マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXで生き残るための秘訣「過去のパニックは忘れない」

2017年3月7日 19:00

 為替相場が大きく動く原因は、基本的に過信や油断によると言えます。

 マーケット全体が脇を甘くしている時に、想定外のことが起きると、パニックになり、我先にマーケットから脱出しようとすることから、相場の急騰・急落が起こります。

 しかし、最近の急騰・急落のスケールは、昔のそれと比べると、かなり穏やかになりました。

 私がインターバンクディーラーだった頃は、信じられないかもしれませんが、一日で1000ポイント動く時もありました。

 ポンド/ドルをショートにしていたとき、1000ポイント急落して、ラッキーとばかりに利食ったら、そこからさらにもう1000ポイント落ちて、こうなるともう怖くて入れず、見ているだけだったこともあります。

 ソ連の最後の大統領であるゴルバチョフ氏が誘拐された時は、ドル/マルクが目の前でロケットのように1000ポイント飛んだこともありました。

 それに比べると、今は随分おとなしくなったものだと思います。

 しかし、2008年9月のリーマンショックの時は、たとえば、ニュージーランドドル/円は、3か月で30円も急落しています。喉元過ぎると熱さを忘れると言いますが、経験したパニックは、しっかりと覚えておくことが必要です。

 FXは想定外を想定してこそ、生き残っていけるのだと思います。

 日々の為替情報につきましては、ブログ「Banya Market Forecast」やメルマガをご覧ください。

 新著『~最強の為替ストラテジストだけが知っている~FX常勝の公式20』(スタンダーズ)』も好評発売中!

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。