マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「介護休業給付」は最大93日間もらえる家族介護への手当

2017年12月25日 15:00

制度を活用すれば親の介護に専念できる

 40~50代に差し掛かる頃には、自分の体調だけでなく親の健康も気にかかる。ちょうど足腰が弱る年代にさしかかった家族を介護するため、仕事を一時休業しなくてはならないケースも出てくるが、そういう時には雇用保険から給付金が支給されるので、ぜひ忘れずに利用したい。

 それが、「介護休業給付」だ。要介護状態になった家族1人に対し、通算して最大93日間の「介護休業」が取得できる。仕事を休んでいる間、賃金の67%が支払われるので、月収40万円だった人が93日間休業すれば、約83万円が給付される。

 それとは別に、要介護状態になった家族1人対し1年に5日まで(対象家族が2人以上の場合は10日まで)単発で取得できる休暇制度が「介護休暇」だ。こちらの取得時の賃金については、法的な定めはなく、各企業の判断に委ねられているため、申し出る際は、給与支給の有無について企業に確認しておく必要があるだろう。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。