マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

入院費用を考える場合に看護師の人数が重要な理由とは

2018年4月17日 7:00

大病院かどうかで入院費用も変わってくる(イメージ)

 医療費のなかでも出費が大きい入院費用を見直す際、見落としがちな大きなポイントは入院先の「看護師数」だ。

 日本の病院では患者ひとりに看護師が何人つくかで入院費用が変わる。たとえば患者7人に対して1人の看護師の病院は1日当たりの自己負担額(3割負担、以下同)が4773円だが、患者15人に対して看護師1人だと2880円になる。

 つまり、看護師の受け持つ患者数が少ない病院ほど入院費用は高くなる。だが受け持ち患者数が多いと看護師の目が行き届きにくくなりそうなので、患者としては不安になる。医療ジャーナリストの油井香代子氏が語る。

「受け持ち数が最も少ない7対1の施設は大学病院など大病院が多い。重病で厚いケアが必要な患者はこうした大病院が適していますが、軽症で緊急性のない入院ならば13対1や10対1でも支障は出ない。看護師数は少なくても看護助手を多く勤務させている病院もある。入院前に病院の受け入れ態勢を確かめましょう」

 入院時は医師にばかり気が向きがちだが、費用面を考えればナースの人数も重要なのだ。

※週刊ポスト2018年4月20日号

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。