マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

シリコンウェハ価格の上昇で業績大幅改善、「SUMCO」の可能性

2018年3月8日 7:00

SUMCOの業績が大幅改善(同社HPより)

「第4次産業革命」の根幹を担う半導体用シリコンウェハの需給が逼迫している。今後も爆発的な需要増が期待されるなか、それが業績伸長の後押しとなりそうな企業も少なくない。グローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏が注目するのは、半導体用シリコンウェハの世界的メーカー「SUMCO」(東証1部・3436)だ。

 * * *
 2002年に旧住友金属工業と三菱マテリアルのシリコンウェハ事業を統合して誕生したSUMCOは、あらゆる電子機器に使われる半導体チップのもととなるシリコンウェハでは信越化学工業(東証1部・4063)に次ぐ世界第2位の規模を誇るメーカー。

 スマートフォンの高機能化やクラウド化によるデータセンターの増大、さらにはIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった「第4次産業革命」の進展など、押し寄せるIT化の波は年々高まっており、その根幹を担うシリコンウェハはフル生産でも追いつかないほど需給が逼迫しています。同社の試算では、特にスマホやデータセンター向けに使われる大口径の300mmウェハが2019年下期に世界中で月60万枚強が不足するとされています。またIoTではスマホのみならず、自動車、家電、医療機器、住宅などあらゆる分野に半導体が組み込まれ、そのもととなるシリコンウェハは爆発的な需要増が期待されます。

 振り返ると、2008年のリーマン・ショック後には需給のゆるみと半導体メーカーからの値下げ圧力でシリコンウェハの価格は大きく下落。同社も赤字転落を余儀なくされ、事業縮小に追い込まれました。しかし、昨今の需給逼迫によって長らく低迷していたウェハ価格が上昇し、同社の業績も大幅に改善しています。

 奇しくも世界同時株安となった2月6日に発表された2017年12月期決算では、売上高が前期比23.3%増の2606億円、営業利益は実に同3倍増の420億円、純利益は同4倍超も増えて270億円と、ものすごい追い風を受けています。ましてこの先を考えると、2000年代後半に起こった低価格競争は考えにくく、むしろ需給逼迫を背景としたウェハ価格の上昇によって同社の業績のさらなる拡大が続くと見た方がいいでしょう。

 当面は良好な環境が続くと見られることから、現在3000円前後で推移している株価も2007年につけた6700円台という高値を目指す可能性もあると見ています。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。