マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

膵臓がん早期発見の切り札「MRCP」の所要時間と費用

2018年3月31日 15:00

秋津医院院長の秋津壽男医師

 人間ドックはあくまで“基本的な検査”であり、がんの早期発見に対応しきれていない現実がある。そうした重病を“罹患する前”に見つけ出す医療検査が次々と登場している。では、どんな検査が本当に意味があるのか。それを知るのは医療現場の最前線にいる医師だ。

 膵臓がんは早期発見が難しく、かつ進行が速い。秋津医院院長の秋津壽男医師が受診しているのが「MRCP」(磁気共鳴胆管膵管造影)だ。MRCPは、MRIの原理を用いて胆管と膵管を映し出す。

「膵臓がんの約95%は、早期から主膵管の狭窄と拡張を伴っており、分泌液の詰まりなどが起こる。MRCPでは、従来のMRIでは撮影できなかったそれらの異変が確認でき、早期発見が可能になる」(秋津医師)

 特徴は負担の少なさで、所要時間は20分、費用は3万7800円(※メディカルスキャニング東京の場合)で済む。

「膵臓がんの早期発見には、『内視鏡的逆行性胆管膵管造影』(ERCP)も有効です。しかしこちらはCTでがんの有無を調べた後、さらに特殊な内視鏡でX線撮影をしなければならない。放射線被ばく量も大きく、造影剤による急性膵炎のリスクもある。

 MRCPは、それらのリスクがほとんどゼロに近いことも大きなメリットです。受診者のQOL(生活の質)にも配慮していることを私は評価しています」(同前)

※週刊ポスト2018年4月6日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。