マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラッキングトレード
ペイ系スマホ決済を比較 アプリの特徴やおススメの選び方を紹介> LINE Pay(ラインペイ)の使い方や特徴を決済ビギナー向けに解説

LINE Pay(ラインペイ)の使い方や特徴を決済ビギナー向けに解説

2019年8月7日 7:00

 多くのユーザーを抱える「LINE」のスマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」。LINEのアプリ内で気軽に使える点やポイント還元などのサービスも充実しており、利用者を伸ばし続けている。ここではサービスの概要や使い方、利用店舗まで詳しく紹介する。

  1. 1.LINE Pay(ラインペイ)とは?
    1. LINE Payの支払い種類は前払いのみ
    2. LINE Pay カード(プリペイド決済)
    3. コード決済(QR・バーコード決済)
    4. オンライン決済(ネットショップの支払い)
    5. 送金・割り勘
  2. 2.LINE Pay(ラインペイ)の使い方
    1. LINE Pay カードの使い方
    2. LINE Payのコード決済(QR・バーコード決済)のやり方
    3. LINE Payによるオンライン決済の方法
    4. LINE Payで送金を行う方法
    5. LINE Payで割り勘を行う方法
    6. LINE Pay 本人確認とは? やり方も紹介
  3. 3.LINE Pay(ラインペイ)へチャージする方法
    1. LINE Payをコンビニでチャージする方法まとめ
    2. 銀行口座によるチャージ(オートチャージもしくは手動でチャージ)
    3. QRコード・バーコードでのレジチャージ
  4. 4.LINE Pay(ラインペイ)カードとは? 特徴や使い方を紹介
    1. LINE Payカードの基本情報
    2. LINE Payカードの作り方
    3. LINE Payカードのデザイン
    4. LINE Payカードは海外利用もでき、外貨両替まで可
    5. LINE PayカードはApple Payに登録できる?
  5. 5.LINE Pay(ラインペイ)の利用で還元されるポイント
    1. LINE Pay経由でもらえるポイントは「LINE Payボーナス」
    2. LINE Payのポイント還元率は0.5~2%
    3. 「マイカラー」のグレードをUPさせる方法
    4. 貯めたLINE Payボーナスの使い道
    5. LINE Payボーナスの付与・還元日
  6. 6.LINE Pay(ラインペイ)を使用できるコンビニや店舗の一覧
    1. LINE Payのコード決済(QR・バーコード決済)ができる店
    2. LINE Payのオンライン決済ができる店
    3. LINE Payカードの利用ができる店
    4. LINE Payの請求書支払いができるサービス
  7. 7.LINE Pay(ラインペイ)のQ&A
    1. LINE Payの手数料
    2. LINE Payの利用上限

LINE Pay(ラインペイ)とは?

LINE Pay(ラインペイ)とは

 LINE Payは決済・送金ができるサービス。LINE Payにチャージしたお金をもとに、下記4つのサービスをWEBや実店舗で利用できる。

【LINE Payができること】

  • ■LINE Pay カード(プリペイド決済)
  • ■コード決済(QR・バーコード決済)
  • ■オンライン決済(ネットショップ等の支払い)
  • ■送金・割り勘

LINE Payの支払い種類は前払いのみ

 LINE Payは、事前にチャージして支払いを行う前払い方式で、クレジットカードのように後払いで決済することはできない。

LINE Pay カード(プリペイド決済)

 チャージ式のプリペイドカードで決済する方法。利用できる場所はJCB加盟店。クレジットカードではないが、クレジットカード同様に、利用するごとに「ポイント(LINE Payボーナス)」が貯まる。

 LINE Payの概要や作り方については、記事内の「LINE Pay(ラインペイ)カードとは?」、ポイントに関しては記事内の「LINE Payの利用で還元されるポイント」を参考に。

コード決済(QR・バーコード決済)

 LINE Payのコード決済は「スマホにQR・バーコード画面を表示させ、お店側でそれを読み取ってもらう」もしくは「お店側のQRコードを自分のスマホで読み取る」ことで行う。

 利用できる場所はLINE Pay加盟店(「LINE Payを使用できるコンビニや店舗の一覧」で紹介)。

オンライン決済(ネットショップの支払い)

 ZOZOTOWNなどのネットショップでの支払いや「LINEモバイル」などの料金支払いで利用できる決済方法。

送金・割り勘

 LINEの「友だち」同士でLINE Payの残高から送金することや割り勘を行うことが可能。送金はLINE Payの残高から行え、割り勘は飲食店などの支払い額を「友だち」アカウントに割り振ることができる機能。

LINE Pay(ラインペイ)の使い方

LINE Pay(ラインペイ)の使い方_top

「LINE Pay」は、LINEアプリの右下の「ウォレット」⇒「LINE Pay」の枠をタップして利用できる

 LINE Payについて、それぞれの使い方を紹介する。LINE Payへの登録は、LINEアプリの右下の「ウォレット」から、同画面内の上部のLINE Payの枠をタップして利用を始めることができる。

LINE Pay カードの使い方

LINE Pay カードの使い方

左が「プラスチック」版で、右が「バーチャルカード」(申込み画面より)

 プリペイドの「LINE Pay カード」は、プラスチック版ならコンビニやスーパーなどの実店舗でも使用可能できるので、支払いの際に「LINE Pay カード」を渡すだけ。LINEアプリ内にあるバーチャルカードは、JCB加盟のオンラインショップで支払先に指定して使用する。

「LINE Pay カード」の特徴や作り方に関しては、本記事内の「LINE Pay(ラインペイ)カードとは?」の項目を参考に。

LINE Payのコード決済(QR・バーコード決済)のやり方

LINE Payのコード決済(QR・バーコード決済)のやり方

誰がQRコードを読み取るかでメニューは変わる

 LINEアプリの「ウォレット」から「コード支払い」もしくは「コードリーダー」を使うことで、QR・バーコード決済ができる。

【LINE PayのQR・バーコード決済の種類】

  • ■コード支払い⇒お店側でQRコードを読み取ってもらう場合
  • ■コードリーダー⇒お店側のQRコードを自分で読み取る場合

LINE Payによるオンライン決済の方法

 ZOZOTOWNやLINEチケットなどのLINE Pay対応のネットショップでは、「支払方法」に「LINE Pay」の項目があるので、その項目を選び決済を進める。LINE Pay対応のネットショップは、「LINE Payのオンライン決済ができる店」を参照。

 LINE Pay対応のネットショップ以外でもLINE Payを利用することは一部で可能で、その場合「LINE Pay カード」が必要となる。プリペイドカードである「LINE Pay カード」は、オンラインショップでもJCB加盟店での利用ができる。

LINE Payで送金を行う方法

LINE Payで送金を行う方法

 LINEアプリの「ウォレット」内にある「送金」から、「友だち」への送金が可能。送金する「友だち」を選んで、あとは金額を決めるだけ。LINE Payのアカウントを持っていない「友だち」でも、送金されてから7日以内にLINE Payアカウントを取得すれば、残高に送金額が加わる。

※LINE Payで送金を行うには「本人確認」が必要

LINE Payで割り勘を行う方法

 LINE Payの割り勘は、幹事がLINE Payを活用して支払うことで、のちに「友だち」に対して「○○円の支払い」をお願いできる機能。LINE Payを利用して「友だち」から割り勘額を徴収することもできれば、現金でも可能。よく使うLINEにやりとりを残せるので、管理がラクになるメリットがある。

(1)「LINE」の「ウォレット」からLINE Pay画面へ

LINE Payで割り勘を行う方法_「LINE」の「ウォレット」からLINE Pay画面へ

 「LINE」の「ウォレット」から「LINE Pay残高」をタップしてLINE Pay画面へ

(2)「割り勘」をタップ

LINE Payで割り勘を行う方法_「割り勘」をタップ

 LINE Payのメニューの中から「割り勘」を選ぶ。

(3)幹事として割り勘のイベントを作成し、QRコードを発行

 「割り勘」のイベント名を決めると、QRコードが発行される。

(4)割り勘に参加する「友だち」はそのQRコードを読み取る

 

(5)店舗への支払いを行う

 割り勘をする店舗での支払を幹事のLINE Payで行う。支払方法は「コード支払い」「LINE Pay カード」「QUICPay+」の3種類。

(6)グループに参加した友だちからの送金を待つ

 LINE Payにより支払いを行うことも可能だが、幹事は現金で受け取ることも可能(その友だちの分を「支払い済み」と手動で処理する)。

LINE Pay 本人確認とは? やり方も紹介

 LINE Payの一部機能を利用する際に、「本人確認」が必要な場合がある。

【本人確認前と後のアカウント名】

  • ■本人確認前:LINE Cashアカウント
  • ■本人確認済み:LINE Moneyアカウント

 本人確認は「ウォレット」⇒「LINE Pay残高」をタップ(LINE Payメニューへ)⇒下の方の「本人確認」より行うことができる。

【本人確認の3つの方法】

  • ■スマホで身分証&写真のアップロードで確認
  • ■銀行口座による確認
  • ■身分証アップロードと郵送による確認

LINE Pay(ラインペイ)へチャージする方法

 LINE PayへのチャージはLINEメニュー下の「ウォレット」から「LINE Pay残高部分をタップ」して表示されるLINE Payメニュー内の「チャージ」にて可能。

【LINE Payにチャージする方法】

  • ■Famiポート、セブン銀行ATMでチャージ
  • ■銀行口座によるチャージ(オートチャージもしくは手動でチャージ)
  • ■LINE Payカードをレジに提示してチャージ
  • ■QRコード・バーコードでのレジチャージ
  • ■LINEポイントからチャージ

LINE Payをコンビニでチャージする方法まとめ

※コンビニのAmazonギフト券などと一緒によく陳列されている「LINEプリペイドカード」を購入しても、LINE Payにはチャージできないので注意。

【LINE Payにコンビニでチャージする方法】

ファミリーマートの「Famiポート」でチャージ

 スマホでLINE Payの「チャージ」から「Famiポート」を選択し、チャージ額を決め「受付番号と予約番号」を発行する。1000円以上(1000円単位)でチャージ可能で、1回あたりのチャージ上限は29万9000円。

 LINEアプリに届いた「受付番号、予約番号」をもとに、ファミリーマート店頭にある「Famiポート」から受付すると、「申込み券」が出力されるので、それをレジに提示して支払いを行う。

セブン・イレブンの「セブン銀行ATM」でチャージ

 スマホもしくは「LINE Payカード」で可能。スマホの場合、LINE Payの「チャージ」から「セブン銀行ATM」にてQRコード読み取り画面を表示させ、セブン・イレブンのATMにて、「スマートフォン出金・入金」から画面に従いチャージする。

「LINE Payカード」はATMに挿入してチャージを進める。セブン銀行ATMでのチャージは、1000円以上からで1000円単位で、現金のみ。

ローソンのレジで「LINE Payカード」を提示してチャージ

 全国のローソン(ナチュラルローソンやローソンストア100も含む)で、現金によるチャージが可能(最低1000円からで、以降1円単位)。チャージ上限は49000円。

銀行口座によるチャージ(オートチャージもしくは手動でチャージ)

 銀行口座からのチャージは、「オートチャージ」もしくは「手動によるチャージ」が可能。

「オートチャージ」とは、「LINE Pay残高が○○円以下になった場合、▲▲円自動で銀行口座からチャージする」という設定のこと。○○円以下の残高、▲▲円をチャージする金額、は共に1000円単位で決められる。

QRコード・バーコードでのレジチャージ

 QRコード・バーコードを提示して、チャージする方法は、「AINZ&TULPE」「LIPS and HIPS」「アインズ」の店頭で可能。チャージは現金のみで、最低1円から1円単位で可能。上限は49000円。

LINE Pay(ラインペイ)カードとは? 特徴や使い方を紹介

 LINE Payカードは、審査不要・年齢制限なしのプリペイドカード。クレジットカードではないので、誰でも作ることが可能。

LINE Payカードの基本情報

  • ■クレジットカードではなくプリペイドカード
  • ■アカウント保有者なら誰でも作成可能
  • ■登録費・年会費無料
  • ■国内外3000万超のJCB加盟店で利用可
  • ■オンラインでも実店舗でも利用できる
  • ■ポイント(LINE Payボーナス)がもらえることも

LINE Payカードの作り方

 LINE PayカードはLINEのアプリ内で簡単に登録・発行することができる。下記タブを開くと画像付きで作り方を紹介。

(1)「LINE」の「ウォレット」で「LINE Pay残高」の部分をタップ

LINE Payカードの作り方_「LINE」の「ウォレット」で「LINE Pay残高」の部分をタップ

 「LINE」の下部メニューから「ウォレット」を開き、上部の「LINE Pay」残高の部分をタップ

(2)「カード発行」の部分をタップ

LINE Payカードの作り方_「カード発行」の部分をタップ

 「カード発行」と書いてある部分をタップ。のちに、オンライン専用のバーチャルカードか、プラスチックのカードを作るか選べる。

(3)バーチャルorプラスチックのカードを選ぶ

LINE Payカードの作り方_バーチャルorプラスチックのカードを選ぶ

 オンライン専用のバーチャルカードかプラスチックのカードを作るかを選ぶ。両方とも作ることが可能。

(4)プラスチックカードは名前・住所等を入力して郵送が届くのを待つ。バーチャルカードは即時発行

LINE Payカードの作り方_プラスチックカードは名前・住所等を入力して郵送が届くのを待つ。バーチャルカードは即時発行

 プラスチックカードは名前・住所等の必要事項を入力すると、のちほど郵送でカードが届く。バーチャルカードは即時発行ですぐに使える(上記画像)。

LINE Payカードのデザイン

LINE Payカードのデザインは5種

選べるプラスチックのカードは5種(申込み画面より)

 LINE Payカードのプラスチックのデザインは5種(2019年8月1日時点)。バーチャルカードについては下記の1種類。

LINE Payカードのバーチャルカード

LINE Payカードは海外利用もでき、外貨両替まで可

 LINE Payカードは海外でもJCB加盟店で利用できる。また外貨両替も「LINE Pay」内のサービスとして用意されているため、旅行前に日本円からドルやユーロ、ポンド、ウォン、元などに交換したい場合に便利。外貨の受け取りは自宅もしくは空港で可能。

LINE PayカードはApple Payに登録できる?

 LINE PayカードはApple Payに登録することは現状できない。Google Payに登録して利用することはできる(QUICPay利用)。

LINE Pay(ラインペイ)の利用で還元されるポイント

 LINE Payを利用すると、クレジットカードのようにポイントが還元されることもある。もらえるポイントの種類や交換先を紹介する。

【LINE Payのポイント還元対象】

  • ■実店舗でのQR/バーコード支払い
  • ■LINE Pay カード支払い
  • ■Google Pay
  • ■オンラインショップでのLINE Pay支払い
  • ■LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い
  • ■LINE Pay請求書支払い(税金など一部の支払いを除く)
  • ■LINE Pay外貨両替
  • ■自販機での支払い

LINE Pay経由でもらえるポイントは「LINE Payボーナス」

 LINE Payを利用するごとにもらえるポイントは「LINE Payボーナス」。「LINE Payボーナス」は、通常の「LINEポイント」と同様に、支払いなどへ活用することはできるものの、出金はできない(通常のLINEポイントはLINE Pay残高に交換することで、出金も可能 )。

【LINE Payボーナスの特徴】

  • ■「コード支払い」「オンライン支払い」「請求書支払い」に利用可
  • ■有効期限は2年
  • ■友だちに送ることはできる

【LINE Payボーナスを使用できないサービスの一例】

  • ■LINE Pay カード⋅QUICPay+での支払い
  • ■LINEスマート投資(ワンコイン投資)
  • ■LINEほけん
  • ■Coke ON Pay対応自販機
  • ■LINE Pay外貨両替

LINE Payのポイント還元率は0.5~2%

 LINE Payの「LINE Payボーナス」還元率は0.5~2%で、自身の前月のLINE Pay利用額に応じた「マイカラー」で変動する。

【マイカラー:ポイント還元率(支払額)】

  • ■グリーン:還元率2%(月間10万円以上)
  • ■ブルー:還元率1%(月間5~10万円未満)
  • ■レッド:還元率0.8%(月間1~5万円未満)
  • ■ホワイト:還元率0.5%(月間1万円未満)

【マイカラー判定の対象となる使用例】

  • ■QR・バーコード支払い
  • ■LINE Payカードによる支払い
  • ■オンラインショップでのLINE Pay残高支払い
  • ■LINE Pay 請求書支払い
  • ■LINE ワンコイン投資
  • ■韓国ATM両替
  • ■送金
  • ■自販機での支払い

「マイカラー」のグレードをUPさせる方法

LINEの「ワンコイン投資」を活用する手もある

LINEの「ワンコイン投資」を活用する手もある

 LINE Payの「マイカラー」をグレードUPさせるためには月間の利用額を多くする必要がある。例えばコンビニでの支払いをコード決済にするなど、今までの生活費の支払いをLINE Pay経由にすることで、マイカラーのグレードはUPしやすくなる。LINE Payは「Pay Pal」という決済サービスとも連携できるため、Pay Palも活用することで、LINE Payに寄せる支払い料金を増やすこともできるだろう。

 また、「LINE ワンコイン投資」という積立サービスを活用する手もある。LINEのアプリ内から実施できる積立投資で、1回あたり500円の積立から始められる資産運用。特徴はユーザーの手間なしで、低リスク志向の投資ができる点。LINE ワンコイン投資についてはこちらの記事より。

貯めたLINE Payボーナスの使い道

 貯まったLINE Payボーナスは「LINEポイント」同様に様々な支払いに利用できる。コード支払いやオンライン支払い対応店舗はのちほど紹介。

【LINE Payボーナス使用例】

  • ■コード支払い(QR・バーコード決済)
  • ■オンライン支払い(ネットショップ等の支払い)
  • ■「友だち」へ送る

LINE Payボーナスの付与・還元日

 LINE Payをコンビニなどで使用した場合、翌日以降にボーナスが付与される。また、キャンペーンなどで付与される場合は、キャンペーン概要のページに還元日が記載されている場合があるので、注意事項をよく読むといい。

LINE Pay(ラインペイ)を使用できるコンビニや店舗の一覧

 LINE Payは使用方法がいくつかあり、それぞれ使用できる店舗も異なる。ここでは各サービスでの利用可能店舗を紹介する。

LINE Payのコード決済(QR・バーコード決済)ができる店

  • ■ローソン
  • ■セブン‐イレブン
  • ■ファミリーマート
  • ■上島珈琲店
  • ■スターバックス
  • ■サーティワンアイスクリーム
  • ■長崎ちゃんぽんリンガーハット
  • ■松屋
  • ■あきんどスシロー
  • ■オーケー(スーパー)
  • ■ヤマダ電機
  • ■ビックカメラ
  • ■イケアストア
  • ■東急ハンズ
  • ■スギ薬局グループ
  • ■トモズ
  • ■ウエルシアグループ
  • ■ハードオフ
  • ■カラオケの鉄人

LINE Payのオンライン決済ができる店

  • ■LINEチケット
  • ■LINE STORE
  • ■ラクマ
  • ■ZOZOTOWN
  • ■HMV ONLINE
  • ■Joshin webショップ
  • ■honto
  • ■まんが王国
  • ■出前館
  • ■ミュゼプラチナム
  • ■FLAG SHOP
  • ■ピザハット
  • ■GDO(ゴルフダイジェストオンライン)
  • ■サンプル百貨店

LINE Payカードの利用ができる店

 LINE PayカードはJCB加盟店で利用できるので、下記にはJCB加盟店の一部を紹介。

  • ■ローソン
  • ■セブン‐イレブン
  • ■ファミリーマート
  • ■イオン
  • ■伊勢丹
  • ■イトーヨーカドー
  • ■西武百貨店
  • ■西友
  • ■高島屋
  • ■東急百貨店
  • ■その他、映画館やレジャー施設など

LINE Payの請求書支払いができるサービス

 LINE Payの残高で、電気・ガスの公共料金、一部地域の税金、通販の請求書などを支払うことができる。LINE Payからバーコードを読み込むことで可能。

  • ■東京電力・関西電力・九州電力・東北電力
  • ■ZOZOTOWN
  • ■東京ガス
  • ■熊本市上下水道局
  • ■大阪市水道局
  • ■大阪市(市税の全項目)
  • ■神奈川県(自動車税など)
  • ■千葉県市川市(市税や保育料など)
  • ■福岡市(軽自動車税,個人市県民税)
  • ■岐阜市(市税や水道・下水料金など)
  • ■練馬区(特別区民税・都民税、軽自動車税など)
  • ■渋谷区(特別区民税・都民税、軽自動車税、国民健康保険料など)
  • ■堺市(国民健康保険料など)
  • ※税項目については、各地域のHPや担当課でも詳細を確認

LINE Pay(ラインペイ)のQ&A

LINE Payの手数料

 LINE Payへのチャージ、LINE Payでの決済や送金における手数料は無料。LINE Payの残高を銀行口座へ「出金」するときは、1件あたり216円の手数料が発生する。

LINE Payの利用上限

【本人確認済み(LINE Moneyアカウント)の場合】

  • ■残高限度額:100万円
  • ■1回あたりの利用上限:100万円
  • ■1か月あたりの利用上限:なし

【本人確認前(LINE Cashアカウント)の場合】

  • ■残高限度額:10万円
  • ■1回あたりの利用上限:10万円
  • ■1か月あたりの利用上限:10万円


SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。