マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ETF

海外ETFを真の資産運用ツールにするために 『トライオートETF』新登場!
  • PR
  • 2016年6月14日 19:30

     魅力的な金融商品が新しく発売された。インヴァスト証券の『トライオートETF』だ。国内で定着していなかった海外ETFの欠点を、ほぼ解消するとともに、世界でも類例がない先進的な内容となっている。個人投資家の資産運用に革命をもたらす可能性がある。

     アップルやグーグル、マイクロソフトなど、世界には日本企業をはるかに凌ぐ高い成長力を誇る企業が、数えきれないほど存在する。また国単位でみても、GDP成長率が前年比で1%未満の日本に対し、新興国の多くは5%以上の成長を誇る。資産運用を考えるなら、日本国内にこだわらず海外にも目を向けるべきだ。

     海外銘柄に投資するとなると、銘柄分析や取引する上でのプロセスが高いハードルとなる。そこで、さまざまな株価指数に連動する「ETF(上場投資信託)」を活用すれば、世界中の成長銘柄にまとめて投資ができる。特に、ETF市場は海外での伸長が著しく、種類も豊富だ。

     パフォーマンスの面でも、10年間で倍以上に価格上昇している銘柄もある。

     このように、魅力的な金融商品であるにもかかわらず、海外ETFは、国内ではあまり定着していない。おもな原因は、国内で海外ETFを購入しようとすると、①取引コストが高い、②為替リスクが大きい、③ある程度の投資金額が必要、といったデメリットが存在するからだ。

     しかし、この4月、こうしたデメリットを解消する新しい金融商品が登場した。インヴァスト証券の『トライオートETF』だ。まず、個人投資家の最大の関心事であるコストについて整理しよう。

    圧倒的な低コスト

     一般的なETFを取引する場合、取引時に証券会社に支払う売買手数料と、保有している間に運用会社に支払う信託報酬が必要となる。さらに海外ETFの場合、上場している市場の通貨で取引を行うため、日本円を現地通貨と両替するための手数料がかかる。

     証券会社によって、別途、両替手数料として徴収する会社と、取引手数料に含める会社があるが、いずれにしても両替が必要となるため、国内ETF以上に手数料は割高になる。

     一方、『トライオートETF』は、国内外の銘柄を問わず、マニュアル売買手数料や両替手数料が無料。一般に海外ETFの取引手数料は片道で最低5米ドル(約550円程度)以上かかってしまうが、『トライオートETF』ならこまめに投資をしたいという人にも向いている。

     ETFの「株式のようにタイムリーに取引ができる」というメリットを最大限に享受でき、「買ったらそのまま」というこれまでの海外ETFのイメージを覆すサービスといえる。
    money-post2016-06-50+

    ※必要なのは投資金額の1.25%+Libor金利のみ(日割り計算)。例えば200米ドルを1年間保有して1円程度。
    ※Libor金利とはロンドン市場での銀行間の資金取引における平均貸出金利

     

    元本に対する為替リスクを排除

     また海外ETFを始める際に無視できないのが、「為替リスク」だ。

     例えば海外ETFでは、まれに投資対象の値動きよりも為替レートの変動幅の方が大きくなることがある。

     そのため、せっかく投資したETFで利益を出しても、急激な円高に振れた場合、トータルでマイナスになってしまうことも起こり得るのだ。

     そうした投資家にとって好ましくない状況を回避するため、『トライオートETF』は、差金決済取引のしくみを利用して投資元本を日本円で保有することで、元本に対する為替リスクを排除(但し、損益の部分は為替変動の影響を受ける)。

     海外ETFの成長力をダイレクトに感じることができる、というわけだ。

    money-post2016-06-50-2+

    1万円以下でも購入できる銘柄が多数

     一般にETFは、5000~1万円以下で購入できる銘柄が数多くあるため、少ない資金でも始めやすいと言われている。しかし、一回の投資額が少ないほど取引手数料や両替手数料が割高になるため、手数料以上の利益を獲得するためには、結果的にまとまった資金が必要になるのだ。
    money-post2016-06-50-4

    『トライオートETF』なら、少ない資金でも複数のETFを購入することができるため、簡単に自分だけのポートフォリオを実現することが可能。投資経験者はもちろん、ビギナーでもトライしやすい仕様となっている。

    money-post2016-06-50-3

     また、ETFでは世界初となる「自動売買」の機能も搭載しているので、忙しくてなかなか投資を始められない人も注目したい。

    『トライオートETF』は、海外ETFのハードルをぐっと下げた。海外資産という選択肢が加わることにより、個人投資家の資産運用は大きく変わるかも知れない。

    スマホにも対応! いつでもどこでもチャンスを逃さない

    money-post2016-06-50-5
    money-post2016-06-50-6
    ※マネーポスト2016年夏号

    【リスク・費用などについての重要事項】
    本取引は、対象とする銘柄の価格変動や、金利等、外国為替の価格変動、原市場の状況および原資産の発行者による信用状況の悪化等により損失が生ずるおそれがあります。保有ポジションについては、金利・貸株料調整額や分配相当額の受払いが発生する場合があります。当社は、有効証拠金率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。原市場が定める上場廃止基準に該当して、上場廃止となる場合があります。
    ●売買手数料は、オートパイロット注文については発注代金の0.3%(税込)徴収します。マニュアル注文およびロスカット注文については無料です。●本取引は、各銘柄の売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、レバレッジなしの場合、1口あたり想定元本の円換算額の100%以上で、証拠金の最大1倍までお取引が可能です。お客様の申し出により、最大5倍(20%以上)までのお取引が可能となる場合があります。●本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。 お取引にあたっては、本取引の仕組み、内容およびリスクを十分にご理解いただいたうえで、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。
    【トライオートETFに関する重要事項】
    ・オートパイロット注文を手動で決済する場合の注文は成行注文のみ可能です。・相場状況やシステム回線等の状況により、注文がエラーとなり発注および約定しない可能性があります。注文がエラーとなった場合、再発注されません。オートパイロット注文にて建玉を保有している場合は、お客様自身で成行決済を行っていただく必要がございます。・オートパイロット注文は、建玉数量の一部を決済することはできません。・複数の注文を行う場合、利益が大きくなる可能性がある反面、損失が拡大する可能性がございます。・オートパイロット注文で設定された注文は、相場状況等によっては設定した価格と発注価格が大きく乖離する可能性があります。・オートパイロット注文で発注された注文の変更・取消には、制限がございます。オートパイロット注文の仕組みや操作方法については、必ず当社ホームページおよびトライオートFX操作マニュアルをご覧ください。
    トライオートETFの詳しいリスク・重要事項はホームページをご覧ください。
    【商号/登録番号】
    インヴァスト証券株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
    金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号
    【加入協会】
    一般社団法人 金融先物取引業協会  一般社団法人 日本投資顧問業協会 日本証券業協会
  • 2016年に100万円以上の実績も FXは自動で取引してくれる「フルオート」が理想か
  • 話題のロボアドバイザー 投資未経験者や初心者になぜオススメか?
  • 2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年新春号(2016年12月1日発売号)

    大特集は〈2017年の大本命株ベスト35〉。ここからが本番のトランプ相場。「株高新時代」で大化け期待の個別株を藤井英敏氏、戸松信博氏らがランキング形式で紹介。さらに橘玲氏、森永卓郎氏らレギュラー連載陣が独自の視点からトランプ大統領誕生の影響を読み解く。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。