マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

日経平均1万5300円の「窓埋め」は2020年の東京オリンピック前後か

2017年11月19日 20:00

日経平均が大幅下落するのはいつになる?

 日経平均株価が高値圏で推移する中、下値の売りポジションをずっと持ったままで、含み損を抱えて苦しむ個人トレーダーも存在する。そうしたトレーダーにとって気になるのが、日経平均はいつ大幅下落するのか、という点だろう。カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、日経平均のチャート分析をもとに解説する。

 * * *
 日経平均株価は高値圏で推移し続けていますが、下値で売りポジションを持っている方は不安な日々を過ごされているかもしれません。

 例えばくりっく株の日経225証拠金取引で1万6000円の売りポジションを持っていれば、たった1ポジションでも約70万円の含み損です。日々含み損が増えていくことに恐怖を感じつつ、ロスカットすることもできずただ見守ることしかできない状況が続いているかもしれません。そうした方はどういうスタンスでいればよいのでしょうか。

 まず、相場の動きを見極める上でとても参考になるのが「窓」です。チャート上に「窓」が開いていれば、いつか必ずその窓は埋められます。私は20年間検証を続けましたが、埋められない窓はありませんでした。窓が埋められる日は、100%の確率で訪れます。

 ですから日経平均株価のチャート上に窓が開いていれば、いつか必ずその水準まで落ちてくる、と考えてよいと思います。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。