マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

チラシのトリビア ルーツは現在の三越、コストは1枚3円

2017年8月22日 11:00 女性セブン

チラシのルーツは三越にあった!?
チラシのルーツは三越にあった!?

 わが家の財布を潤してくれる情報の宝庫であるスーパーのチラシ。そんなチラシのトリビアを紹介しよう。まずは、チラシのルーツから。大手スーパーのチラシが3年分、60万枚も保存されている会社、チラシレポートの代表取締役・澤田英さんが語る。

「江戸時代に現在の三越の前身・越後屋が配ったものが発祥といわれています。チラシという呼び名の由来は、大阪で紙を“ばらまく”から“散らす”に変化し、それがチラシになったというのが通説です。

 明治維新の前後に新聞が誕生するのですが、当時は売れませんでした。そこで、新聞の価値を高めるためにチラシを挟んだのが、折り込みチラシの始まりです」

「一般的に1枚B3 サイズのカラーで、おおよそ2.5~3円くらいです。他社さんもほぼ一緒のはずです」(サミット営業企画部・菊地道江さん)

 スーパーは、青果店か精肉店出身の店が多く、チラシに特色が出ているという。

「精肉店発のスーパーは、チラシのベース色が赤、青果店発は緑、そのほかは青といわれています。あくまで目安ですけど(笑い)」(澤田さん)

※女性セブン2017年8月24・31日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。