄の中には「為替ヘッジ」といって、為替リスクを減少させる対策をしているものもあるので、チェックしてみるといい。

■オープン

 投資信託には「設定前にしか購入できないもの」と「設定後でも購入できるもの」の2タイプある。最近はほとんど「設定後でも購入できるもの」で、このタイプのことを「オープン型投資信託」と呼ぶ。


SBI証券

SBI証券
もっと情報を見る

【口座数】

400万以上

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2530本

【外国株】

約3400銘柄

<イチオシポイント>

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで詳細を見る

楽天証券

楽天証券
もっと情報を見る

【口座数】

約225万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約2450本

【外国株】

約2500銘柄

<イチオシポイント>

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで詳細を見る

マネックス証券

マネックス証券
もっと情報を見る

【口座数】

約175万

【NISA・iDeCoの取扱い】

あり

【投資信託】

約1050本

【外国株】

5300銘柄以上

<イチオシポイント>

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで詳細を見る

SBI証券

SBI証券
情報を
もっと見る

口座数:400万以上

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2530本

外国株:約3400銘柄

【イチオシポイント】

2017年9月にネット証券で唯一となる400万口座を突破。売買手数料は業界最安水準で、NISA、つみたてNISA、iDeco、ロボアドバイザーなど取扱商品が多彩。

公式サイトで
無料口座開設

楽天証券

楽天証券
情報を
もっと見る

口座数:約225万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約2450本

外国株:約2500銘柄

【イチオシポイント】

「売買に応じて楽天ポイントバック」「楽天会員なら口座開設の手間も削減」など楽天会員の特典が多い。売買手数料は業界最安水準で、取扱商品が多彩な点も特徴。

公式サイトで
無料口座開設

マネックス証券

マネックス証券
情報を
もっと見る

口座数:約175万

NISA・iDeCoの取扱い:あり

投資信託:約1050本

外国株:5300銘柄以上

【イチオシポイント】

米国株の取扱い数が業界ダントツで多く、IPO投資にも向いている。「ワン株」サービスにより、1株単位の超小口取引も可能。

公式サイトで
無料口座開設

「iDeCo」や「NISA」で株投資を始める
NISAとつみたてNISA
「NISA」と「つみたてNISA」、どちらを選ぶべきなのか
iDeco税金かからない
iDeCoは運用で儲かっても税金がかからないお得な口座
日本最強投資信託
10年弱で400%超上昇 “日本最強”投資信託の実力とリスク
有名ブロガーの株主優待
株主優待ゲット主婦
年間300銘柄の株主優待をゲットする主婦の「3つの戦略」
優待ブロガー
優待ブロガー、年300銘柄の株主優待を手にする投資手法
手数料比較
売買手数料で証券会社を比較「取引コストの安い証券会社は?」
外国株比較
外国株の取扱い銘柄数で証券会社を比較
  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。
  • 小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。