マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
トラリピ
ペイ系スマホ決済を比較 アプリの特徴やおススメの選び方を紹介> 楽天ペイの特徴や使い方を詳しく解説 お得なポイント還元方法とは?

楽天ペイの特徴や使い方を詳しく解説 お得なポイント還元方法とは?

2019年8月7日 8:00

 楽天グループにおけるスマホ決済サービスは「楽天ペイ」。楽天カードや楽天ポイントとも相性の良い楽天ペイの使い方や特徴を本記事にて解説する。

楽天ペイとは?

楽天ペイとは?

 楽天ペイは決済・送金ができるサービス。街での利用や個人間での送金は、基本的には専用のスマホ・タブレットのアプリを通して利用する。

【楽天ペイができること】

  • ■コード・QR払い(QR・バーコード決済)
  • ■セルフ(対応店舗での決済)
  • ■オンライン決済
  • ■楽天ポイントカード(楽天ポイントを貯める・支払う)
  • ■個人間送金

楽天ペイにはクレジットカードの登録が必要

 楽天ペイはクレジットカードに紐づき、支払いを行うサービスのため、初期設定でクレジットカードの登録が必要となる。

 楽天グループでは「楽天カード」が発行されており、楽天ペイを活用するなら、楽天カードの方がポイントも貯まりやすく便利だろう。楽天カードと楽天ペイのセット利用に関する詳細は、「楽天ペイのポイント還元」の項目にて紹介する。

楽天ペイの「セルフ(旧:セルフペイ)」とは

 楽天ペイの「セルフ(旧:セルフペイ)」とは、街での支払いに際し、QRやバーコードを見せずとも、楽天ペイのアプリ内で、支払いを行えるサービス。使い方の詳細は「楽天ペイの「セルフ」の使い方」を参照。

楽天ペイの使い方

 楽天ペイの各使い方について解説する。基本的にはスマホアプリを通して使われるので、アプリをまだ持っていない人はダウンロードを。

iPhoneのアプリ
Andoroidのアプリ

楽天ペイ初期設定

 楽天ペイのアプリをダウンロードしてからサービスを使用する前にいくつか設定を行う必要がある。

(1)ダウンロードした「楽天ペイ」アプリを開く

楽天ペイの初期設定_ダウンロードした「楽天ペイ」アプリを開く

 「楽天ペイ」をダウンロードして、アプリを開き、いくつかの画面をスワイプして、「はじめる」を押す。

(2)規約等を確認

楽天ペイの初期設定_規約等を確認

 楽天ペイに関する規約等を確認し、進む。

(3)楽天IDでログイン

楽天ペイの初期設定_楽天IDでログイン

 自身の楽天IDでログインする。楽天IDを持っていない場合は、新規アカウントを作成する。

(4)電話番号認証を行う

楽天ペイの初期設定_電話番号認証を行う

 携帯電話の番号を入力すると、楽天から認証コードのメッセージが届くので、コードを入力して画面を進める。

(5)クレジットカードを登録する

楽天ペイの初期設定_クレジットカードを登録する

 楽天ペイの利用額の引き落としを行うクレジットカードを登録する。

楽天ペイの「コード」払いのやり方

 楽天ペイの「コード」払いは、「店員にQRやバーコードを読み込んでもらう」ことで、支払いを行う方法。

(1)「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

楽天ペイの「コード」払いのやり方_「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

 「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択しておく。楽天ポイントや楽天キャッシュを使用するかは、同画面の下部「設定」より「一部使用」「使わない」「すべて使用」を選べる。

(2)店員にバーコード・QRを読み込んでもらう

 アプリに表示されているバーコードやQRを店員に提示し、読み込んでもらう。

(3)支払い完了

 支払い完了画面では、獲得予定ポイントも表示される。

楽天ペイの「QR払い」のやり方

 楽天ペイの「QR払い」は、「店に掲示されているQRやバーコードを自分で読み込む」ことで、支払いを行う方法。

(1)「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

楽天ペイの「QR払い」のやり方_「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

 「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択しておく。

(2)「QR読み取り」をタップし、店のQRを読み取る

楽天ペイの「QR払い」のやり方_「QR読み取り」をタップし、店のQRを読み取る

 「QR読み取り」から店側に提示されているバーコードやQRを読み込む。

(3)支払い金額を入力して、支払い完了

 あとは支払い金額を入力して、進行すれば完了。最終確認画面で、楽天ポイントや楽天キャッシュを使用するかを選べる。

楽天ペイの「セルフ」の使い方

 街での支払いで、楽天ペイのアプリ内から決済できる「セルフ(旧:セルフペイ)」の使い方を紹介。

(1)「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

楽天ペイの「セルフ」の使い方_「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

 「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択しておく。

(2)「セルフ」を選択し、支払いをする店を一覧から選ぶ

楽天ペイの「セルフ」の使い方_「セルフ」を選択
楽天ペイの「セルフ」の使い方_支払いをする店を一覧から選ぶ

 「セルフ」を選択すると、現在の位置情報をもとに、「セルフ」支払いができる店の一覧が表示されるので、決済する店を選ぶ。

(3)支払い金額を入力し、完了

 支払い金額を入力し、進行すれば完了。楽天ポイントや楽天キャッシュを使用するかは、最終確認前で選択できる。

楽天ペイで個人間の「送金」を行う方法

 楽天ペイでは、楽天キャッシュという楽天グループ独自の電子マネーを「送金」することが可能。

(1)「楽天ペイ」アプリを開き、中央の「送る」を選択

楽天ペイ「送金」の方法_「楽天ペイ」アプリを開き、左上のコード・QR払いを選択

 「楽天ペイ」アプリを開き、「送る」をタップする。

(2)「楽天キャッシュを送る」もしくは「チャージ」を押す

楽天ペイ「送金」の方法_「楽天キャッシュを送る」もしくは「チャージ」を押す

 楽天キャッシュの残高がある場合は、「楽天キャッシュを送る」を選択し、残高が不足している際は「チャージ」を押し、送金分をチャージする。

(3)送金する相手を連絡先から選び、金額を入力

 送金の相手は、自身のスマホの連絡先から選ぶ(連絡先にない場合は、電話番号を入力すればOK)。金額を入力して送る。

(4)送金完了

 楽天ペイのアプリを持つ場合は、楽天ペイアプリにて完結できる。アプリがない相手でも、あとでWEB上にて楽天キャッシュを受け取ることができる。

楽天ペイのチャージ方法

 楽天ペイは後払い方式で、基本的にチャージの作業を必要としない。楽天ペイの利用金額はクレジットカードの引き落としにより支払われる。

【楽天ペイのチャージ】

楽天ペイは基本的にチャージの作業を必要としない。クレカによる後払い

「楽天ペイのチャージ」=「クレジットカードの利用」という構造なので、楽天ペイの利用に応じて還元されるポイントとは別にチャージ(クレカ利用)でもポイントをゲットできる。

 登録クレジットカードが楽天カードの場合、楽天ペイ利用分の引き落としは月末締め、翌月27日払い。

楽天ペイの利用上限

 楽天ペイの1回の利用上限は50万円だが、楽天IDの会員ランクや利用店舗で上限金額は異なる。たとえば、コンビニであれば、1回の最大利用額は4000円(ポイント利用含む)。

楽天ペイから楽天キャッシュへチャージ

 楽天ペイから「楽天キャッシュ」を個人間で送金する際、送る「楽天キャッシュ」の金額が足りない場合は、楽天ペイから楽天キャッシュをチャージできる(楽天ペイで個人間の「送金」を行う方法も参照)。

 例えば、飲み会費用の割り勘をする際に、現金が足りないときは、楽天キャッシュにチャージして、忘れずに幹事へ飲食費を支払うことも可能だ。

楽天ペイでSuicaの発行やチャージが可能に

 楽天ペイからSuicaの発行やチャージが可能になる。開始日は2020年の春を目標としており、対応端末はAndroidから。

楽天ペイの利用で還元されるポイント

 楽天ペイの利用金額に応じて、楽天スーパーポイント(通常のポイント)が還元される。

【楽天ペイのポイント還元率】

利用金額の0.5%(200円につき1ポイント)

楽天カードと楽天ペイのセットで、ポイント還元率1.5%以上

 楽天ペイに設定するクレジットカードを楽天カードにしていた場合、「楽天カードのポイント還元」と「楽天ペイのポイント還元」を組み合わせることができる(他のクレジットカードでもそのクレジットカードの還元率に応じて、チャージ分はポイント還元される)。

【楽天カード+楽天ペイのポイント還元率】

利用金額の1.5%(200円につき3ポイント)

 これは楽天ペイの利用で0.5%還元(200円につき1ポイント)を受けられ、楽天カードによる楽天ペイ利用分の支払い(≒チャージ)で1.0%還元(100円につき1ポイント)という内訳。

楽天カード

年会費 ポイント還元率 対応ブランド

永年無料

1%~

(利用額100円
⇒1ポイント還元)

JCB、Mastar Card、VISA

ETCカード 付帯保険 家族カード

あり

海外旅行傷害保険、盗難保険

あり

年会費 ポイント
還元率
対応
ブランド

永年無料

1%~

(利用額100円
⇒1ポイント還元)

JCB、Mastar Card、VISA

ETCカード 付帯保険 家族カード

あり

海外旅行傷害保険
盗難保険

あり

楽天カードの
詳細記事へ

楽天カードの
公式サイトへ

楽天カードは最大16倍のポイント還元特典も

 楽天カードは楽天市場での利用にあたり、最大16倍のポイント還元の特典を受けられる。このポイント還元は「楽天スーパーポイントアップ(楽天SPU)」と呼ばれており、特定の条件をクリアするごとに、楽天市場での楽天カードの利用のポイント還元率がそれぞれ0.5~2%UPする。条件は下記一覧。

【楽天SPUの条件一覧】

  • ■楽天市場アプリを利用して買い物:0.5%UP
  • ■楽天カードを使用して楽天市場で買い物:2%UP
  • ■楽天カードの引き落としを楽天銀行に設定:1%UP
  • ■楽天ブックスで月1回1注文1000円以上の買い物:0.5%UP
  • ■楽天koboで月1回1注文1000円以上の買い物:0.5%UP
  • ■楽天モバイル通話SIM利用:2%UP
  • ■楽天の保険を楽天カードで支払い:1%UP
  • ■楽天でんきの加入&利用:0.5%UP
  • ■楽天証券で月1回500円以上のポイント投資:1%UP
  • ■楽天TVのNBAもしくはパ・リーグSpecialに加入・契約更新:1%UP
  • ■楽天ブランドアベニューで月1回以上買い物:1%UP
  • ■楽天トラベルで対象期間の対象サービス利用:1%UP
  • ■楽天ビューティーで月1回1500円以上利用:1%UP

 楽天ペイでポイントをお得に貯めたいと考えるなら、楽天カードのポイント還元プログラムも活用を検討したい。

楽天ペイを使用できるコンビニや店舗の一覧

 楽天ペイの利用可能店舗を一部紹介する。

コンビニ(一例)

  • ■ローソン(100円ローソン、ナチュラルローソン含む)
  • ■セブン‐イレブン
  • ■ファミリーマート
  • ■セイコーマート
  • ■ミニストップ

グルメ(一例)

  • ■上島珈琲店
  • ■スシロー
  • ■ファーストキッチン
  • ■松屋
  • ■あきんどスシロー
  • ■松のや

居酒屋(一例)

  • ■さかなや道場
  • ■はなの舞
  • ■やきとり道場
  • ■魚民
  • ■やきとりさくら
  • ■軍鶏農場
  • ■豊丸水産
  • ■横濱魚萬
  • ■おいで屋
  • ■キタノイチバ
  • ■白木屋
  • ■千年の宴
  • ■月の宴
  • ■福福屋
  • ■豊後高田どり
  • ■目利きの銀次

家電量販店(一例)

  • ■ビックカメラ
  • ■エディオン
  • ■100満ボルト
  • ■ケーズデンキ
  • ■ジョーシン
  • ■ソフマップ

百貨店・モール(一例)

  • ■アクアシティお台場
  • ■キャナルシティ博多
  • ■木の葉モール橋本
  • ■パークプレイス大分
  • ■マリノアシティー博多
  • ■リバーウォーク北九州
  • ■博多リバレインモール
  • ■阪急百貨店
  • ■阪神百貨店
  • ■阪急メンズ館
  • ■福岡空港ビルディング

その他(一例)

  • ■AOKI
  • ■Zoff
  • ■メガネスーパー
  • ■東京靴流通センター
  • ■ライトオン
  • ■アート引越センター
  • ■アリさんマークの引越社
  • ■島村楽器
  • ■東急ハンズ
  • ■ジュンク堂書店
  • ■丸善

楽天ペイのQ&A

楽天ペイ利用によるポイント付与までの日数は?

 楽天ペイ利用によるポイント還元(200円につき1ポイント)は、利用後2~3日程度で付与される。楽天ペイの利用額を楽天カードによって支払い、その支払いにおけるポイント(通常は利用額の1%還元)は、翌月15日前後に付与される。

楽天ペイに登録できるクレジットカードは?

 楽天ペイに登録できるクレジットカードは、「楽天カード(VISA/MasterCard/JCB)」のシリーズ、他カードでは「VISA」もしくは「MasterCard」の2ブランド。また、「日本国内発行のカード」で「本人名義のカード」「有効期限内のカード」の必要もある。

楽天キャッシュのチャージ上限とチャージ単位

【楽天キャッシュの上限とチャージ単位】

  • ■1か月のチャージ上限: 10万円
  • ■1回のチャージ上限:10万円
  • ■最低チャージ金額: 1000円以上(以降は1円単位でチャージOK)

楽天キャッシュのチャージは、楽天ポイントでも可能?

 楽天キャッシュへのチャージに対し、楽天ポイントを使用することはできない。


SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。