マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
ペイ系スマホ決済を比較 アプリの特徴やおススメの選び方を紹介

ペイ系スマホ決済を比較 アプリの特徴やおススメの選び方を紹介

2019年7月31日 7:00

 キャッシュレス決済の中でも、○○ペイのアプリでさらに広く認知されるようになった「スマホ決済」。本記事では○○ペイなどのスマホ決済サービスに関して、仕組みや各アプリの特徴を紹介する。

○○ペイのスマホ決済アプリとは

 スマホ決済は、スマホのアプリなどを通して、料金の支払いや送金が行え便利な一方、様々なサービスが乱立している状況で、種類などの基本から整理する。

【2018年頃から注目度が高まったスマホ決済アプリ】

  • ■LINE Pay
  • ■楽天ペイ
  • ■PayPay
  • ■メルペイ
  • ■d払い

ペイ系のスマホ決済ができること

ペイ系のスマホ決済ができること

QR・バーコードによる決済が特徴(画像はイメージ)

 LINE Payや楽天ペイ、PayPayといったスマホ決済サービスは、「店のQRコードやバーコードを読む」または「スマホアプリのQRコードやバーコードを店側で読み込んでもらう」ことで、決済するサービス。アプリの中には、「割り勘」などのユーザー同士での送金ができるサービスが付いていることもある。

 スマホ決済により、プラスチックの実物カードとは異なる利便性を実現した。個人間で容易に送金ができる機能においても、銀行を介さずスマホでいつでも簡単にお金を送りあえるようになったことで、新たな生活スタイルや実用性をもたらしてくれるだろう。

【2018年頃からリリースされたペイ系スマホ決済アプリの特徴】

  • ■QR・バーコード決済
  • ■個人間の送金

ペイ系のスマホ決済の料金の支払い方式は3つ

 スマホ決済の利用料金は3つの支払い方法がある。利用前にチャージする「前払いタイプ」、クレジットカードに紐づくなどの「後払いタイプ」、デビットカードのように利用にあわせて銀行口座から引き落とされる「即時反映タイプ」の3種類。

【スマホ決済は3つの支払い方式】

  • ■前払いタイプ(プリペイド式)
  • ■後払いタイプ(クレジットカード式)
  • ■即時反映タイプ(デビットカード式)

スマホ決済の種類を図解 Apple PayやGoogle Payは?

スマホ決済の種類をイラストで解説 Apple PayやGoogle Payは?

 上のイラストがスマホ決済やSuicaなどのIC型カード、Apple PayやGoogle Payなどをすみ分けたイメージ図。スマホを経由して決済することを「スマホ決済」とする場合、「LINE Pay」や「楽天ペイ」などのQRやバーコードに限らず、SuicaやiD、クレジットカードなどをもとに決済を行うApple PayやGoogle Payもスマホ決済のカテゴリーに入るだろう。

 スマホ決済とScuicaなどの決済は、どちらもクレカ/デビットカード/銀行口座/現金のいずれかが資金元となり、スマホやICカードを媒介として、支払いが行われる。決済の種類に関しては下記のようにも分類される。

【決済の種類】

非接触型決済

Scuica

iD

nanaco

QUICPay

Visaのタッチ決済

など

QR・バーコード決済

LINE Pay

楽天ペイ

PayPay

メルペイ

ファミペイ

など

ペイ系スマホ決済アプリの一覧比較 どれがおすすめ?

 スマホ決済アプリの比較とあわせて「どれが自分に合うか」「ポイント還元率が高いサービス」などに関しても解説する。

支払い
方式
ポイント
還元率
詳細
LinePay 前払い 0.5~2% 特徴⇒
楽天ペイ 前払い
後払い
1%以上 特徴⇒
PayPay 前払い
後払い
0.5~4% 特徴⇒
メルペイ 前払い
後払い
特徴⇒
ファミペイ 前払い
後払い
0.5% 特徴⇒
支払い
方式
ポイント
還元率
詳細
LinePay 前払い 0.5~2% 特徴⇒
楽天ペイ 前払い
後払い
1%以上 特徴⇒
PayPay 前払い
後払い
0.5~4% 特徴⇒
メルペイ 前払い
後払い
特徴⇒
ファミペイ 前払い
後払い
0.5% 特徴⇒

スマホ決済アプリを選ぶ基準は?

 スマホ決済アプリを選ぶ際の基準をいくつか紹介する。

【スマホ決済アプリを選ぶ基準】

支払方法(後払い派? 先払い派?)

 便利だから、ポイントが貯まるから、といって支出を管理できず、普段よりお金を使い過ぎては元も子もない。支出を管理できる自分にあった方式のサービスを選びたい。

自分の生活シーンに合っているか

 スマホ決済は、決済以外の他サービスとの連携もしやすいことが特徴。例えばLINE PayはLINE系サービスからポイントを貯めることも、それを残高に回して使うことも可能で、メルカリならメルカリの売上をそのまま街で決済に活用できる。決済以外のサービスにも着目し、頻繁に活用できそうなスマホ決済アプリを選びたい。

ポイントやキャンペーンは活用できる範囲内で

 ポイント還元やキャンペーンは、自分で活用できる範囲内のものを。例えば20%還元キャンペーンが開催されているからといって、そのアプリを利用し、ポイントをゲットできても、還元されたポイントはそのアプリを通して使う必要があり、使いきれずにポイントが失効した、というケースも考えられる。

 クレジットカードなどで、ポイント活用になれている人は別として、スマホ決済のポイント還元率やキャンペーンは「おまけ」程度に考え、自分の生活に合うスマホ決済アプリを選ぶという方法もある。

ペイ系スマホ決済でチャージにクレジットカード対応のアプリ

 ペイ系のスマホ決済アプリの中でも、残高へのチャージをクレジットカードで可能なものを紹介する。クレジットカードでチャージすることにより、利用に応じたポイントとは別途ポイントがもらえるアプリも。

【チャージをクレカでできるスマホ決済アプリ】

  • ■楽天ペイ
  • ■PayPay
  • ■ファミペイ
  • ■d払い
  • ■au PAY
  • ■Origami Pay

ペイ系スマホ決済アプリ ポイント還元率ランキング

 ペイ系スマホ決済の利用で、得られるポイントの還元率を比較する。下記比較は、期間限定のキャンペーンを活用せず、またクレカでチャージした際のポイント還元などを含まない、純粋な利用に対するポイント還元率。

【ポイント還元率ランキング(チャージ分無し)】

PayPay

0.5~3%
LinePay

0.5~2%
楽天ペイ

0.5%
ファミペイ

0.5%

 クレジットカードのポイント還元やキャンペーンなどの一時的なポイント還元も含めれば、上記数値よりさらに還元率を多くすることも可能だ。

 例えば楽天ペイであれば、チャージはクレジットカードで必ず行われるので、利用によるポイント還元0.5%(200円につき1ポイント)とチャージによるクレジットカードのポイントを加味すれば、キャンペーン適用外でも1%以上の還元を実現できる。自身がよく使うクレジットカードやサービスなどとも見比べ、ポイント制度の活用を検討したい。

ペイ系スマホ決済アプリの特徴をまとめ

LinePay(ラインペイ)の特徴

LINE Pay(ラインペイ)とは

 LINE Payは「LINE」アプリに搭載されている決済サービス。LINE Payにチャージしたお金で実店舗やWEBで支払いが行えるだけでなく、「友だち」同士で割り勘ができる機能付き。

【LINE Payができること】

  • ■LINE Payカード(プリペイド決済)
  • ■コード決済(QR・バーコード決済)
  • ■オンライン決済(ネットショップ等の支払い)
  • ■送金・割り勘

【LINE Payの支払い方法】

■先払い

LINE Payの使い方
LINE Payにチャージする方法

LINE Payは「プリペイドカード」と「QR・バーコード決済」で支払い可
LINE Payカード

左が「LINE Payカード」のプラスチック版で、右がバーチャルカード

 LINE Payでは「LINE Payカード」というプリペイドカードによる支払いと「QR・バーコード」による支払いが可能。2つの決済方法は、1つの残高から支払われるので、例えば「QR・バーコード決済」に対応していない店では、LINE Payカードで支払う、ということもできる。

 LINE Payカードは、JCB加盟店で利用可能。

LINE Payカードが使える店
LINE Payが使える店

LINE Payのポイント還元率は、利用金額の0.5~2%

 LINE Payは利用金額の0.5~2%を「ポイント(LINE Payボーナス)」で還元する。

 還元率は、自身の前月のLINE Pay利用額に応じた「マイカラー」で変動する。

【マイカラー:ポイント還元率(支払額)】

  • ■グリーン:還元率2%(月間10万円以上)
  • ■ブルー:還元率1%(月間5~10万円未満)
  • ■レッド:還元率0.8%(月間1~5万円未満)
  • ■ホワイト:還元率0.5%(月間1万円未満)

LINE Payのポイント制度について
マイカラーのランクをUPさせる一例

楽天ペイの特徴

楽天ペイとは?

 楽天ペイでは決済と送金ができる。楽天ポイントとも連携されたサービスが特徴。

【楽天ペイができること】

  • ■コード・QR払い(QR・バーコード決済)
  • ■セルフ(対応店舗での決済)
  • ■オンライン決済
  • ■楽天ポイントカード(楽天ポイントを貯める・支払う)
  • ■個人間送金

【楽天ペイの支払い方法】

■後払い(チャージはクレジットカードのみ)

楽天ペイが使える店
楽天ペイのチャージ方法
>楽天ペイの使い方

楽天ペイはポイント還元が1.5%以上も

 楽天ペイは利用金額に対して0.5%のポイント還元を受けられる。楽天ペイの場合は、チャージするごとに必ずクレジットカードを利用するため、クレジットカード利用によるポイント還元を加味すると、ポイント還元率は「ペイ利用分+チャージ分」となる。

 例えば楽天ペイに楽天カードを登録した場合、楽天ペイのポイント還元率が1.5%以上となる。内訳は、楽天ペイの利用で0.5%還元(200円につき1ポイント)、楽天カードによる楽天ペイ利用分へのチャージで1.0%還元(100円につき1ポイント)。

【楽天カード+楽天ペイのポイント還元率】

利用金額の1.5%(200円につき3ポイント)

楽天ペイのポイント制度を解説

楽天ペイで還元されたポイントの方が使い道は豊富

 楽天ペイを利用することで、還元されるポイントは「楽天ポイント」。楽天ポイントは、街での利用に限らず、「楽天市場」での買い物やデリバリーサービスでの支払い、マイルへの交換など、他のスマホ決済サービスに比べ、使い道は豊富。

 あるスマホ決済は、還元されたポイントがそのペイアプリの残高に付与され、ペイを利用することが使い道の中心になることも。ポイントの用途という点では、楽天ポイントに一日の長があるだろう。

PayPayの特徴

PayPayとは

 ソフトバンクグループでもあるPayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」で注目を集めた。

【PayPayができること】

  • ■スキャン支払い(店側のQRコードを読み取り決済)
  • ■コード支払い(アプリのQRやバーコードを見せて決済)
  • ■わりかん(個人間送金)
  • ■オンラインのYahoo! JAPANサービスでの支払い

【PayPayの支払い方法】

  • ■前払い
  • ■後払い

PayPayが使える店
PayPayの使い方

PayPay利用のポイント還元率は0.5~3%

 PayPayも利用ごとにポイントがもらえる。還元率は利用金額の0.5%もしくは3%。PayPayのポイントは還元されると、PayPayの残高に自動的に組み込まれるため、ポイントはPayPayで利用しなくてはならない。

【PayPay利用によるポイント還元率】

  • ■PayPay残高からの支払い:3%
  • ■Yahoo!マネーによる支払い:3%
  • ■ヤフーカードによる支払い:3%
  • ■その他クレジットカードでの支払い:0.5%
PayPay利用+ヤフーカードチャージでポイント還元は合計4%に

 PayPayはヤフーカードとの組み合わせでポイント還元は4%になる。PayPayへのヤフーカードからのチャージで1%、PayPay残高の支払いで3%の還元を受けられる。

 しかしPayPayのポイントはPayPay残高へ組み込まれるが、ヤフーカードのチャージによる1%還元はTポイントである。1%はヤフーカードを決済することで得られるクレカ利用の還元なので、ヤフーカードをよく利用する人にとっては嬉しい特典だろう。

PayPayでチャージする方法

メルペイの特徴

メルペイとは?

 フリマアプリ「メルカリ」に搭載される決済サービス「メルペイ」は、メルカリの売上金も活用できることが特徴。

【メルペイの決済方法】

  • ■コード払い(QRやバーコードによる決済)
  • ■メルペイ電子マネーカードで決済(iDによる決済)
  • ■ネット決済(メルカリ以外のWEBサービスの支払い)

【メルペイの支払い方法】

  • ■前払い
  • ■後払い

メルペイの使い方

メルペイは「iD」対応なので、QR・バーコード以外でも決済可
この「iD」マークがある店舗でメルペイが利用可能

この「iD」マークがある店舗でメルペイが利用可能

 メルペイは「iD」にタッチすることで支払いも可能。QRやバーコード決済に未対応の店舗でも、「iD」対応店舗なら、メルペイは利用できる。Androidの「おサイフケータイ」や、iPhoneの「Apple Pay」で利用が可能。

メルペイが使える店

メルペイのポイント還元率

 メルペイのポイント還元は、キャンペーンを活用することで特典を受けられる。

 メルペイのトップ画面に「キャンペーン」を掲載しているコーナーがあるので、ポイント還元を行っているキャンペーンはないか、時折チェックするといい。

メルペイのキャンペーンについて

FamiPay(ファミペイ)の特徴

FamiPay(ファミペイ)とは

 ファミリーマート専用のスマホ決済「ファミペイ」はシンプルな機能が特徴。

【ファミペイができること】

  • ■バーコード決済
  • ■オンライン決済

【ファミペイの支払い方法】

  • ■前払い
  • ■後払い

ファミペイの使い方

ファミペイのポイント還元率は0.5%

 ファミペイのポイント還元は、利用額に対して0.5%(税込み200円につき、1ポイント)。ファミリーマートのFamiポートや収納代行などのサービスでは、1件あたり10ポイント(一部対象外もあり)。

ファミペイのポイント還元について

ファミペイのポイントとは別にTポイントもゲット

 ファミペイを利用する際に、Tポイントカードを提示すれば、Tポイントももらえる。ファミペイのポイントとTポイントを二重取りすることができるのだ。

ファミペイで公共料金の支払いは一部可能

 ファミペイで支払い可能な商品は、ファミリーマート店舗内の基本的な商品となるが、電気ガスといった公共料金の支払いも一部可能。

ファミペイで支払い可能な公共料金一覧

スマホ決済アプリの各キャンペーン2019年12月

 各スマホ決済アプリで実施されているキャンペーンを紹介する(情報は2019年12月2日更新)。キャンペーン適用の条件はアプリやHPで必ず確認を。

LINE Pay(ラインペイ)で実施中のキャンペーン

「LINE スターバックス カード」のチャージ100円分のクーポンプレゼント

【期限】2019年10月21日まで

 期間中に「LINE スターバックス カード」を新規発行すると、「LINE スターバックス カード」100円分のチャージクーポンをプレゼント。このクーポンを利用すれば、LINE Payから1000円以上入金する際に、100円分チャージ料金が少なくてすむ。先着30万名まで。

楽天ペイで実施中のキャンペーン

楽天ペイアプリを紹介すれば、紹介元・紹介先に100ポイントプレゼント

【期間】終了時期未定

 楽天ペイアプリを紹介することで、楽天ペイアプリを紹介した人も紹介先の人も100ポイントプレゼント。紹介者は50人まで可能で、紹介するたびに100ポイントがもらえる。

 アプリを紹介した先の人が、クレジットカードを登録した時点で「紹介された」と判断される。エントリーは不要で、紹介は楽天ペイアプリから行う必要がある。

 詳細はこちらまで。

楽天ペイアプリをワタミグループで使用すると、抽選で10000ポイントプレゼント

【期間】2019年12月28日まで

 キャンペーン期間中にワタミグループで1件あたり5000円(税込)以上を楽天ペイアプリで支払えば、抽選で合計200名に10000ポイントプレゼント(月・火・水の利用者から150名、水・金・土・日の利用者から50名を抽選)。

 エントリーは必要で、本キャンペーンはひとりにつき1回応募できる。

 詳細はこちらまで。

楽天ペイのポイント還元が最大5%

【期間】2019年10月1日~12月2日まで

 楽天ペイによる支払いが期間中は全店舗で5%のポイント還元。キャッシュレス・消費者還元事業の「対象外」の店舗では、キャンペーンにより5%還元がされ、キャッシュレス・消費者還元事業の「対象」の中小・小規模事業者経営フランチャイズチェーン(本部の直営店舗以外)では2%が「消費者還元事業施策」の一環で還元され、キャンペーンにより3%の還元が追加され、合計5%還元となる。

 還元されるポイントは期間中3000ポイントまでで、付与ポイントは期間限定ポイントで、エントリー必須のキャンペーン。

 詳細はこちらまで。

楽天ペイアプリ初利用月に1000ポイント還元

【期間】終了時期未定

 楽天ペイアプリを始めて利用する月の合計利用金額が5400円(税込)以上なら、1000ポイントが還元される。

 キャンペーンページからのエントリーが必須で、付与されるポイントは期間限定ポイント。

 詳細はこちらまで。

セブンイレブンで711円以上の支払いで最大10000ポイントプレゼント

【期限】2019年11月1日

 セブンイレブンで楽天ペイアプリにより、1回あたり711円以上(税込)の支払いを行うと、抽選で711名に10000ポイントがあたるキャンペーン。エントリーは必須。

 抽選の当否に関わらず、条件を達成すると、もれなく150ポイントはプレゼントされる。

PayPayで実施中のキャンペーン

PayPay利用で20回に1回の確立で最大1000円を還元

【期間】2020年1月31日まで

 対象店舗にてPayPay残高からの支払い、もしくはPayPayに登録したヤフーカードで支払い、を行うと、20回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが還元されるキャンペーン。

 還元の上限は月間5000円相当で、対象店舗にはポスターが貼ってあるので、そちらをチェック。対象店舗やキャンペーン内容の詳細はこちらまで。

PayPay利用でポイントが最大10%還元

【期間】2019年10月1日~11月30日まで


PayPay利用でポイントが最大10%還元

 PayPay残高からの支払い、もしくはPayPayに登録したヤフーカードで支払い、を行うと消費者還元補助による5%還元とPayPay利用によるポイント還元が5%になる。

【特典内訳】

  • ■消費者還元補助:5%還元
  • ■PayPay残高からの支払い or PayPayに登録したヤフーカードで支払い:5%

 どちらも上限があり、消費者還元補助とPayPay共に月額25000円相当まで。ただし、PayPayに限っては、1回あたりの還元は1000円相当までが上限となる。

 還元されるポイントは期間限定ポイント。詳細はこちらまで。

虎ノ門、西新橋のPayPay利用でポイントが最大20%還元

【期間】2019年11月1日~11月30日まで


虎ノ門、西新橋でpaypayを利用れば最大20%還元

 虎ノ門、西新橋の対象店舗にて、PayPay残高からの支払い、もしくはPayPayに登録したヤフーカードで支払いを行うと最大20%のポイント還元を受けられる。

 1回あたり最大1000ポイントの還元で、月間10000ポイントが上限。還元されるポイントは期間限定ポイント。対象店舗はこちら、キャンペーンの詳細はこちらまで。

PayPay支払いでDiDiのタクシーを半額で利用できる

【期限】2019年10月31日

 DiDiアプリの利用料金がPayPay残高の支払により、半額になるキャンペーン。1回あたりの割引上限は2000円までで、利用は1日に1回まで。

PayPayでユニクロのヒートテックを買うと、もう1枚無料

【期間】2019年10月4日~22日

 ユニクロ店舗にて、ヒートテックインナー2枚(税別990円)をレジに持参し、専用クーポン利用で、1枚分が無料になるキャンペーン(キッズの商品は税別790円のヒートテックインナー2枚)。

新規アカウント登録から1週間以内に銀行口座登録で、1000円分キャッシュバック

【期限】終了時期未定


PayPay新規アカウント登録から1週間以内に銀行口座登録で、1000円分キャッシュバック

 PayPayの新規アカウント登録から、1週間以内に銀行口座を登録すると、1000円分のポイントがキャッシュバック。PayPayのポイントは残高に付与されるので、そのまま街で利用できる。

 キャッシュバックは銀行口座登録から2週間以内に行われる予定。

 銀行口座の登録方法は、こちらから。

メルペイで実施中のキャンペーン

カフェなどで利用できる割引クーポンを発行

【期限】終了時期未定


クーポンはメルペイトップの「キャンペーン」欄から「すべて見る」を押すと確認できる

クーポンはメルペイトップの「キャンペーン」欄から「すべて見る」を押すと確認できる

 カフェやマクドナルドなどのクーポンを適宜配布しているので、頻繁にチェックするといい。

マツモトキヨシでポイントが20%還元

【期限】2019年9月30日まで


マツモトキヨシでメルペイ支払いすると、ポイントが20%還元

 マツモトキヨシにてメルペイによる支払いを行うと、20%のポイント還元を受けられる。付与上限は300ポイントまでで、一部ポイント還元対象外の店舗もある。

 ポイント特典を受けるためには、メルペイのキャンペーン欄から支払いを行う必要があるので、事前にページをチェックしておきたい。

FamiPay(ファミペイ)で実施中のキャンペーン

ファミペイにdポイントカード登録で全員に100ポイントプレゼント

【期限】2019年12月25日まで


 ファミペイアプリをダウンロードして、dポイントカードをアプリに登録すると、全員に100ポイントが進呈される。エントリーは必須で、すでにdポイントカードを登録している人もエントリーが期間中にエントリーが済んでいれば、ポイントはもらえる。

 詳細はこちら

dポイントカードと連携したファミペイ支払いで20%ポイント還元

【期限】2019年12月25日まで


 dポイントカードの連携が済んでいるファミペイでファミリーマートで支払いを行うと、会計金額の20%相当のdポイントを還元(決済金額は200円以上に限る)。

 エントリーは必須で、期間中にエントリーをすれば、それ以前の期間内の会計も還元対象に含まれる。一部還元対象外の商品もあるので、詳細はこちらからチェック。

ファミペイ限定割引とポイント還元

【期限】終了時期未定

キャンペーンページにて、対象商品を確認できる

キャンペーンページにて、対象商品を確認できる

 ファミリーマートでの支払いをファミペイで行うと、一部対象商品が割引され、特別のポイント還元特典を受けられる。対象店舗や対象の商品は、キャンペーンページから確認を。

初回会員登録で、ブレンドSもしくはアイスコーヒーSをプレゼント

【期限】終了時期未定


 ファミペイアプリをダウンロードして、会員登録すると、ブレンドSもしくはアイスコーヒーSの無料クーポンをプレゼント。詳細はこちら

「クラフトボス デカフェ・ラテ」の無料クーポンがもらえるスタンプラリー

【期限】2019年10月28日まで


「クラフトボス」関連の商品を買うと、スタンプがもらえ、一定数貯まると「クラフトボス デカフェ・ラテ」の無料クーポンがもらえる。購入の際に、ファミペイアプリを提示すると、スタンプが貯まる仕組み。

スマホ決済のデメリット

 スマホ決済にもいくつかデメリットはある。例えば下記3点。

【スマホ決済のデメリット】

  • ■スマホの電池&電波を必要とする
  • ■セキュリティ
  • ■自分の生活に合うサービス選びの手間

 スマホのアプリを伝播があるところで立ち上げる必要があるため、スマホアプリを立ち上げられるスマホの電池余力と、電波が入る通信環境が要る。

 また、セキュリティに不安を感じる人もいるだろう。アプリの脆弱性を突かれた結果、アプリに紐づくクレジットカードなどの情報が抜き取られ、不正に利用された事例もあるが、その点は各スマホ決済サービスの補償やセキュリティ体制のアップデートを見ながら最終的な決めるといい。


SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。